「保険設計」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「保険設計」を含むコラム・事例

17件が該当しました

17件中 1~17件目

  • 1

住宅購入したとき

住宅購入したとき、必要保障額は家賃分少なくなるため、死亡保障を減らすことを検討しましょう。現金で購入すると、家賃がかからなくなるのはもちろんのこと、住宅ローンを組むと、「団体信用生命保険」(団信)への加入が義務付けられている場合が多いため、住宅ローン返済者が亡くなった時、保険金で住宅ローンが完済でき、残された家族は住宅ローンの返済をする必要がなくなるからです。ただし、夫婦どちらか一方でローンを組ん...(続きを読む

田中 香津奈
田中 香津奈
(ファイナンシャルプランナー)

「高額療養費制度」をご存知ですか?(保険を選ぶ前に知っておきたいこと)

平成27年より制度が若干変更(区分が細分化)されました『高額療養費制度』をご存知でしょうか?簡単に説明をしますと、月間の医療費(自己負担額)が高額になった場合に払い戻しが受けられる、という制度です。もしもの時の備えとして民間の医療保険に加入している方(加入を検討している方)は多いと思いますが、高額療養費制度の存在を知らない方も多いのではないでしょうか。保険に加入する際、本当に自分の考えに合った保障...(続きを読む

小川 正之
小川 正之
(ファイナンシャルプランナー)

保険の見直し

人生ハッピーコントロール 100歳までハッピーに暮らす「私が主役」の暮らし方・生き方 ファイナンシャルプランナーの智子です 今日は保険の見直しをしてきました。 我が家は子供たちが大学生になり、教育費のピークを迎えています。 子供たちが大学卒業までの間のリスクに備えるために 収入とのバランスを考え、保証内容を再検討していく作業はめんどくさいように思えて 「まぁいいか~このくらいの...(続きを読む

小山 智子
小山 智子
(宅地建物取引士)
2014/06/22 15:53

みずほ銀行が朝日生命と組んで、団体医療保険で離れ業

ファイナンシャルプランナーが天職! BYSプランニングの釜口です。       今回は、   「みずほ銀行が朝日生命と組んで、団体医療保険で離れ業」   という話題についてお伝えいたします。   秘密裏ですすめてきたのか?   みずほ銀行と朝日生命が、業界初の「団体医療保険」を共同開発。   団体医療保険という商品は、なんら珍しい商品ではなく、   大手企業では普通に福利厚生の一環として提...(続きを読む

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)

私が感じる、夢、目標に関するギャップ

FPをしていますと、保険設計や住宅ローン診断、資産運用をするにあたっても、顧客の「夢」や「目標」が定かでないと、なかなか正確なアドバイスがしにくいものです。 これは、相談者が何を大切に思い、どんな人生を思い描いているかによって、取るべき対策が異なるからなのですが、長い間(といっても私は1年程度ですが)こういった仕事に関わっていると、「夢や目標を持つのは当たり前」といった感覚になってきます。 ...(続きを読む

真鍋 貴臣
真鍋 貴臣
(ファイナンシャルプランナー)

火災保険 3

火災保険 3 火災保険の契約にあたって建物や家財の評価はとても大切なものです。 評価が適正でないと、損害額どおりの保険金が保険会社から支払われなかったり、保険料を無駄に払ってしまったりする可能性があるからです。 契約締結時には担当の代理店に評価を必ずしっかりして貰いましょう。 正しい評価を行う為に必要な情報は、建築価格、建築年、合計床面積、世帯主の年齢、家族構成などです。 今日は建物の...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

収入保障保険の光と翳

ここ15年ほど、「安くて合理的」という理由で、販売件数が堅実に伸びてきた 収入保障保険。(保険会社によっては、家族収入保険や家計保障定期保険 などと呼ばれております) 確かに、「時間の経過と共に世帯主の責任が軽減されるのに比例して 累計保障額が逓減していく」「生活資金としては一時金より毎月受給の方が いいだろう」「更新型ではないので、安心」ということで 保険料節約というニー...(続きを読む

大関 浩伸
大関 浩伸
(保険アドバイザー)
2010/03/10 16:45

【生命保険料節約のポイント】 1、必要保障額の計算

はじめまして。ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。 本日からコラム執筆を開始しようと思います。 これまでにコラムはさまざまな媒体で書いていますが、このAll Aboutへの寄稿は初めてです。 うまくいかない点や、見苦しい点などもあるかもしれませんが、どうぞご理解賜りたいと存じます。 ■ライフプラン作りは保険見直しの第一歩 さて皆さんは生命保険の見直しを行うに...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
2009/11/13 23:35

必要保障額という机上論の罠

生命保険の検討という主題において、専門家がよく口にする 「必要保障額を計算してみましょう」というフレーズ。 この考え方がスタンダードになりつつありますが、 信憑性はいかがなものでしょうか? 「必要保障額」というそもそもの考え方は「正論」です。 端的には「保障を受けたい項目とその金額」から「社会保険や貯蓄、固定資産 などで既に準備済みとされているもの」を差し引いたものが...(続きを読む

大関 浩伸
大関 浩伸
(保険アドバイザー)
2009/08/28 09:00

今、一番安い生命保険は?

生命保険の機能には「保障と貯蓄」大きく二つの機能があります。 保障は、万が一の備え。 貯蓄は、万が一が起きなかった場合の将来資金。 保障を重視して保険を選ぶならば同じ保障額ならとことん安いものを! 貯蓄を重視して保険を選ぶならば、保障額に係わらず利回りの高いものを! が、基準となるでしょう。 ただ、世界中が不景気の時代です。 収入減の方も多いでしょう。...(続きを読む

澤田 勉
澤田 勉
(保険アドバイザー)
2009/07/08 00:00

火災保険 見直し

火災保険 見直し 火災保険の契約にあたって建物や家財の評価はとても大切なものです。 評価が適正でないと、損害額どおりの保険金が保険会社から支払われなかったり、保険料を無駄に払ってしまったりする可能性があるからです。 契約締結時には担当の代理店に評価を必ずしっかりして貰いましょう。 正しい評価を行う為に必要な情報は、建築価格、建築年、合計床面積、世帯主の年齢...(続きを読む

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
2009/05/25 00:00

公的保障をベースに不足分を民間の保険でカバー

日々の家計のやりくりは大変なもの・・・わたくしも主婦・FPですからよくわかります。 何度も料金設計プランを変更し見直した携帯電話代、 いまさら、やめるにやめられない、子どものお稽古代、 家族の健康を気遣うための健康食品、サプリメントなど、 節約したくても節約できないものありますよね? そこで、注目・・・生命保険・損害保険の見直しです。 以外と生命保険・損害...(続きを読む

山下 幸子
山下 幸子
(ファイナンシャルプランナー)
2009/01/18 10:22

保険とは

最近つくづく感じます。 保険とは、いったい何のために加入するのでしょうか? ご契約者さまは私たち担当者に何を求めるのでしょうか? 僕たち保険エージェントは、お客様とともに人生を歩んでいくわけですが、 時には、保険の相談であり、企業のオーナーさんとは経営の相談、福利厚生、相続、はたまたゴルフ等、さまざまなお話をします。 この仕事をしていて思うことは、...(続きを読む

大村 貴信
大村 貴信
(ファイナンシャルプランナー)
2008/12/09 10:50

今加入している保険の貯蓄性を知る

保険の見直しをする際、今加入している保険よりも有利な契約か、 不利な契約か見極めることが大切ですね。 保障重視なのか?貯蓄性重視なのか?にもよりますが、 どちらにせよ言えることは「予定利率が良いかどうか?」が 大きなひとつの目安です。 予定利率とは 「最低この利率で運用することを保証して保険設計しています。」と 保険会社が約束している利率です。 た...(続きを読む

澤田 勉
澤田 勉
(保険アドバイザー)
2008/05/27 11:38

生命保険の検討に必要な絶対的3ヵ条

多数の保険商品を選ぶ、もしくは保険設計をしてもらう前に、すべきことがあります。 1. 公的な保障制度を理解する 国民年金や厚生年金に加入していると、国から遺族基礎年金が支給される制度があります。このような制度を知らずに、いきなり生命保険を考えている方が多くいらっしゃいます。まずは、ご自身の公的年金を確認してみましょう。必要な保障額のうち、公的な保障でどこまで埋まるのか? その埋まらな...(続きを読む

大関 浩伸
大関 浩伸
(保険アドバイザー)
2007/12/07 12:00

4.経営者保険・事業保険について(後編)

(前編からの続き) その答え・・・ Aさんの会社は、上位企業としてブランド力が既に付いていますので、社長に万が一のこと があっても、信用力が低下、そしてそれに伴って売上が下がることは考えにくいとすれば、 必ずしも、Aさんへの大型保障は必要ではなくなります。 むしろ、成熟している企業なら、事業保障だけでなく、従業員のための「福利厚生」の保険も 合わせて検討すべきで...(続きを読む

大関 浩伸
大関 浩伸
(保険アドバイザー)
2007/11/10 00:00

安い保険を探す前に・・・

「生命保険とは、人生で、不動産の次に高いもの」という言葉をよく聞きませんか? 「だからこそ、できるだけ、安いものを探し出して、入りたいんだ」と・・・ 確かに、その通りです。 しかし、ここに落とし穴が2つあることを知っておいて欲しいのです。 まず、1つ目は、「安いものを探し出す」前に、「自分や家族が抱えるリスクの状況を把握し、それを十分 カバーできる設計を意識」しないと全く無意味...(続きを読む

大関 浩伸
大関 浩伸
(保険アドバイザー)
2007/09/03 15:37

17件中 1~17 件目

  • 1

「火災保険」に関するまとめ

  • 火災保険のこときちんと知らなかったかも…今からでも覚えて損はないお役立ち情報を専門家が紹介!

    皆さんは火災保険の10年を超える長期契約が、2015年10月から廃止になるのをご存知ですか?実質的な値上げとなってしまうため、家計などいろんな場面での影響が考えられます。 しかし一方で、契約している火災保険を見直すチャンスでもあるのではないでしょうか。 そこでこのページでは、長期契約廃止による影響に関してはもちろんのこと、火災保険に関する基本情報や意外と知らない適用条件など、専門家による様々な解説を紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索