「記憶力低下」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「記憶力低下」を含むコラム・事例

4件が該当しました

4件中 1~4件目

  • 1

心疾患、記憶力低下を招くトランス脂肪酸含有量、ロッテと森永製菓に注意

 前回、トランス脂肪酸の含有量について、製パンを取り上げました。 心疾患、記憶力低下を招くトランス脂肪酸含有量ランキング、山崎パン9選 製パン業界では、トランス脂肪酸の含有量開志が進んだ結果、ここ数年でトランス脂肪酸の含有量はかなり減少しています。 ところが、お菓子業界では製パン業界ほどトランス脂肪酸の情報開示は進んでいません。 また、企業によって情報開示の姿勢にも大きな違いがあります。この...(続きを読む

木村 和夫
木村 和夫
(鍼灸師)
2016/08/08 16:20

心疾患、記憶力低下を招くトランス脂肪酸含有量ランキング、山崎パン9選

トランス脂肪酸は、心血管疾患といわれる、心臓病や血管の病気のリスクを高める確実な証拠があるとされています(2003年食事、栄養および慢性疾患予防に関するWHO/AO合同専門家会合)。 その中でも、冠動脈性心疾患(狭心症や心筋梗塞)のリスクが高いそうです。 また、2013年11月にアメリカ心臓協会の学術大会発表では、1日1gのトランス脂肪酸を摂取すると、記憶力の低下が起こるという人間での実験結果...(続きを読む

木村 和夫
木村 和夫
(鍼灸師)
2016/08/04 18:13

砂糖は心も体も狂わせる

以前にも砂糖の害は書きましたが、色々な報告がされているページからの抜粋です。 精製された砂糖(白砂糖など)は、化学調味料や白米(白パン)と並んで『人殺しの三白』と言われるほど、人の体には良くありません。 
そのことがよく判る例が、イギリスのリチャード・マッカーネス博士のレポート「悪童マイケル」について述べられています。 マイケルは、箸にも棒にもかからない悪童だったそうです。
そこで、マッカー...(続きを読む

荒木 健治
荒木 健治
(心理カウンセラー)
2014/05/02 22:25

睡眠専門家の睡眠知識講座  睡眠不足になると?

◆ギネス記録では2007年の42歳のイギリス人男性が樹立した記録が、11日と2時間で最長です。11日眠らないというのもすごいですよね。 ちなみにそれまでのギネス記録は、アメリカの17歳の男子高校生の11日間でした。彼の場合、3~4日目からイライラしたり幻覚がみえたり、終了するころには妄想気分といった精神的な障害がでたことで知られています(ちなみに実験後、15時間近く眠り続け、正常に戻ったそ...(続きを読む

快眠コーディネイター 力田 正明
快眠コーディネイター 力田 正明
(心理カウンセラー)

4件中 1~4 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索