「黒字倒産」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「黒字倒産」を含む検索結果一覧

18件が該当しました

利用者からのQ&A相談

金融機関からの資金調達における事業計画書のポイント

電子部品の製作を行っている小さな工場を経営しています。ニッチ市場に対して特許技術を生かした製品を投入することができ、昨今においてもなんとか赤字を出さずに経営が行えております。が、最近納品先からの入金が度々遅延し、目の前の運転資金が乏しくなり、黒字倒産の危機を感じるようになりました。そこで、手元資金を増強するために金融機関から融資を調達したいと思うのですが、その際に必要な事業計画書の内容について悩ん...

回答者
山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

投資用不動産、まだ下がりますか?

投資用のワンルームマンション、できればアパート一棟を購入したいと考えていますが、不動産不況といわれて価格が下落しているこのタイミングでは、「まだまだ下がるのでは?」と思ったりもします。まだ下がると思われますか?また、融資が厳しくなっているというウワサも聞きますが、実際どうなのでしょうか?融資が組めるとして、今のタイミングで購入するなら、どんな物件がいいでしょうか。

回答者
中村 嘉宏
宅地建物取引主任者
中村 嘉宏

専門家が投稿したコラム

経営幹部なら押さえておきたい社長の視点(5)

成長している会社の社長でも「会計は苦手、数字は嫌い」という人は多いですね。しかし会社のお金について理解しなければ経営はできません。ではどんな数字を見ればいいのか。まずB/Sですが、ここではずばり「会社の安全性」を見ます。他人に返さなければならないお金(負債)を減らし、自由に使えるお金(純資産)を増やすことが安全性を高めることに繋がります。目安として、純資産比率(純資産÷総資産)が15~20%、流動...

本森 幸次
執筆者
本森 幸次
ファイナンシャルプランナー

経営幹部なら押さえておきたい社長の視点(4)

創業して成長すれば社員が必要です。人を雇用すると給料を払わなければなりません。その給料の決め方も非常に大切ですね。最近は成果主義ということで成績に応じた年棒制やコミッション制などが導入されています。年棒制で誤解の多い部分が残業代です。年棒制でも基本的に1日8時間を超えたら基本給の1.25倍を時間単位で支払わなければなりません。対処法としては、年棒の何割かを最初から時間外手当として設定し、就業規則に...

本森 幸次
執筆者
本森 幸次
ファイナンシャルプランナー

利益があってもお金が残らない

おはようございます、今日はたばこの日です。 10年弱前は結構なヘビースモーカーでした(今は非喫煙者)。 借入金を含めた資金繰りについて考えています。 昨日設定した条件を基に、黒字倒産の実例を作ってみます。 ◯利益の計算 売上   100 費用    70 利益    30 税金    15 最終利益 15 ********* ◯現預金の計算 期首残高   25 期中増加額 15(最終利...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

黒字倒産の実例を考えてみる

おはようございます、今日は桜島の日です。 一度、見に行きたい場所の一つです。 借入金を含めた資金繰りについて考えています。 借入金返済を理由にした黒字倒産について考えてみましょう。 条件を設定します。 ・期首時点で、手元に現預金が25あった。 ・税率を50%とする。 ・今年一年で借入元本の返済が40ある。 ・借入元本の返済以外、収益費用と収入支出にズレはないものとする。 一番最後の条件はあ...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

黒字倒産が起こる理由

おはようございます、今日は鏡開きの日です。 餅は食べる方法が豊富ですね。 借入金を含めた資金繰りについて考えています。 借入元本の返済は支出ではあるが費用ではない。 当たり前なのですが、中々実感を持って経営できている人は少ないのが実際のところです。 世の中には黒字倒産というものがあります。 黒字、つまり利益があるのに倒産してしまうことです。 なぜそんなことが起こるのか? それも、この費用と支...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

専門家が投稿した写真・作品

「10分で決算書から危険を見抜く分析テクニック」講義風景

2014/04/20 08:16
ヨシダ ハリー
(社員研修セミナー講師)

6時間全コースを修了した受講者と記念撮影

2014/04/20 08:14
ヨシダ ハリー
(社員研修セミナー講師)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「黒字倒産」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (2件)

  • コラム

    (14件)

  • 写真

    (2件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索