「社債発行」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「社債発行」を含むコラム・事例

14件が該当しました

14件中 1~14件目

  • 1

「世界の社債発行額、過去最高に!」

こんにちは! さて、世界の社債発行額が今年1月から9月に、 約2兆8500億ドル(約300兆円)となり、 前期比8%増で、過去最高を更新しました。   先進国を中心とした金融緩和の影響で、 低いコストで資金調達ができることから、 発行企業が増加した模様です。   地域別には、欧州が6%増加して7800億ドル、 日本は4割増の1400億ドル、 そして北米は前年より7%減少しまし...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

「社債金利も過去最低へ!」

こんにちは! さて、2015年度の国内企業が発行する 「社債の発行条件」をまとめたところ、 平均利率“0.5%”と過去最低を更新したとのことです。 逆に償還までの期間は、 平均11年8か月と過去最長になりました。   ちなみに、2014年度は、 社債発行時の利率は平均0.83%、 償還までの期間は7年4か月でした。 この一年間で、平均利率は約0.3%低下し、 期間は4年以上長...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

中小会計要領~各論その2

今日は前回に引き続き中小会計要領の各論の本文を抜き出して記載します。 今日は、6.棚卸資産から10.リース取引まで 6.棚卸資産 (1) 棚卸資産は、原則として、取得原価で計上する。 (2) 棚卸資産の評価基準は、原価法又は低価法による。 (3) 棚卸資産の評価方法は、個別法、先入先出法、総平均法、移動平均法、最終仕入原価法、売価還元法等による。 (...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)
2014/07/22 09:22

日経記事;『攻めの借金、事業拡大 有利子負債1割増、デフレ経営脱却』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 3月16日付の日経新聞に、『攻めの借金、事業拡大 有利子負債1割増、デフレ経営脱却』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『上場企業が、借入金や社債などの有利子負債を増やしている。3月期決算企業の有利子負債総額は昨年12月...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『資金,アジアで現地調達 三菱自,タイで借り入れ オリックスは社債 為替リスク回避』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 1月19日付の日経新聞に、『資金,アジアで現地調達 三菱自,タイで借り入れ オリックスは社債 為替リスク回避』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『日本企業が東南アジアで成長資金を調達する動きが広がってきた。三菱自動車...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

「個人向け社債、過去最高!」

こんにちは! 猛暑の中、たまに涼しくなったり、また突然豪雨が降ったりと、天候の“ボラティリティ(変動性)”は、相変わらず高まっています。 熱中症をはじめ、体調を崩しやすい日がまだまだ続きますが、気を引き締めて乗り越えていきましょう!   さて、企業による個人向け社債の発行が、このところ増加傾向になっています。証券会社とお取引がある人は、様々な銘柄の「お知らせ(勧誘)」がくるのではないでしょ...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

「中小会計指針」~その4~

今日も前回に引き続き、「中小会計指針」の本文の抜き出しです。 今日は「各論」の「固定資産」「繰延資産」「金銭債務」「引当金」「退職給付債務・退職給付引当金」「税金費用・税金債務」「税効果会計」の項目の本文の抜き出しを行います。   固定資産 ・固定資産の減価償却は、経営状況により任意に行うことなく、定率法、定額法その他の方法に従い、耐用年数にわたり毎期継続して規則的な償却を行う。 ...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

「長期金利 一時0.6%割れ」

こんにちは!   このところのNYダウの好調さと、日銀総裁候補の目途がたったこともあり、日本の株式市場も上昇が続いていますね。   日銀総裁候補の黒田氏の「何でもやる」といった言葉に触発され、更なる金融緩和が続くとの思惑から、長期国債が買われ、長期金利はついに0.6%をわれて、3月5日には0.585%にまで下がりました。 これは、2003年6月以来、9年8カ月ぶりの水準です。   1...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

「中小会期要領」~各論その9~

今回も「中小会計要領」の各論の解説の続きです。 今回は、「9.繰延資産」を取り上げます。   まずは、本文の抜き出しからです。   (1) 創立費、開業費、開発費、株式交付費、社債発行費及び新株予約権発行費は、費用処理するか、繰延資産として資産計上する。 (2)繰延資産は、その効果の及ぶ期間にわたって償却する。   繰延資産は、対価の支払いが完了し、これに対応するサービス...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

「中小会計要領」について

  今回も引き続き、「中小会計要領」の各論の本文を抜き出させていただきます。 なお、各論の本文の抜き出しは、今回までです。   8.固定資産 (1) 固定資産は、有形固定資産(建物、機械装置、土地等)、無形固定資産(ソフトウェア、借地権、特許権、のれん等)及び投資その他の資産に分類する。 (2) 固定資産は、原則として、取得原価で計上する。 (3) 有形固定資産は、定率法、...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

売上高金融費用比率とは、何ですか?(融資財務分析の基礎知識)

売上高金融費用比率とは、何ですか?(融資財務分析の基礎知識) 元銀行員で融資審査のプロ! 融資取引対策・資金調達コンサルタントの渕本です。 融資審査での財務分析では、様々な比率を算出しています。 このうち、売上高金融費用比率とは、何か?を解説します。 ☆ 売上高金融費用比率の計算式 金融費用 ÷ 売上高 × 100 金融費用 = 支払利息 + 割引料 *社債利息、社債発行差...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)

日経記事;『武田、スイス製薬大手を1兆円で買収』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月13日付の日経新聞に、『武田、スイス製薬大手を1兆円で買収 新興国市場に参入  世界10位に 』のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『武田薬品工業はスイスの製薬大手ナイコメッド(チューリヒ)を買収することで大筋合意した...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
2011/05/13 10:28

従業員平均6,800万円、社長平均3,541万円

ストレステスト(金融機関の健全性テスト)などの影響もあり、4-6月は金融機関の大型増資が集中。 一般企業も社債発行による資金調達を活発化した為、証券会社は多額の発行手数料を取得しました。 ゴールドマン・サックスは業績が回復し、従業員の年収を大幅に引き上げ予定。 今年度は年俸平均70万ドル(約6,800万円)を計画しており、前年から倍増する見通しです。 産労総合研...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
2009/07/03 09:00

マンション不況の深刻さと出口は

今夏、倒産が大型倒産が相次いでいます。 主にマンション分譲や建築業者ですが、 先日、東証1部のアーバンコーポレーションが事実上倒産しました。 社債発行が200億円あるので、一般投資家の方にも影響が出るでしょう。 マンション関連業種が上場企業でも数社倒産しています。 銀行からお金は出ない。マンションは売れない。毎月の固定費は出て行く。 これ...(続きを読む

須藤 利究
須藤 利究
(経営コンサルタント)
2008/08/18 12:05

14件中 1~14 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索