「リサーチャー」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「リサーチャー」を含むコラム・事例

6件が該当しました

6件中 1~6件目

  • 1

「インプット→アウトプット」よりも大切なもの!?

 こんにちわ 明日は大阪でセミナーということで 最終準備を着々と進めています  いつもセミナーの冒頭に お伝えさせて頂いていますが 僕のセミナーでは 「考える」ということを とても大切にしています  1日の中で 「考える」時間って 実はそんなに多くないんですよね  なぜなら 「考える」ことって とっても疲れるから(笑)  そして よく誤解をされがちなのは 「本を読むこと」や 「セミナー...(続きを読む

Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
2016/03/20 12:24

50年後の世界には50の大学しか残らないー大学教育変遷の恐るべきスピード

“In 50 years there will be only ten universities left in the world. (今から50年経つと、世界にはたった10の大学しか残っていないであろう。) Online courses are transforming higher education, creating new opportunities for the best and...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)
2013/01/02 10:44

来年度マーケティング課題:近未来生活者像の探索とビジュアル化

今年5月に“ 10年後の日本「今より良くない」75% ―消費伸び悩む要因に―”の見出しで、 電通総研の調査結果が記事紹介されていました。(5/23付朝日新聞)   調査結果の概要: ― 10年後の日本は『今より良くなっていると思わない』とした人が75.2%に達し、これまで最悪だった1996年の     70.7%を超えた。     老後の生活にお金の面で不安を感じる人も50.3%に上り...(続きを読む

原田 健二
原田 健二
(リサーチャー)

顧客特性のビジュアル化と判別項目の開発

先日、トイレタリーメーカーK社の調査担当Cさんとお話した時、「調査結果とそのレポーティング」が話題に上りました。 今、Cさんは、「調査結果のビジュアルなレポーティング」を今までにも増して、強く求められている…とのことでした。   当然のことですが、調査結果データは現状の疑問点や不明点に対する直接的な答えに必ずしもなっていません。 したがって、私達リサーチャーには調査結果データを絵にする理解...(続きを読む

原田 健二
原田 健二
(リサーチャー)

ペルソナ(顧客モデル)とペルソナデザインのご紹介

最近、商品開発やサービス開発において「ペルソナ」「ペルソナデザイン」が注目されています。 今回は、リサーチャーとしても見逃せないテーマ:「ペルソナ」についてご紹介しましょう。   「ペルソナ」とは、 “企業が提供する製品やサービスにとって最も重要で象徴的な顧客モデル” と定義されています。   例えば、新商品Aに最もふさわしくあるいは最も望ましい顧客とは…と問われたとき、 “◎◎の...(続きを読む

原田 健二
原田 健二
(リサーチャー)

NASAの科学者開発のホワイトニング 

こんにちは。ティースアートのDr.TSUBAKIです。 ブライトスマイルは1日約1時間でカラーガイド8〜10段階白くできる画期的な方法です。この方法はNASAの科学者により開発され、20以上の特許を取得しました。それまでは1歯ずつ光を当てるアルゴンレーザーやハロゲンライトを使用したホワイトニングが主流でしたが、歯全体に一度にプラズマライトが当たるように設計された、世界で初めてのホワイトニ...(続きを読む

Dr.TSUBAKI
Dr.TSUBAKI
(歯科医師)
2009/04/07 09:00

6件中 1~6 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索