「デューデリジェンス」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「デューデリジェンス」を含むコラム・事例

29件が該当しました

29件中 1~29件目

  • 1

日経記事;『トヨタ・マツダ包括提携 燃料電池車・低燃費技術で 部品共同調達も』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 5月9日付の日経新聞に、『トヨタ・マツダ包括提携 燃料電池車・低燃費技術で 部品共同調達も』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『トヨタ自動車とマツダは環境技術で包括提携することで最終調整に入った。トヨタは燃料電池車(FCV)な...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)
2015/05/09 14:04

Blog201405、会社法

Blog201405、会社法 ・『実務に効く M&A・組織再編判例精選』有斐閣 ・『アメリカ法判例百選』有斐閣 ・ビジネス法務2010年9月号「特集 自社・子会社・事業部門の売却型M&A―戦略と手法―」 ・ビジネス法務2013年11月号「特集 親会社に知ってほしい子会社が抱える悩み」 『実務に効く M&A・組織再編判例精選』有斐閣 256頁、 2013年  M&Aに関して、下級審...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/05/23 19:19

ビジネス法務2013年11月号「クロスボーダーM&A時に気をつけたい保険に関するデューデリジェン

ビジネス法務2013年11月号「クロスボーダーM&A時に気をつけたい保険に関するデューデリジェンス」  日本ではあまり例がないが、外国では、保険の専門家により、保険を取り扱う専門部署がある。  M&Aした場合、従前のオーナー企業が加入していた保険(E&O業務過誤賠償責任保険、D&O役員賠償責任保険など)が使えなくなるので、保険事故の対象となる期間、保険が請求できる期間の始期・終期に関し...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/05/02 14:00

Blog201404-1

Blog201404-1 今月は、以下のコラムを作りamebroとAllAboutに掲載しました。 [ブログ] ・今後ブログに追加していきたい法律 [民事法] ・『平成25年度重要判例解説』有斐閣、平成26年刊。 「民法判例の動き」 「商法判例の動き」(会社法、金融商品取引法を含む) 「民事訴訟法判例の動き」のうち倒産法・家事事件の部分 「租税法判例の動き」 「労働法判例の動き」...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/29 08:08

Blog201404、倒産法

Blog201404、倒産法 ・特定調停手続規則 ・『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 特定調停手続規則(平成一二年一月二○日最高裁判所規則第二号) 第1条(特定調停の申立て・法第三条) 第2条(財産の状況を示すべき明細書等・法第三条) 第3条(民事執行手続の停止・法第七条) 第4条(相手方が提出すべき書面等・法第十条) 第5条(当事者に対す...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/28 02:50

ビジネス法務2010年9月号、自社・子会社・事業部門の売却型M&A―戦略と手法―

ビジネス法務2010年9月号、自社・子会社・事業部門の売却型M&A―戦略と手法― 「売り手主導のM&A戦略」 スケジュール遅延は、売り手にとってのみ損失となるという論述があるが、疑問がある。例外的に、例えば、UFJ銀行事件のように、1番目の買い手より、2番目の買い手(当時の東京三菱銀行、現、三菱東京UFJ銀行)のほうが条件が良い場合もあるからである。 「会社の上手な売却法」 上...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/22 15:54

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 2005年、本文約520頁。 会社更生法については、22項目、約278頁、金融機関更生特例法については、1項目である。合計約286頁である。会社更生法に関する論考が、本全体の約55%を占めている。 民事再生法に関しては、19項目、約234頁である。 上記書籍の会社更生法のうち、以下の部分を読みました。 Ⅰ 会社更生法 「1 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/09 17:37

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 2005年、本文約520頁。 会社更生法については、22項目、約278頁、金融機関更生特例法については、1項目である。合計約286頁である。会社更生法に関する論考が、本全体の約55%を占めている。 民事再生法に関しては、19項目、約234頁である。 上記書籍の会社更生法のうち、以下の部分を読みました。 Ⅰ 会社更生法 「1 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/09 10:08

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 2005年、本文約520頁。 会社更生法については、22項目、約278頁、金融機関更生特例法については、1項目である。合計約286頁である。会社更生法に関する論考が、本全体の約55%を占めている。 民事再生法に関しては、19項目、約234頁である。 上記書籍のうち、以下の部分を読みました。 Ⅰ 会社更生法 「1 会社更生手続...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/09 05:30

選ばれる理由

■恵良税理士事務所が、創業者・ベンチャー・起業家の方から選ばれる7つの理由 ① これから創業しようという方と近い年代です 所長やスタッフ含めて、若手公認会計士・税理士によって運営がされている事務所です。会計事務所といったら大先生のような方がでてきて、怖いイメージをお持ちのかたもいらっしゃるかもしれませんが、私の事務所はおそらく創業者の方と年齢も近い分、気軽になんでも相談できる間柄になるかと思...(続きを読む

恵良 健太郎
恵良 健太郎
(税理士)
2014/02/08 13:23

プロフィール

はじめまして! 公認会計士・税理士の恵良健太郎(えら けんたろう)と申します。 恵良税理士事務所オフィシャルブログにお越しいただきまして、 ありがとうございました。 簡単にではありますが、私のプロフィールを書いておきますね。 恵良 健太郎(えら けんたろう) 1982年生まれ、福岡県出身。 税理士であった祖父の影響を受け、会計・税務業界を志す。 大学時代に公認会計士試験に合格後、大手監査...(続きを読む

恵良 健太郎
恵良 健太郎
(税理士)
2014/01/23 10:04

食品小売業及び不動産業を中心に事業を行ってきましたが、不動…

こんにちは、弁護士の東郷弘純です。 今日はよくあるご質問を事例形式で紹介致します。 Q:食品小売業及び不動産業を中心に事業を行ってきましたが、不動産業が振るわず、本業の食品小売業に専念して事業の立て直しを図りたいと思っています。会社全体では、営業赤字を計上していますが、食品小売業のみでみれば、営業黒字です。金融機関からの借入が大きく、利息の返済に苦しんでいます。食品小売業だけ分離...(続きを読む

東郷 弘純
東郷 弘純
(弁護士)

スポンサー型(第二会社方式)

こんにちは 弁護士の東郷弘純です。 今日はスポンサー型(第二会社方式)について説明したいと思います。 第二会社方式とは,会社(旧会社)の優良事業部門を事業譲渡や会社分割によって切り離し,別会社(第二会社)に移転することで事業の継続を図ることをいいます。この第二会社方式のスポンサー型とは,優良事業部門の対価を支払えるスポンサーが存在する場合を指します。例えば,会社分割で優良事業部門を...(続きを読む

東郷 弘純
東郷 弘純
(弁護士)

【監査法人 「副業」で稼ぐ?】- 監査報酬は1%増 -

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。 日経新聞が、日経225対象銘柄の2011年3月期決算の会社179社について、有価証券報告書に記載されている監査報酬を調査しました。 179社の監査報酬は、 ・監査報酬  594億円 前期比 1%増 ・非監査報酬 55億円 前期比 約200%増 ・合計  649億円 前期比 5%増 調査では、非監査報酬が約2倍と...(続きを読む

森 滋昭
森 滋昭
(公認会計士)

記事;中小の合併支援 中小企業庁,業種/資産規模の情報網羅 考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 7月15日付の日経新聞に『中小の合併支援 中小企業庁、業種・資産規模の情報網羅』のタイトルで記事が掲載されました。 主な内容は、以下の通りです。 『中小企業庁は中小企業同士のM&A(合併・買収)を支援するため、業種や資産規模などの情報を検索できるデータベースを整備する。全国の地域金融機関や商工会議所...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

心理的瑕疵・環境的瑕疵について 不動産クリニック

心理的瑕疵・環境的瑕疵について 不動産クリニック 不動産取引において問題になる『瑕疵(かし)』 瑕疵(かし)とは売買契約当時に気付かなかったキズや欠陥のことです。 その瑕疵は大別すると 物理的瑕疵 法律的瑕疵 心理的瑕疵 環境的瑕疵 に分類されます。 具体例をあげると 物理的瑕疵・・・生活上、重大な建物の欠陥。住宅ですと雨漏り・シロアリなど。土地ですと地中埋設物・土壌汚染などがありま...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

相続対策チーム 相続コンサルティング by不動産ドクター

相続相談 相続コンサルティング By不動産ドクター 大田区相続相談 相続相談 相続コンサルティング By不動産ドクター 大田区相続相談 不動産ドクターです。 先日、お電話くださったかたから 相続のご相談をいただきました。 大田区某所で何件か不動産を所有されている依頼者様が 将来的な相続に備えて、 物件の ○売却査定(売るとしたらどうなるか) ○賃貸査定(貸すとしたらどうなるか...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

地元に密着していない!?  by不動産ドクター 鈴木豪一郎

地元に密着していない不動産ドクターです。 よく“地域密着”という業者さんはいるのですが、 実は私は“地域”ではなく“クライアント”に密着しています 大田区某所にお住まいのクライアントから、相続対策のために コンサルしてほしい旨の依頼がありました。 『私が生きている間に不動産を処分したい』とのこと、、、。 場所は神奈川県相模原市 不動産調査と売買価格査定のために行ってまいりました。 ・...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

ゲリラ豪雨と家探し   by不動産ドクター

ゲリラ豪雨と家探し こんにちは! 不動産ドクターです さてさて、まるで真夏のような日が続いています。 夏前になると恒例の梅雨がやってきますね。 梅雨もそうですが、最近よく耳にする ゲリラ豪雨 という言葉があります。 一極集中で100mm以上の豪雨が降ることも最近は 増えてきましたよね。せっかく買った(建てた)家が 床上浸水などの被害にあってしまったのでは目も当てられません。 そし...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

土地取得~住宅建設コンサルティング   by不動産ドクター

土地取得~住宅建設コンサルティング 最近、やけに不動産が売れています 景気低迷→不動産価格下落→家賃との比較での割安感→購入 という流れが多いようです。 さて、今回 調査のご依頼をくださったのが城南地域某所で土地を買われるお客様。 土地を買い、夢のマイホームを建てたいというご希望で探していたところ、ある仲介業者の紹介で、気に入った土地が見つかったとのこと。 しかしはじめてのお...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

健康じゃないと家が買えないっ!?    by不動産ドクター

健康じゃないと家が買えないっ!【団体信用生命保険】 by不動産ドクター 健康じゃないと家が買えないっ!! by不動産ドクター さて、今日のお題は・・・ “健康じゃないと家が買えないっ!!” いったいどんなことかと申しますと 正確には“健康じゃないと住宅ローンが組めない”(可能性がある) ということです。 住宅ローンを組むときには必ず団体信用生命保険というものに 加...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

『相続』が『争続』になる

「相続」が「争続」になる  by不動産ドクター 不動産ドクターです。 みなさんは「争続」という言葉を知っていますか?  「えっ!? 「相続」の間違いじゃないの・・・」 と、思われた方、おっしゃるとおりです。 しかし、「相続」が「争続」になる事案というのは少なくありません。 「争続」とは言葉のとおり争いになること、相続人間で、ときには親戚を巻き込んでの争いにまで発展します。 今まで仲...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

第一京浜国道 放射19号線調査 by不動産ドクター

売却依頼 国道都市計画線調査 株式会社常盤不動産 第一京浜国道に面した土地の売却を依頼され いつものように入念に物件調査に回っています。 売却をした後に、買主様に迷惑やトラブルがないよう 色々な事実について調査の上しっかりお伝えしなければなりません と、いうことで今日は東京都庁にやってまいりました。 以前は、調べごとをする時には必ず来なければならなく、 しょっちゅう来ていたのですが、...(続きを読む

鈴木 豪一郎
鈴木 豪一郎
(宅地建物取引士)

技術デューデリジェンス

2008年における、サプリメントなどの機能志向食品市場は5,978億円で前年比0.8%減見込み。 これに対し美白効果市場は722億円で前年比5.7%増。 コラーゲンなどの成分認知度が高まり、引き続き高成長しています。 ところで効能が分かりやすいことから各社が参入していますが、その中に毛色の異なる企業があるのをご存じでしょうか。 その企業はデジカメなどで有名な、電機メーカーで...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
2009/12/14 09:00

信託受益権売買のデメリット

信託受益権となっている投資用不動産の売買のメリットは物件情報が比較的しっかりしているという事でありますが、一方デメリットもあります。それを簡単にご紹介します。 信託受益権売買のデメリット 1. 信託受益権売買に関わる書類の量が非常に多い 2. 信託受益権売買に於いては関連する参加者が多く売買の日取りやその他の細かい調整が効きづらい 3. 信託受益権売買はローン条項で先に...(続きを読む

向井 啓和
向井 啓和
(不動産業)
2009/02/22 16:13

信託受益権売買の流れ

弊社のお客様で信託受益権案件(ファンド所有の売り物件)の物件に興味を示された方がおりその方に簡単に流れを説明しました。他の方で信託受益権売買を検討されている方のご参考になるかもしれませんので書きます。 Q信託受益権売買の流れはどの様になっておりますか?普通の所有権売買と別にコストがかかりますか? A信託受益権の売買に関しては特別なコストは必要ありません。むしろ売買契約の印紙税が...(続きを読む

向井 啓和
向井 啓和
(不動産業)
2008/11/12 16:00

株式公開(IPO)のための契約書管理

 東京証券取引所マザーズや大阪証券取引所ヘラクレスなどの新興市場への上場申請にあたっての会社の法務デューデリジェンス(審査・精査)においては、会社が行っている取引に関して契約書の審査がなされます。従って、会社の行っている取引に関しては、原則として、すべて契約書が締結されていることが必要になります(もちろん、少額の取引などの契約書がないことは審査であまり問題にはされません)。    そこで、...(続きを読む

金井 高志
金井 高志
(弁護士)
2007/03/03 14:35

株式公開のための議事録作成

 ベンチャー企業においては、数年後には東京証券取引所マザーズや大阪証券取引所ヘラクレスなどの新興市場に株式公開を考えている企業もあると思います。  上場申請にあたっての会社の法務デューデリジェンス(審査・精査)の仕事をしている中で、ベンチャー企業において注意しておいてもらいたいことの一つに株主総会議事録や取締役会議事録などの議事録の作成があります。  株式公開のための上場申請手続きにおいて...(続きを読む

金井 高志
金井 高志
(弁護士)
2007/02/24 00:00

株式公開(IPO)と人事労務問題

株式公開(IPO)のための上場申請の法務デューデリジェンス(法務問題の調査・検討手続)の仕事をしていて最近思うことは、上場審査にあたり、人事労務問題に関して主幹事証券会社・証券取引所においてかなり審査が厳しくなっていることです。  株式公開(IPO)の準備として、就業規則、給与規程などを整えることは最低限必要ですが、次に、それらがきちんと運用されているかが問題です。そして、直前事業年度などの従...(続きを読む

金井 高志
金井 高志
(弁護士)
2007/02/07 00:00

29件中 1~29 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索