「セルビア」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「セルビア」を含むコラム・事例

8件が該当しました

8件中 1~8件目

  • 1

生かされて生きる

  生まれ出て、 死に至るのが、 人の一生である。     人々は、 十人のうち三人は長生きだ。 短命の人も、十人のうち三人くらいいる。 なかには、長寿の運命なのに自ら命を縮める人がいるが、 そうした人もまた、十人のうち三人くらいの割合だ。     生きていくことができるのに、 なぜ、自ら死に急ぐのかというと、 生きることに執着しているからだ。     生命は自...(続きを読む

大園 エリカ
大園 エリカ
(ダンスインストラクター)
2016/02/09 06:14

「ほこりを噛む」???

Hello everyone! さて、日本人選手たちの大活躍で日本中を大いに沸かせた全米オープンですが、現地のタブロイド紙(New York Post)にも錦織圭選手の活躍が取り上げられていました。 "ROGER & NOVAK BITE THE DUST" 「ロジャーとノバクがホコリを噛む」????? 直訳したら、「ホコリ」=dust、を「噛む」=biteですが、いったいこれはど...(続きを読む

伊東 なおみ
伊東 なおみ
(英語講師)
2014/09/18 20:00

ヨーロッパ鉄道の旅 リージョナルパスについて

前回は、レイルヨーロッパの ユーレイル グローバルパスとユーレイル セレクトパスを紹介しました、今回は、ユーレール リージョナルパスを紹介します。ところで、レイルヨーロッパのパスの種類は60種類あります。各国別に適用するパスが載っているのですが、見ることが出来るでしょうか。3.ユーレイル リージョナルパス・このパスは、旅行する地域を選択し、その地域の指定された国々の国鉄(またはそれに相当する鉄道)...(続きを読む

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

日経記事;『パナソニック、東南アに家電本社機能 現地向け商品企画』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 4月19日付の日経新聞に、 『パナソニック、東南アに家電本社機能 現地向け商品企画』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『パナソニックは今夏にもアジア地域の家電事業を統括する本社機能を東南アジアに置く方針を固めた。現地向...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

フロー理論、U理論で日本代表ベスト8を予想します!

「試練を乗り越え、フローに入ったとき、ブレイクスルーが生まれる。」 サッカー日本代表ベスト8入りを予想する根拠を説明 こんにちは! 荻野淳也です。 サッカー日本代表、戦前の雰囲気を覆し、ベスト16! いよいよ決勝トーナメントです。 荻野は、6月29日は、ウルグアイ戦で日本代表チームが勝利し、 ベスト8入り、日本サッカーの歴史が塗り替えられる日と予想しています。 その理由を、わたし...(続きを読む

荻野 淳也
荻野 淳也
(ビジネスコーチ)

海外エージェント・パートナー・代理店募集/ZEN GARDEN

海外エージェント・パートナー・代理店募集 私KATSUO KOBAYASHIが創作の場を海外に シフトしていきたいと考えています。 ZEN GARDEN(禅ガーデン・ゼンガーデン)日本庭園を外国で造りたいと思いますが、 そのエージェント・パートナー・代理店(法人・個人)の方を募集します。 Katsuo Kobayashiの海外事業はこちら 対象国 以下の通りです。既にフランスは終了していま...(続きを読む

小林 勝郎
小林 勝郎
(エクステリアコーディネーター)

W杯組み合わせ決定!

W杯組み合わせ決定! 環の小坂です。 昨日は昼間味の素スタジアムでJ2最終節東京V VS 札幌の試合観戦に行ってきました。 後半は札幌の攻勢で点差を追いかれ東京Vはホームでの勝利ならず。 ここが来年も課題ですね。 試合後のエールも札幌の方が盛り上がっていた。 夜は「メンタージャム」というイベントに参加してきました。 士業の方が多く集まるイベントですが、 一龍斎 貞花さんの話がおもしろかっ...(続きを読む

小坂 淳
小坂 淳
(ITコンサルタント)
2009/12/06 13:46

【ネイティブチェックの必要性】No.3

前回では、たとえ国内市場向けであってもネガティブな意味合いを含んだネーミングは、すべてのステークホルダーから選ばれ永く愛されるブランドとしてはかなりの危険を伴うことをお話ししました。 今回は、主要言語のネイティブチェックを行わずにあり得ないネーミングをつけたクロアチアのジュースのお話をご紹介します。 商品名は、“Pipi” 昔懐かしのガラスボトルに、...(続きを読む

島田 千草
島田 千草
(ブランドコンサルタント)
2007/09/06 14:20

8件中 1~8 件目

  • 1

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索