「ブルネイ」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ブルネイ」を含むコラム・事例

9件が該当しました

9件中 1~9件目

  • 1

ドーハ、イスラム美術博物館の憂い

アラビアンブルーの海に浮かぶ、優美なイスラム美術博物館。 カタールの首都ドーハに所在し、パリ・ルーブル美術館のガラスピラミッドを設計したイオ・ミン・ペイ氏が手掛けました。 2022年のサッカー・ワールドカップは、ここカタールで開催予定です。 今月、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプト、イエメン、モルディブの6カ国は、カタールとの国交断絶を発表。 5月にカタール首長がイ...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

日経記事;『「6億人市場」へ一歩 ASEAN経済共同体が来月発足 サービス自由化など遅れも』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 11月23日付の日経新聞に、『「6億人市場」へ一歩 ASEAN経済共同体が来月発足 サービス自由化など遅れも』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『12月末に発足する東南アジア諸国連合(ASEAN)経済共同体(AEC)はすでに高水準...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『海外子会社,収益6.5兆円 投資で稼ぐ鮮明 昨年最高更新,2年で7割増 ASEANけん引 』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月6日付の日経新聞に、『海外子会社,収益6.5兆円 投資で稼ぐ鮮明 昨年最高更新,2年で7割増 ASEANけん引 』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。   「日本企業の海外子会社の収益が急拡大し、2014年は6.5兆円と過去最高...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

10周年

本日8月5日で、Qull一級建築士事務所を立ち上げてから、丸10年が経ちました!!!パチパチパチ!!! 山あり谷ありの10年でしたが、いろいろな人と出会い、そして助けられながら、なんとかこの日を迎えることが出来ました!!! 先日「渡辺篤史の建もの探訪」製作部から連絡を頂き、2009年に放送された、私どもの代表作ともいえる「ホワイトベース」が、「渡辺篤史の建もの探訪」アジア地域...(続きを読む

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
2014/08/05 09:00

「ASEAN 第2位の人口大国は!?」

こんにちは! さて、皆さんは、ASEAN(東南アジア諸国連合)で、人口が第2位の国はどこか、ご存知ですか? ASEANは、1967年の「バンコク宣言」によって設立され、原加盟国はタイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシアの5か国でした。 その後、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス、カンボジアが加盟し、現在は10か国で構成されています。 この中で、飛び抜けて人口が多いのが、...(続きを読む

荒川 雄一
荒川 雄一
(投資アドバイザー)

メルマガ第116回、2013.10.1発行、新聞等に掲載された外国人にまつわる記事の話8

行政書士が綴る国際結婚「フィリピーナに恋して」第116回 新聞等に掲載された外国人にまつわる記事の話8   2013.10.1発行   行政書士の折本徹です。 朝と晩は秋の空気になり、しのぎやすくなりましたね。 空気が乾いてきますので、喉の弱い方は痛めやすくなるかもしれません。 1年の中で、快適な時期なので、活発に過ごしてください。   今年は、時期に関係なく(古くても)、新聞・雑...(続きを読む

折本 徹
折本 徹
(行政書士)
2013/10/03 08:41

日経記事;『広がるメコン経済圏 物流インフラ整備着々 2億4000万人市場に 国境越え供給網』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月31日付の日経新聞に、 『広がるメコン経済圏 物流インフラ整備着々 2億4000万人市場に ニコンや矢崎総業、国境越え供給網』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『インドシナ半島を縦断するメコン川流域の経済圏が膨張し...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

「TPPとバータークラブ」

TPP (Trans Pacific Partnership Agreement:環太平洋経済連携協定) は2002年にチリ・ニュージーランド・シンガポールの3ヵ国の間で始まった。 2005年4月ブルネイも仲間入りした。 その後、2008年9月アメリカ、11月オーストラリア・ペルー・ベトナム。 2010年10月マレーシアがこれに加わった。   当初、チリ、シンガポール、ニュージーランドの...(続きを読む

野崎 一文
野崎 一文
(経営コンサルタント)

@NEXT SenSEマガジン[vol.18]より(バックナンバー)1/2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 1.今月のテーマ:どうなるTPP ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 参加が検討されているTPPは、今後の日本経済を左右する重要な課題です。 【環太平洋戦略的経済連携協定】 TPPとはTrans Pacific Partnershipの略で、太平洋を取り囲む国と地域 が参加して自由貿易圏を作る構想...(続きを読む

尾野 信輔
尾野 信輔
(不動産投資アドバイザー)
2011/10/28 11:00

9件中 1~9 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索