「不動産価格」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「不動産価格」を含むコラム・事例

146件が該当しました

146件中 1~50件目

【東洋経済オンライン掲載】不動産投資に失敗する人の甘すぎる考え

日銀のマイナス金利施策の発表以降、投資マネーは高利回りのモノに流れている。 先日の日経新聞にも掲載されていたが、投資家が求める利回りが金融商品で下がると不動産価格が上昇するとある。   現実、ホテルなど大型案件からサラリーマンでも買える区分所有のマンション、いわゆる投資マンションの類まで、すべての不動産価格は上昇している。   しかしながら、その不動産を利用、あるいは借りる実需は期待...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

8月第2週のマーケット情報

世界の株価概況 8月第二週はNYダウが最高値を更新するなど、各国の株価指数は反発・上昇しています。 世界の株価の指標であるMSCIオールカントリーIDXは1.31%の上昇。先進国の指標MSCI WORLDは1.13%の上昇、新興国を代表する指標エマージングマーケットIDXも2.77%上昇しています。 地域では、アジア・太平洋指数は3.10%上昇、欧州を代表する600企業の指数STOXX600...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

7月8日英国EU離脱決定後、日本株は先進国で一番の下げです。

世界の株価概況 7月第一週は6月24日の英国EU離脱決定から2週間。先進国はの騰落率は小幅な範囲に留まり、落ち着きを取り戻しています。 今回は、6月30日と7月8日との比較を作成しています。 世界の株価を代表する指数のオールカントリー指数は、英国の動向が流動的ですが、0.40%の上昇、主に先進国株価で構成されている、MSCI ワールドインデックスは0.55%の上昇、一方、エマージングマーケット指...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

6月30日英国株年初来高値 EU離脱決定6月のマーケット

世界の株価概況 6月は下旬に英国のEU離脱の投票結果から、24日(金)に大きく下げています。翌週6月27日から回復への足取りが早く、多くの国で月末の30日にはかなり和らいでいます。月が替わった7月1日も続伸の株価指数が多く、今回の影響で痛手を被っているのは、南欧諸国と日本という構図になりました。 世界の株価を代表する指数のオールカントリー指数は激震の6月24日がありながらも小幅な-1.82%で...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

6月24日英国EU離脱決定後のマーケット情報

世界の株価概況 英国のEU離脱が決まり大混乱で、リスク・オフにシフトしたため、各国の株価は大幅な下落、先進国の国債と円が買われました。ただ、前週の下げを残留派優勢の報道から今週は買戻しが入っていたため、24日の下げは大きかったのですが、前週末に比べると左程下がっていない指数が出現しています。 戻している最中の離脱からダメージは大きくなりました。 世界の株価を代表する指数のオールカントリー指数...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

「マイナス金利」がもたらす、マンション購入者にとってのデメリットとは?

住宅ローン金利は、軒並み過去最低水準   日本銀行が、金利を低く誘導することで景気を回復させ、デフレからの脱却を図ることを目的とした、我が国初となるマイナス金利政策を2016年2月16日からスタートさせてから2ヶ月近くが経ちました。政策がスタートしてから狙い通りに市場金利は下がったものの、市場の先行きは見えないなかで、住宅ローン金利は、軒並み低下し過去最低金利を更新しています。 各銀行の...(続きを読む

後藤 一仁
後藤 一仁
(不動産コンサルタント)

リート(REIT)のリスクは株式より大きい

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。 マイナス金利で国内株式とともに資金流入が期待されるリート(REIT)に注目が集まっています。 その中でもとくに日本国内を投資対象とするJ-REITは、為替リスクが無いため比較的安全な資産と思われがちですが、実際は株式指数よりもリスクが大きいので誤解のないようにしたいものです。 「リート(REIT)」と呼ばれる不動産投資信託が投資対象とする不動産はオ...(続きを読む

久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)

マイナス金利で住宅ローンは借りやすくなるの??

住宅ローンの金利は超低金利時代へ マイナス金利が導入されて、いろいろと変化が起きている金融業界。 はたしてこの施策は今後、どう影響してくのだろうか? 特に恩恵を受けるのは、これから住宅ローンを借りる人。 やはり、金利は低い方がいい。   しかしながら、現状では長期金利に連動している固定商品の住宅ローン金利しか下がっていない。 10年固定金利は致し方なく金利を下げ始めている。 ただ、...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

今年は何かありそうな気がしています。

年初から株価の終値が4日連続で平成7年の記録に並んだ・・・ 結局これ以上となってしまった訳なのですが・・・   この平成7年ってのが、私にとっていろいろ思い出されることが あるんですよね。 たまたま、何と言いますか・・・平成7年のものからの卒業・・・ってことに しましょうか。   個人的にこの1年は平成7年と縁がある1年なんです。 それが年初の株価の記録で思い出されるとは。。。 ...(続きを読む

信戸 昌宏
信戸 昌宏
(建築家)

世界の不動産バブル国ランキング!日本は何位!?

こんにちは、不動産コンサルタントの巻口です。 現在の日本の不動産投資はバブル期なのか? 不動産投資を検討されている方は思われているでしょうか。 そこでグローバルな視点で運用利回りを比較し 日本不動産のランクを確認してみましょう。 ●不動産価格上昇中の日本の不動産市場 不動産取引が活況を呈するなか、今年に入ってから不動産の価格が 高騰しているという記事を目にする機会が増えたのではないだろうか?...(続きを読む

巻口 成憲
巻口 成憲
(ファイナンシャルプランナー)

不動産価格下落のウソ―価格変動の要素を正しく理解していますか?

こんにちは、不動産コンサルティングマスターの巻口です。 近日では、不動産価格が上昇基調と言われていますが 不動産価格を決める大きな要素は何でしょうか。 今回は、不動産価格を決める要素に着目しお話しをいたします。 ●不動産価格が下落する要因 不動産投資の現場で最もよく直面する否定的な意見は、 人口に関するものです。「日本は空室率が既に13%、 人口がこれから減少していくので、不動産の価格がさら...(続きを読む

巻口 成憲
巻口 成憲
(ファイナンシャルプランナー)

日経記事;『地球回覧 米の大学改革、倉庫から 実践IT授業、若者呼ぶ』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 4月19日付の日経新聞に、『地球回覧 米の大学改革、倉庫から 実践IT授業、若者呼ぶ』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『米国の西海岸、サンフランシスコ市中心部から少し離れたSOMA地区。数年前までは荒れた倉庫街だった...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

サラリーマンにマンション投資は向かない??? 【その1】今は買い時か??

サラリーマンにマンション投資は向かない??? 昨年まで「マンション投資にサラリーマンは向かない」というシリーズで21回のコメントをしていたので、その続編を題名も改めて新しくしてみました。 ★「マンション投資にサラリーマンは向かない」 詳しくはこちら http://profile.ne.jp/pf/t-teraoka/c/g-16778/ ...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

2015年に不動産賃貸経営で目標を達成する人

今年こそ収益物件を所有しようとの目標を掲げている方もいます。 しかし、収益のレベルにおいては良いレベル悪いレベルがあります。 誰もが簡単に得られるようなレベルでは、大した利益を上げられません。 トップレベルの収益を得る物件でなければ長く所有する価値がありません。 そのために気を遣わなければならないことは、苦労を経験することも大事なポイントです。 「自己資金をたくさん投入できる人は苦労をせ...(続きを読む

大長 伸吉
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)

「国富 3048兆円!」

こんにちは!   さて先般、内閣府が2013年度の国民経済計算確報を発表しました。 それによれば、日本全体の資産から負債を差し引いた正味資産(国富)が、6年ぶりに増加し、3048.7兆円になりました。   内訳としては、国民総資産が7.2%増加し9294.6兆円になったのに対し、負債額も6245.9兆円と増加しましたが、正味資産である「国富」は、前年より2.1%増加しました。   要...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

不動産の期待利回り

みなさん、こんにちは不動産コンサルタントの巻口です。昨年から、アベノミクスなどの影響もあり、不動産市場が活況を呈しています。今日は市場の変化の理由について説明していきます。 不動産の価格は下記の数式で説明できます。 P(価格)=R(賃料)÷ [r(期待利回り)- i (インフレ率) ] つまり100万円の賃料Rが取れる物件で、投資家の期待利回りが5%のマーケットであれば、その不動産の価格は2...(続きを読む

巻口 成憲
巻口 成憲
(ファイナンシャルプランナー)

「久しぶりのハワイ」

 もう先週のことになりますが、愚息の結婚式のためハワイに行ってきました。  僕自身は3度目です。  海が大好きな方々はいろいろな楽しみ方があるのでしょうが、どちらかと言いますと僕は山の方が好みなので、ハワイの楽しみ方半減です。  それでも何度行っても気候が温暖ですばらしく、永住したい気持ちがわかりますね。  友人にもハワイに別荘を持っている御仁がいますが、気持ちがわかります。  ホノルルは物...(続きを読む

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)
2014/09/13 10:35

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入セミナー≫

≪アドキャストpresents*失敗しない住宅購入セミナー≫ 2014年8月3日 13:00~ @アドキャスト本社 ライフプランをしないで、 マイホームを購入するの!? マイホームを購入する時、どうしても物件の 良し悪しや金額、支払いのみに フォーカスしてしまいがちです。 でも、本当はもっと掘り下げて購入後の生活を イメージしなければならないと思いませんか? ...(続きを読む

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

絶対にやってはいけない不動産投資

絶対にやってはいけない不動産投資があります。 “赤字となることが明確な不動産投資はおこなうべきではありません。”   投資と考えてしまうと、“将来の事を予測できない景気”に任せることになってしまいます。 投資ではなく、不動産経営を行うという認識に代えたほうが良いのです。 不動産は高額な買い物です。 景気が悪くなったときに、それは仕方がないと諦めることができますか。 どんな景気であろう...(続きを読む

大長 伸吉
大長 伸吉
(不動産投資アドバイザー)

消費税増税前に不動産投資 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 2月に入って、すっかり元気になりました。 ご心配をおかけしましたm(__)m とはいえ、外出時はマスク必須です。 予防が一番ですからね。気を付けます。 さて、消費税増税も迫り、 最近では不動産購入の相談を受けることが増えました。 それも、投資用不動産の相談が多いのです。 私は、不動産投資は、 条件をクリア...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)
2014/02/02 16:00

孫正義の銀座ティファニービルの購入は、割の合わない投資なのか?

毎回、破天荒な買収劇で巷の話題をかっさらっていく孫正義率いるソフトバンクですが、今回も銀座ティファニービルを、320億円で購入という離れ業で、周りを驚かせてくれました。 しかし、この購入に対して、ロイターは「関係筋によると、買収金額から得られる期待利回り(キャップレート)は2.6%とみられ、アベノミクス効果への期待から東京都心の不動産価格が回復し始めて以来、最も割高な投資になるという。」と述べて...(続きを読む

川端 雅彦
川端 雅彦
(税理士)

お金の貯め方  ~ インフレに注意 ~

 長いデフレの時代からインフレの時代に移って来そうな状況になっています。デフレの時代とインフレの時代ではお金のため方が違ってきます。デフレの時代は、タンス預金など利息が付かなくても物価が下がることにより同じ100円で買える物が増えてきました。 100円ショップがいい例ですね。それがインフレになると物価が上昇するので今まで100円で購入できた物が買えなくなるということになります。もし、物価が平均し...(続きを読む

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

海外不動産投資に向く人とは?

日本でも税制改正大綱が発表され来年以降の日本の税制を中心とした諸制度がどう変わっていくのか注目されてますが私が興味を持っているマレーシアでも大きな変化が訪れようとしています。   特に我々日本人にとって注目すべきトピックスとして以下の3点があります。   (その1) 不動産譲渡益税(RPGT:Real Property Gain Tax)の引き上げ   不動産を売却した時に得られる利得に課税される...(続きを読む

田井 能久
田井 能久
(不動産鑑定士)

山手線 「一番標高が『高い駅』、『低い駅』」

  普段、何気なく乗っている山手線。 車内を見渡してみると、一人で乗っている人もスマホなどを見ているか、目を閉じている人が多く、外の景色を見ている人はあまりいませんが、この山手線、平坦なところを走っているようで実は標高が高い駅と低い駅との高低差は約36.31m。 かなり、アップダウンしています。     平地から山手の台地へ登る場所   駅が位置する標高による高低差が特に激しい場所は...(続きを読む

後藤 一仁
後藤 一仁
(不動産コンサルタント)
2013/09/18 12:00

第11回 初めての住宅~こころえ(5)~

 住宅購入時には,税制,ローン,宅建業法,不動産価格など色々調べると思います。購入時ほどではありませんが,購入後も一部繰り上げ返済や借り換え による,負担を軽減できないかメンテナンスが必要です。ただ,双方とも実行時には諸経費がかかり,一時的に資金が減少しますので,負担軽減出来るからと 言っても,実行時期と金額が重要です。  一部繰り上げ返済には手数料がかかる場合もあります。購入時に,借り入れた後...(続きを読む

藤 孝憲
藤 孝憲
(ファイナンシャルプランナー)

忍び寄る不動産バブルの臭い

■金融緩和がもたらす不動産バブル??   アベノミクスと騒がれてはや半年。 消費増税や低金利のローンも手伝ってか不動産市況は活気づいている しかしながら、この光景、どこかで見たような記憶がよみがえる。 今から概ね30年ほど前に始まりだしたバブル景気。 誰もが不動産を買わないと損するような兆候が出始めた。 昨今のはやりの言い方をすれば、 「いつ買う??今でしょ!」 という感じ...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

「こらえた“991兆円”!」

こんにちは!   3月、4月は寒暖差が大きい天候でしたが、5月後半からは、一気に夏日がやってきました。 毎年感じることですが、年々、天候の“ボラティリティ(変動)”が大きくなっている気がします。 まぁ、その意味では、株式市場も同じかもしれませんが・・・(苦笑)   さて先日、財務省が2012年度末の「国の借金残高」を発表しました。 それによると、11年度末に比べ、31兆6508億円増...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

不動産と私④~不動産価格の算定方法

不動産と私④~不動産価格の算定方法 不動産鑑定評価の手法には取引事例比較法、収益還元法、積算法の 三手法があることをかつて学びました。 しかし授業や教科書で習うこととしてその論理性は理解できても、 不動産業に従事した頃からバブル全盛当時の感覚では取引事例比較 法による算定以外の合理性を全く感じられなかった気がします。 私自身は土地価格の定義を、「土地所有者が売却したい要望と金額 があり、購入...(続きを読む

森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

持ち家8割 夢とリスク

皆さんこんにちは、 個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、 渡辺です。   日本掲載新聞の記事によると、 マイホームを持つ世帯の比率が上昇している。 総務省の家計調査によると、2012年は2人以上の世帯の持ち家率が81.4%と前年から2.5ポイント増え、 4年ぶりに過去最高を更新した。 特に伸びているのは低所得層だ。   世帯年収を5分割したうち一番低...(続きを読む

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(ファイナンシャルプランナー)

値下がりしにくいマンションの条件

消費税の増税前にマンション購入を検討されている方も多い。 そんな購入の際に抑えておきたいこと。 ■値下がりしにくいマンションとは?? ☆資産価値を保っている物件の特徴。 1、大規模 2、タワーマンション 3、人気エリア 4、希少立地 5、分譲時期 このうち、分譲時期については中古になった時に大きく影響する。 例えば、2007年以降にはミニバブル状態で購入時...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

寒い・・・

あまりの寒さに目が覚めた。 子供が皮膚が弱いので、夜通し冷房をつけていないと眠れない。 一人で眠らせるのもさびしそうなので、 極力いっしょに寝るようにしているが、腰痛持ちには結構堪える。 しかし、この温度が半端なく寒い。 今日はあまりに寒すぎて起きてしまった。 起きた勢いで、普段なかなかできないパソコンのメンテナンス。 不要メールの整理などなど。 今年は8月のお盆休みが長かったせいか...(続きを読む

中郷 洋次
中郷 洋次
(建築家)

50代の家造り

弊方ホームページ「非常識な家の建て方教えます」より。50代の家造り http://www.jin.ne.jp/oado/hijousiki.html 貴方はもう立派な不動産をお持ちでしょう。環境・建物・品質共にご満足されていますね? 50代の貴方は何も家に手を掛ける必要がありません。日々のメンテナンスに気を つかっていれば、快適な生活を送れるハズです。 でも不動産の関心は捨ててはいけません。...(続きを読む

福味 健治
福味 健治
(建築家)

絶対に間違ってはいけない自己破産のタイミング

任意売却推進センターのホームページは そのトップが 「◎絶対に間違ってはいけない自己破産のタイミング」 http://www.ninbaisuishin.com/index.php  となっています。 これはには訳があります。 実は任意売却推進センターへ 相談する方のほとんどのが 「住宅ローン破産=自己破産」 と思っている方が多いからです。 住宅ローン破産と自己破産はまったくの別物です。 ...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

ハワイ投資 - その3

つまり、ハワイの投資はあまりおいしい投資とは言えない、というか、利回りは大体3%位と言われて言います。それはあくまでも高い土地の価格が物件価格に反映しているからです。 確かに、リーマンショックなど、経済を大きく揺るがしかねない要因が発生すると、一旦は、ハワイの不動産価格も下落していますが、元に戻る「リバウンド力」が米国本土より大きく、「リバウンドが速い」、「リバウンドした時の価格は、下落前より上...(続きを読む

岡村智恵美
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)

今年後半の世界経済と金融市場の動向今井雅人氏講演より

2012年7月8日開催されました、”楽天証券サービス開始13周年記念投資セミナー”に参加しました。そのセミナー内容から、講演の概要を紹介します。できるだけ講演者の発表内容をなぞりますが、ヒヤリングオンリーのため、間違いや主旨が十分に伝えられない部分があり得ますこと予めご承知ください。 本日は、今井雅人氏(グローバル・インフォ株式会社代表取締役会長/衆議院議員)の講演『波乱の2012年!今年後半の...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

波乱の2012年今年後半の世界経済と金融市場動向楽天セミナー

2012年7月8日開催されました、”楽天証券サービス開始13周年記念投資セミナー”に参加しました。そのセミナー内容から、講演の概要を紹介します。できるだけ講演者の発表内容をなぞりますが、ヒヤリングオンリーのため、間違いや主旨が十分に伝えられない部分があり得ますこと予めご承知ください。 本日は、今井雅人氏(グローバル・インフォ株式会社代表取締役会長/衆議院議員)の講演『波乱の2012年!今年後半の...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

今年後半の目標は何ですか? by 投資スクール代表 青柳仁子

皆さん、こんにちは 本格的に暑くなり 節電とはいえ エアコンが欠かせない 今日この頃です 常に毛皮を着ている 愛猫ミルクは エアコンを消すと リビングの真ん中で 床の上に伸びています きっと、床が 冷たくて気持ちいいのでしょうね さて、もう今年も 半分が終わり 2012年も後半が始まりました 皆さんは、今年1年の 目標は立てましたか? 年初に立てた目標は 達成できそうですか? ...(続きを読む

青柳 仁子
青柳 仁子
(ファイナンシャルプランナー)

不動産投資のグローバル環境

こんにちは、リヴァックスの巻口です。 今回はグローバルな不動産動向のお話しをさせていただきます。 不動産投資における投資資金の源泉は、過去数年の間、世界的な機関投資家や 中国の富裕層の購買パワーが大きな影響をおよぼしていました。 リーマンショック以降、世界の投資資金は証券債券やデリバティブといったものから 大きく比重を実物資産にシフトしている傾向があります。より安定志向、コア志向に な...(続きを読む

巻口 成憲
巻口 成憲
(ファイナンシャルプランナー)

不動産価格の計算方法について

不動産の価格の計算方法には3種類あります。 一つには 「原価法」です。 ただし、一般的には土地には使用しません。 対象不動産の再調達原価を求め、これを減価修正して評価額を算出します。例えて言えば、この建物をもう一度建てると幾らかを出し、その後経過年数で減価した価格を算出する場合などで使われます。 通常の価格の評価法は「取引事例比較法」です。 これは、多数の取引事例の中から、適切な事例の選択を行...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2012/05/31 16:00

頭金ゼロ円で不動産は購入してはいけない??

■頭金なしでの不動産購入。 今の時代は高額な不動産でさえ非常で買いやすい。 しかしながら、将来、厳しい状況になる。 ■不動産価格の中身 例えば、新築マンション。 売る側は「積算価格」で売値を決める。   つまり、 土地代金+建築費+事業利益=売値 この事業利益分が概ね2割程度。 こう見ると、資産価値自体はこの事業利益を差し引...(続きを読む

寺岡 孝
寺岡 孝
(建築プロデューサー)

「住宅ローン破綻の解決に向けて」-6

「住宅ローン破綻の解決に向けて」 の第6回目です。 住宅ローン問題は、必ず解決できます。 第5回まではそれぞれの置かれている 状況ごとに見てきましたが、 今回からは住宅ローン破産に陥ったときの 対処の仕方やその方法について 具体的にみていきます。 このことを理解しやすくするには 金融機関が住宅ローン破産の処理を どのように進めるかを 知っておく必要があります。 住宅ローンを融資するときには...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

日本経済・社会保障の崩壊記事は本当に発生するのかを考える

年初の報道で、経済状況、消費税の導入と負担増、生産人口の減少による社会保障への影響等々で社会不安を煽る記事が多く掲載されていました。 その時期に、ある週刊誌の車内広告に引かれその週刊誌を購入しました。そこには少子化の影響で50年後の未来の惨憺たる予想が載っていました。 確かにその様な未来が来る可能性はゼロとは言えないと考えますが、50年後の我々の子供たちを育てる世代が、現代の課題・問題に手を打...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
2012/04/16 10:00

一般消費者へのインフレのデメリットとは

ある晩、ベテランのファイナンシャル・プランナー5名で日本国債の将来について、語り合う機会がありました。そこでの結論は、いずれ(時期は長短あり)、破綻(デフォルトから金利上昇まで)し、高いインフレ率に為るというものでした。 最悪ケースは、ハイパーインフレ(物価が何倍にも為る)で最良ケースでも、高いインフレ率(およそ2桁)を予想しています。 最良ケースの一般的なインフレの場合でも、既に30年近く日本...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

国債800兆円超、政府債務1,000兆円超に備える(REITについて)

日本の国債の危機により、金利が上昇する際には、一般的には実物資産である不動産と言われています。が、不動産の購入には目利きが必要です。誰でも不動産オーナーになれる道として、REIT(Real Estate Investment Trust)があります。 1960年にアメリカで誕生し、1990年に急速に拡大した仕組みです。REIT(不動産投資信託)とは、たくさんの投資家から資金を集めて、不動産を購入...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

公示価格公表 被災地高台の地価は上昇

不動産取引において、土地の売買価格の参考とされている 公示地価が22日、国土交通省から公表されました。 http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000063.html   全国平均は4年連続で下落しましたが、下落幅は縮小しており、 不動産価格の下落傾向が収まりつつあることを示していると考えられます。 長く続くデフレ傾向...(続きを読む

平 仁
平 仁
(税理士)

不動産価格は立地で決まる

遠い昔のバブルの頃の不動産は何処に立地するかより、不動産であれば売れた時代でした。インフラのない無人島でさえ高値で取引されていました。それがバブル崩壊とともに融資する金融機関もちゃんと担保になりうる土地かを吟味して融資するようになり今では利用価値がない土地には融資しません。 わたしにはこのようなバブルのころに購入してそのままになっていた土地やリゾートマンションなどの売却の相談もあります。相...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

住宅金融支援機構(旧公庫)の破綻の救済措置、、、

住宅金融支援機構(旧公庫)は 約60兆円もの住宅ローン融資 を行っており、 住宅金融公庫時代は 購入物件価格の80%融資しか しなかったものが、 フラット35ができてからは 融資基準が緩和され、 購入物件価格の100%融資や 勤続1年でも融資OKで、 どんどん貸出残高を増やしています。 住宅ローンは数千万円単位の まとまった大きなお金が動くので 経済対策としてはもってこいです。 行き先のない...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

中国、経済成長目標、引き下げ!

こんにちは!   暖かい日と冬の寒さと、日替わりのような日が続いていますね。 天候のボラティリティ(変動性)は、株式市場同様、近年高くなっている気がします。 天候と株式市場の“相関性”は調べたことはありませんが・・・(苦笑)   さて、5日、中国では全人代(全国人民代表大会)が開幕しました。   その中で、経済成長率の目標を、今までの8%前後から7.5%に引き下げると発表がされまし...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)
2012/03/09 16:36

住宅ローン破綻は、被害者?加害者?

住宅ローン破綻者は被害者でしょうか? それとも加害者でしょうか? もし、被害者だとしたら、 住宅ローン会社に騙されて 高い金利や多い返済に悩まされて 破綻したということになりますが 銀行や住宅金融支援機構(旧公庫) などはそのような事はしていません。 しかし、 6年目、11年目からは金利が倍になるような 「ゆとり返済ローン」などは 公正取引法違反か? 契約の誘引行為にあたるか? 博打で言え...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

オーバーローン状態の住宅問題の解決

オーバーローン状態の住宅ローンの返済が困難になり、ある一定期間延滞が続くと、債権者(金融機関・保証会社)はローンの残債額を一括で支払うよう催促します。しかし、住宅ローン破綻している人が一括で支払えるはずもなく、債権者(金融機関・保証会社)は抵当権を行使し、物件を差押して、最終的には不動産競売で債権を回収することになります。 その担保不動産が住宅ローンの残債務額より、高く売却出来るのであれば問題あ...(続きを読む

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

146件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索