「骨髄炎」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「骨髄炎」を含む検索結果一覧

18件が該当しました

利用者からのQ&A相談

歯肉に違和感

1年前に歯肉の中にある腫瘍をとるために全身麻酔の手術をしました。その時に骨髄炎と思われるものもあったらしく一緒にとってもらい、奥歯1本の神経が死んでいたために、その神経もぬきました。その後1年たちましたが、骨髄炎の症状は全くありません。しかし手術したとこの歯肉にいつも違和感を感じます。これはそのままにしていて大丈夫なのでしょうか?

回答者
飯田  裕
歯科医師/医学博士
飯田  裕

親知らずが硬くて抜けない

親知らずが力を入れても抜けませんでした。原因としては骨粗鬆症の薬ベネット錠を長く飲んでいて骨が硬くなってあごの骨に歯がくっ付いているのかも分からないとのこと。(ベネット錠はH24.5から服用。抜歯のために7月から飲んでいません。)様子を見ていたら、(半年とか1年とか)歯が浮いてくるかもわからないので、いばらく様子を見ることになりました。抜けない場合、普通は骨を削って抜くがベネット錠を飲んでいたので...

回答者
飯田  裕
歯科医師/医学博士
飯田  裕

慢性骨髄炎で、専門の病院がありませんか?

66歳の母が大学病院で、下顎骨骨髄炎【慢性】と診断され1年が経ちました。切断手術と診断されましたが、いまのところ手術をせず、高気圧酸素や抗生物質の点滴や、飲み薬を飲みながら治療しています。疲れが出た時に腫れと痛みがでます。この繰り返しなのかと思うと、何かにすがりたい気持ちです。全国で、下顎骨骨髄炎専門の病院がないですか。※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

回答者
飯田  裕
歯科医師/医学博士
飯田  裕

猫の骨髄炎

3匹保護し同居猫がいます 3匹目茶虎ミックス9ヶ月ですが7ヶ月の時 噛みつき癖が酷く 近所の小嶋獣医に相談し猫の歯を半分切る処置をし歯髄まで切られたのでばい菌が入り顎を溶かす程の骨髄炎となり他院て薬治療しましたが治らず信頼性のある病院で外科手術しました 最初の小嶋獣医ではリスクの説明なく 歯を切られたのですが歯髄が露出してる場合 どのようになるのでしょうか 二匹目も同じ処置をしており今は大丈夫です...

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

両手指先の痺れ

先ほどお風呂に入ったんですが、出てすぐに両手指先の痺れが出てきました。初めてのことで心配なので質問させていただきました。お風呂出てからずっと痺れていてアイロン(髪の毛)をするのが日課なんですが熱くなった髪の毛に触れると痺れが増す感じがします。これは一時的なものなんでしょうか??続くようだったら病院に行った方がいいんでしょうか??ちなみに二十歳です。

回答者
福島 多香恵
ピラティスインストラクター
福島 多香恵

専門家が投稿したコラム

むし歯の放置で敗血症に?!全身にバイ菌が広がる恐い話

  <今回のコラムの要点>    深くなった大きな虫歯・・・歯医者が苦手だからと放置してしまい、運が悪いとどんな状態になるのかご存知でしょうか?  たかが虫歯で命を落とす・・・現実に起こりうる最悪のシナリオついて解説させていただきます。    虫歯の痛みを放置して歯の中に細菌が侵入。歯の内部に感染が広がり、根の周囲の顎(あご)の骨の中に化膿した病巣が拡大。  そこから血液を介して全身...

飯田  裕
執筆者
飯田  裕
歯科医師/医学博士

かかりつけ医の医療機関と情報共有をすることによって医科の先生に直接アドバイスいただいています

◇~安全に治療を行うためにご協力ください!~◇ 当院では安全性の高い歯科診療を行うため、患者様が飲まれているお薬、お体の状態について、かかりつけのお医者様からの情報提供をお願いしています。 例えば、骨粗しょう症などの治療薬の中には、骨を強くする反面、抜歯後等の直りを悪くするなど、副作用が現れる薬剤があります。 副作用の症状が進んだ場合には、あごの骨の壊死(組織が死んでしまう)や骨髄炎が...

神谷 忍
執筆者
神谷 忍
歯科医師

ビスフォスフォネートを内服されている患者様

前回少し触れました、ビスフォスフォネートを内服されている患者様に対する対応について。 数年前から、骨粗鬆症等でビスフォスフォネート系の薬剤を使用している方が顎骨骨髄炎や骨壊死に至る報告が出始めました。 これは「ボナロン」といった効果のある内服薬が、厚労省の寝たきり老人を増やさない方針に合致していることにより、内科の先生達が多く処方するようになったことも一つ因果関係がありそうです...

亀卦川 博仁
執筆者
亀卦川 博仁
歯科医師

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「骨髄炎」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (15件)

  • コラム

    (3件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索