「離婚訴訟」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「離婚訴訟」を含む検索結果一覧

64件が該当しました

利用者からのQ&A相談

円満調停と婚姻費用請求を申立てています。

夫とは再婚同士で私の連れ子と夫との間にできたまだ0歳のこがいます。夫はわたしの妊娠中のヒステリックが嫌になり一方的に出て行きました。現在は自分の実家で生活しています。夫は「もう大嫌いになったからやり直すことは一生ないはやく離婚しろ」と言って来ました。出て行ってからまともに生活費を入れない為私の方から調停を申し立てました。(何度も話し合いをしましたが夫の考えは変わらず暴力を振るわれる為)先日2回目が...

回答者
神尾 尊礼
弁護士
神尾 尊礼

養育費減額について

男です。年収377万、元妻100万弱。去年の9月離婚訴訟(理由は元妻の借金)翌月相手側が反訴(離婚は了承、理由は私の不貞や暴言で慰謝料請求)、8月末に離婚裁判が終わり、判決で財産分与なし、慰謝料なし、年金分割0.5、養育費5万(2人分)支払え…です。今年の1月に今の彼女との間に妊娠してるのがわかりました。先月胎児認知をして、もうすぐ産まれます。私は元妻に養育費の減額調停を申し出る予定です。質問は1...

回答者
神尾 尊礼
弁護士
神尾 尊礼

子供を連れて帰国しない妻に対しての対応ですが?

タイに妻と娘(2歳)をまさか帰国拒否するなどとは考えもせず里帰りさせてしまい、まんまと騙された情けない夫ですが、この様な状況の中での対応についてお答えください。無料相談ではありますが弁護士の方に相談をいたしました。ネット上で得た知識も含め楽観的な答えが得られない事は承知の上お伺いしましたところ、得られました答えが、1.法的に話を進めて強制帰国等出来ない事。2.理由はともあれ帰国させた時点で娘だけで...

回答者
土井 康司
婚活アドバイザー
土井 康司

離婚調停に相手が欠席を繰り返し不成立になりそうです

弁護士はつけていません。私からの申立てですので裁判しかありません。暴力の証拠とは写真2枚くらいでも足りるのですか?又婚姻費用も相手が来ないのでもらっていません。費用なく弁護士なしでも裁判には臨めますか?宜しくお願いします。

回答者
鈴木 祥平
弁護士
鈴木 祥平

慰謝料の額、別居中の負担費用、財産分与の時期について

よろしくお願いします。夫(私)42歳、妻33歳、結婚歴約12年、こども3人(10歳、8歳、5歳)、年収は私が約700万円、妻はパートのため50万円程度です。この夏の約3ヶ月間の私の浮気が原因で離婚することになりました。相手とは5回ほど関係を持ちました。この場合慰謝料として妥当な金額はどれくらいでしょうか。またこちらから離婚をもちかけましたが、妻はすぐには離婚に応じず、しばらく(10年くらい)は別居...

回答者
新谷 義雄
行政書士
新谷 義雄

専門家が投稿したコラム

財産分与を決めるための手続は?

合意による場合 夫婦はあらかじめ財産分与の話合いをして離婚と同時に協議を成立させることもできますし、離婚後に財産分与だけ協議することもできます。 当事者が合意に至った場合は、合意した内容に従い財産分与を行います。 調停・審判による場合 財産分与について、話合いができない場合又は話合いがまとまらない場合には、相手方の住所地又は当事者間で合意した家庭裁判所に調停を申し立てることができます。 ...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

離婚裁判。兵どもが夢の跡

さる番組では危険な元鞘に収まった夫婦。 夫婦の在り方は様々ですが、今更言うまでもなく離婚も一般的になりました。 もっとも1990年代のような離婚急増は収束し、むしろ減少に転じています。 過去約10年の、離婚数推移は以下の通りです。 ■種類別・離婚数推移          [総数]        協議        調停      和解     判決 2004  270,804    242,6...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

離婚後に不動産が共有物件とされた判例

1.離婚の際の、住宅ローン付の不動産の処分は大きな問題です。   今回、住宅ローンの債務者である夫にとって非常に過酷な判例が出ました。 判例時報に掲載されましたので、上級審で覆されなければ、今後の実務の指針となりそうです。 ちなみに、住宅ローン付の不動産(以下、自宅不動産という)の所有権も住宅ローンも夫名義です。   「住宅ローン残高が不動産価値を上回るいわゆるオーバーローンの不動産や...

阿部 マリ
執筆者
阿部 マリ
行政書士

息子の結婚を機に離婚するのをやめました。

秋晴れの今日は、ランドマークタワーでカウンセリングをしてきました。 50代主婦のKさん。 今年6月に初めてお会いした時は、離婚訴訟中ということでとても暗い印象でした。   いろいろアドバイスをさせていただく中で、だんだんと本来の明るさを 取戻し、活発な素顔が素敵な方です。 産土神社等もお教えして、まめに参拝に行かれていました。 長男の方が10月に結婚することになったということで ...

橋本 亜依
執筆者
橋本 亜依
恋愛アドバイザー

オーバーローンの不動産の財産分与の処理の仕方

オーバーローンの不動産の財産分与の処理の仕方   オーバーローンの不動産の財産分与の処理の仕方として、以下の裁判例があり、一つの考え方として、参考になるでしょう。     東京高等裁判所平成10年2月26日判決・家庭裁判月報50巻7号84頁 【判示事項】 離婚訴訟に伴う財産分与請求について、妻の不動産の共有持分権を夫に分与するとともに、不動産の取得に対する当事者双方の寄与の割...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

「夫婦円満」に関するまとめ

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「離婚訴訟」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (43件)

  • コラム

    (21件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索