「過食症」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「過食症」を含むコラム・事例

5件が該当しました

5件中 1~5件目

  • 1

歯が溶ける・・・・・

『歯の先端の色が、薄くなっているような気がします。クリーム色のエナメル質?がなくなり、白というよりも透明っぽくなっています。思い当たるふしがないのですが、原因は何だと考えられますか』 今日出たラジオに寄せられた質問だ。 おそらく酸蝕症だろう。 化学工場など酸を扱う職場や逆行性胃腸炎やつわり、過食症など病的な要因を除けば食べ物、飲み物が原因であることが多い。 PHが5.5以下の酸性の飲み物、食...(続きを読む

守屋 啓吾
守屋 啓吾
(歯科医師)
2012/03/16 09:38

光の過食症

先日ライティングフェア報告でもかきましたが 各照明器具メーカーさんの主力商品は 蛍光灯や白熱電球の器具をとびこえて 急速にLED照明へ。 そのスピードはレコードからCDへあっという間に移行した時のような勢いです。 昨日面出薫さんと佐藤卓さんによる「光」をテーマにしたセミナーが 開催されました。 その中で、 今話題になっている 「白熱電球はなくな...(続きを読む

氏家 香澄
氏家 香澄
(インテリアデザイナー)
2009/03/10 19:00

日本摂食障害学会

10月19日、20日に京都で行われた、第3回日本摂食障害学会に参加してきました。 全国で、摂食障害、すなわち拒食症や過食症を治療している施設、病院の先生、看護師、心理士などが一同に会し、発表やシンポジウムがありました。 もともと当院は半年以上の長期入院が可能でしたが、学会でも長期入院の効果も演題として出されていました。 大学病院のような包括医療を実施しているところは平均在院日数の制限も...(続きを読む

菅野 庸
菅野 庸
(医師(精神科))
2007/10/21 21:45

美しさと自分らしさ〜摂食障害(1)

前回は最後にストレスと食物の関係についてお話しました。イライラしたり落ち込んだりしている時に甘い物を食べると一時は気が休まりますが、人によっては食べ過ぎてしまい、食べてしまったという自責感と太りたくないという恐怖感から嘔吐したり下剤を用いたりすることがあります。いわゆる過食症です。これは逆に食べられなくなってしまう拒食症と交互に生じやすく、合わせて摂食障害と呼ばれ、若い女性に多く生じます。摂食障害...(続きを読む

茅野 分
茅野 分
(医師(精神科))

受診しない代りに〜甘いもの

甘いものは糖分や炭水化物を多量に含んでおり、摂取後、速やかに血糖値の上昇をもたらします。これが一時的に脳・神経を刺激して快感をもたらし、気分を良くしてくれるわけです。しかし長続きせず、ストレスが続いたり、食べ物へのこだわりが生じたりすると食べることを止められなくなってしまいます。いわゆる過食症のはじまりです。 過食症は拒食症と交互に起こることが多く、過食と拒食、時には嘔吐や緩下剤・利尿剤を乱用し...(続きを読む

茅野 分
茅野 分
(医師(精神科))

5件中 1~5 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索