子どもの結婚資金は贈与になりますか?

テーマ
  1. 遺産相続
  2. 贈与税

結婚時に親がさまざまな費用を負担した場合の相続税についてのご質問です。

披露宴は両家のためにおこなうものなので贈与の対象にならないと聞いていますが、結納や新生活にひつようなものをもらった場合は贈与の対象になるのでしょうか?

「子どもの結婚資金は贈与になりますか?」の回答

2006/06/20 14:09

結納は判例上は次のように解釈されます。
「婚約の成立を確証し、あわせて、婚姻が成立した場合に当事者ないし当事者両家間の情誼を厚くする目的で授受される一種の贈与」(最高判昭和39.9.4)

おそらくご質問の趣旨は「贈与」よりも「贈与税」についてだと思いますので、関連するWebページを下記に示します。

贈与税の計算と税率(暦年課税)
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

基礎控除額が年間110万円までありますので、
結納の額や、生活用品の贈与額を勘案して、一般的な
相談事項として税務署等でご相談いただくと
よろしいかと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生前贈与と相続税について 2008/08/18 10:42 | 回答1件
贈与と税対策 2009/11/09 16:40 | 回答1件
特別受益分と寄与分について 2014/04/13 21:07 | 回答1件

専門家に質問する

相続に関する疑問・質問に、専門家が回答してくれます。
「相続について疑問があるけど、直接専門家に相談するほどではない。」
「直接専門家に相談する前に、まずは、無料で質問してみたい。」といった方、お気軽に質問をお寄せください。

(全角30文字以内)

(全角1000文字以内)

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
贈与税について分からなくなったら「相続 専門家プロファイル」へご相談ください。
最適な相続の専門家を無料でご紹介いたします。 相談内容を入力する

※専門家の紹介、また、専門家からの提案・見積りは、無料でお使いいただけます。実際にお仕事を発注する段階で金額などは専門家と個別にご相談ください。