「刑事弁護」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家コラムランキングRSS

「刑事弁護」を含むコラム・事例

5件が該当しました

5件中 1~5件目

  • 1

弁護士が教える新社会人準備中のあなたも使える弁護士力!(1)

はじめに 4月から社会人となる皆さん、それぞれに厳しい就職戦線をくぐりぬけられた事と思います。 厳しい就職活動には忘れてしまいそうな視点ですが、就職はゴールではなくてスタート。就職してからの社会人人生のほうが就職活動自体よりも長いわけです。 これから皆さんは社会人としての責任を果たし、その見返りとして収入を得る毎日を送ります。楽しいこともありますが、楽しいことばかりではないのが社会人生活。あ...(続きを読む

白木 麗弥
白木 麗弥
(弁護士)

執行猶予率と起訴猶予率

平成20年度の検察統計年報によると 、全犯 罪における起訴率が31 .8%、起訴猶予率が6 0.2%、その他(嫌 疑不十分・嫌疑なし・ 罪とならず)が8%です 。次に、執行猶予率は 59.3%です。そこ で、検察庁に送検又は送致された被疑者の 0.318×0.59 3=0.188574 (18.86%)が実 刑になる計算です(逆に81.14%が実刑を受けない訳です)。ここで注意しなければならないの...(続きを読む

今林 浩一郎
今林 浩一郎
(行政書士)

和歌山毒カレー、最高裁判決 (1)

上告棄却判決  最高裁判所第3小法廷は4月21日、いわゆる和歌山毒カレー事件で起訴された被告人女性(47歳)に対し、無罪主張を退け、一審・二審の死刑判決を維持する上告棄却判決を言い渡しました。  その理由として判決は、 (1)事件に使用されたヒ素と被告人宅から検出されたヒ素との特徴が同じであること (2)被告人の毛髪に高濃度のヒ素が付着していたこと (3)事件当時...(続きを読む

羽柴 駿
羽柴 駿
(弁護士)
2009/05/25 09:57

第4章 裁判官はなぜ怒ったのか(20)

(第20回)  振り返ってみると、公判途中で裁判官が示した有罪に出来ないことに対する検察官への怒りは、私に改めて刑事裁判の現状に対する疑問を抱かせるものでした。もちろん多くの裁判官が公平な態度で裁判にのぞんでいることを認めるにやぶさかではありません。  しかし、このケースの裁判官のような態度が例外的なのかというと、私の経験では決してそうも言えないように思えます。これは99%以上という...(続きを読む

羽柴 駿
羽柴 駿
(弁護士)
2008/07/28 11:14

第3章 苦い後味 

ケース1 ある恐喝事件 第1回  前回までは、私が刑事弁護人としてそれなりに成果を上げることができた事件を紹介してきました。しかし、刑事事件の大多数は有罪判決で終わります。今回からは私が弁護人を担当したそんな事件の中でも、苦い後味が残ったものを紹介します。  まずはある恐喝事件を紹介したいと思います。この事件は私が国選弁護人として担当したものです。起訴状に目を通すと、被告人...(続きを読む

羽柴 駿
羽柴 駿
(弁護士)
2007/09/04 15:28

5件中 1~5 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索