「阪神・淡路大震災」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「阪神・淡路大震災」を含む検索結果一覧

47件が該当しました

利用者からのQ&A相談

鉄骨造5階建て集合住宅の新築を検討してます

ローコストでの建設に挑戦してくれる工務店さん設計士の方、もしくは以前建設した方でお勧めの業者など、アドバイス等頂けたらと思います。都内で鉄骨造の5階建てもしくは6階建て(90~100坪)新築で考えてます。希望としては、手抜き工事などしない事業者、為分離発注や、施主至急など施主の希望を聞いてくれてできる限り検討対応してくれる方、ローコスト建築に豊富な経験とアイデアを持ってる方、ただ安いだけで、雑な工事をしている業者さんはではダメだと思ってます。宜しくお願いします

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

液状化対策について

今わたしが住んでいる所は、液状化の可能性が高いと想定される地域です。4年前に新築の戸建て住宅を購入したばかりで、ローンもまだ残っており、夫の仕事、子供の学校のことを考えると引っ越すことは考えにくいです。東日本大震災では幸いにして被害は少なかったのですが、次の災害に備えて対策をとりたいと思っています。まずすべきことや考え方についてアドバイスください。

回答者
松島 康生
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント
松島 康生

マンション最上階(屋根のないルーフバルコニー)

マンションを購入予定ですが、リビングが西向きの6階建ての最上階で(周りに高い建物は無く開放感あり)、一般的なベランダではなく、ベランダ部分が屋根のないルーフバルコニーとなっています。ワイドスパンのリビングからの30平米のルーフバルコニーなので、開放感は望めそうですが、西日が心配です。(更には最上階なので、屋上からの熱も心配です。)複層ガラスであることや、屋上は断熱性に優れた外壁使用のため中層階と変...

回答者
田中 徹正
リフォームコーディネーター
田中 徹正

震度6弱の地震の大きさについて

淡路島で震度6弱の地震がおこりましたが、震度6弱というのは、震度5よりは強いけど震度6までは行かない、という規模の地震ですか?また震度6強というのは、震度7までは行かないけれど、震度5よりも大きい地震、という認識で良いのでしょうか?

回答者
高荷 智也
備え・防災アドバイザー
高荷 智也

震災後の建物の耐震性

東日本大震災から、だいぶ経ちますがまだ頻繁に余震が続いています。震災で結構ゆれた建物が多数あると思うのですがそれら建物は、震災でうけたダメージは蓄積していないのでしょうか?関東で、大地震が起こると頻繁にマスコミが言っているので気になっています。

回答者
高荷 智也
備え・防災アドバイザー
高荷 智也

専門家が投稿したコラム

人工地震 (地震は天災だけとは限らない説)

今回の熊本の大地震、そして未だに続いているひっきりなしの余震には、以前の阪神・淡路大震災や東日本大震災の時と同じく、大きなショックを受けている方達も大変多いのではないでしょうか。  テレビやネットのニュースでその映像を観る度に、今回私自身は感情的というよりも茫然自失な感覚に囚われている感じに近いかもしれません。それは「一体最近の日本、強いては今の地球はどうなってしまったのだろう???」という思い...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

古い建物の耐震強度はどれくらいあるの?

地震大国の日本では30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる可能性の高いといわれている地域が広く分布しています。都心もそれに含まれていて、今後30年以内に首都直下地震が発生する確率は70%とされています。 現在(2000年以降)の耐震基準で建てられた建物は、まれに起こる地震(震度6強ないし震度7程度)に耐えられるように計画されていますが、それ以前の建物はそこまでの地震に耐えることを想定して建てら...

堀 紳一朗
執筆者
堀 紳一朗
一級建築士

首都圏の「震度7」と住宅

      首都圏の「震度7」と住宅     文部科学省が2012年3月30日に発表した「東京湾北部地震」は、 マグニチュード:7.3、東西63km、南北31kmの震源域を想定している。   震央は東京都と千葉県の県境としている。 震度7と想定された場所は、東京都江戸川区、江東区、大田区です。   震度6強は、墨田区、葛飾区、荒川区、足立区です。 震度6強と6弱が混在する場所は、品...

中舎 重之
執筆者
中舎 重之
建築家

首都圏の軟弱地盤と木造住宅

      首都圏の軟弱地盤と木造住宅     地盤と木造住宅の被害との関係については、現象的にかなり把握されています。 1923年の関東大地震のとき、木造住宅の被害が大きかった地区は、本所、浅草、 深川、次いで神田、下谷でした。これらは、いわゆる下町低地と呼ばれる地域です。 一方、全潰率の小さかった地区は、本郷、小石川、牛込、芝などの いわゆる 山の手と、日本橋、京橋、麹町でした。...

中舎 重之
執筆者
中舎 重之
建築家

20年前の阪神・淡路大震災:火災編

      火 災 編    神戸大学の室崎研究所によると、地震直後の1時間で、少なくとも神戸市内では 55件が火災が発生していると云う。 折からの巻き上げるような強風が災いして、炎は方向を、あちらこちらへと変える。  火は瞬く間に燃え広がり、市内だけでも100件近くに上がった報告されている。 出火件数22件と神戸市内での最悪の被災地:長田区では、地震発生後1時間 以上たった、午...

中舎 重之
執筆者
中舎 重之
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「阪神・淡路大震災」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (8件)

  • コラム

    (39件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索