遺言から遺産を取り戻したい。

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 遺産相続全般

母一人に二人の姉弟です。母親は父の残した家屋に一人で、姉夫婦は近くに、私は地方に住んでいます。母親が死に、遺言が出てきたのを姉から知らされたのですが、生前の約束と違い、土地建物は姉に、別荘を私にと言うものでした。
その価値差はほぼ1/10くらいです。他には1冊の預金通帳以外何もないと言うので不審に思い調べてみるとカブを生前に姉のものにする、と言う遺言を出してきました。
しかし実態は遺言の日付よりも前に母が投資信託にしていたものも持って行って、自分のものとして協議にも応じようとしません。
そこで質問ですが、生前贈与と言うことでカブあるいは投資信託の分を土地建物の額から差し引くことはできないでしょうか?また家屋に関しても建築費をかなり私が負担したのですが、これを取り返すことはできないでしょうか。

遺留分相殺は一応行いました。

特別受益と寄与分

(4.0) | 2012/09/10 10:53

コブラおじさん、はじめまして。
ABC税理士法人の税理士で平と申します。

お母様を亡くされたとのこと、ご愁傷様です。

さて、ご質問の件については、2つの論点に分かれてきます。

まず、お姉様がお母様から生前贈与されたという
カブあるいは投資信託についてです。
これは、特別受益(民法903条第1項)に当たる可能性があります。

お姉様が贈与を受けたカブあるいは投資信託が
「生計の資本として贈与を受けた」もの、
つまり、生活に必要な資金として贈与されたものであれば、
特別受益に該当し、
贈与されていた分を相続財産に加えて計算した相続分から、
この贈与されていた分を引いた金額のみしか相続できませんよ、
という規定があるんですね。

これが特別受益に該当するケースであれば、
残りの財産に対するお姉様の取り分は減ることになりますね。

また、家屋の建設費を負担されていたとのことですが、
これは寄与分(民法904条の2)に当たるかもしれません。

お母様の「財産の維持又は増加について特別の寄与」がある場合、
このケースは、建設費の負担ということになりますが、
相続財産に「相続人の協議によって定めた」
寄与分を引いて計算した相続分に、
寄与分を加えた金額が相続できますよ、
という規定になっているんですね。

また「協議が調わないとき、又は協議をすることができないとき」は、
家庭裁判所の審判を求めることができる規定
(民法904条の2第2項)になっています。

いずれにしても税理士が行うことが出来る業務範囲を超えており、
弁護士さんにご相談頂きたく存じます。
各地の法テラスにお問い合わせ頂ければ、
弁護士による無料相談等がございます。

よろしくお願い致します。

評価・お礼

コブラおじさん (2012/09/11 03:46)

平様。早速の回答ありがとうございます。おぼろげに希望が見えた気分です。いずれにしても法的な詰めが必要なんですね。分ったので、何とかしたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

死亡した父名義の家と土地について 2009/10/25 23:48 | 回答1件
遺産相続の時効 2008/04/26 09:46 | 回答1件
土地の贈与について 2010/02/24 15:15 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
遺産相続全般について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。