「閣議決定」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

吉田 武志
吉田 武志
(建築家)

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

マーチン
マーチン
(恋愛アドバイザー)

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

閲覧数順 2017年09月20日更新

「閣議決定」を含む検索結果一覧

134件が該当しました

利用者からのQ&A相談

今年限りの住宅ローンの所得税控除がある?

今年、家を建てようと思い住宅ローンについて調べていました。ある業者さんから聞いた話ですが、平成22年2月15日に政府閣議決定されたもので、住宅促進のために「平成22年2月15日から平成22年12月22日までに住宅を経てた人については、5000万円以内の住宅ローンを組んだ人の所得税から1%を10年間控除する」というものでした。これは大きい!2500万円借り入れしたとして年間25万円、10年で250万...

回答者
横山 彰人
建築家
横山 彰人

住宅取得資金の贈与に関する税金対策

よろしくお願いします。新築住宅の購入を考えています。私の父親より1500万円ほどの援助がもらえることになりました。この援助の税金対策を教えてください。父は63歳、私は30歳です。住宅資金の非課税枠が1500万円に拡大する方向で国会審議がされるようですが、その議決前に購入しなければなりません(気に入った物件を確保中です)。例えば、?贈与ではなく貸付にする。?土地を1500万円で父親が買い、家を自分が...

回答者
真山 英二
不動産コンサルタント
真山 英二

マンション購入時の贈与税について

現在中古マンションの購入を検討しています。2010年1月〜2月に契約をする予定ですが、親族から贈与を受ける予定です。2010年度税制改正決定前ですが1500万の贈与を受けてしまった場合にこの案が廃止となると現行の500万円を超えた1000万円の扱いはどうなりますか?税金を払う必要があるのか、親族からの借入に変更ができるのか教えて下さい。また父親の年齢は64歳ですが、返済期間は自由に設定して良いものですか?現実的に20年程度にした方よいのですか?また金利も自由に設定できますか?

回答者
真山 英二
不動産コンサルタント
真山 英二

CASBEEについて

今後、CASBEEの戸建がでてくるようですが、Sランクを評価されることによって、なにか具体的にメリットになるようなことは、あるのですか。(例えば、住宅の融資が受けやすくなるとか。)

回答者
森岡 篤
建築家
森岡 篤

株 確定申告

株の確定申告について配当金をもらって郵便局で現金にしたのですが領収書がありません。確定申告するときにどうすればいいのですか?証券会社から送られてくる年間取引報告書だけでよいのでしょか?

回答者
佐々木 保幸
税理士
佐々木 保幸

専門家が投稿したコラム

日経記事;『エアビー 旅行会社へ進化 民泊以外へ事業拡充 体験イベント予約/航空券手配も検討』考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 3月22日付の日経新聞に、 『エアビー 旅行会社へ進化 民泊以外へ事業拡充 体験イベント予約/航空券手配も検討』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『米エアビーアンドビーが住宅に旅行者を有料で泊める民泊の仲介業者から、「総合旅行会社...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

改正個人情報保護法の全面施行

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。 今日は個人情報保護法についてのお話です。 政府は、2015年改正個人情報保護法の全面施行を2017年5月30日とする政令を閣議決定しました。 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/122003795/?n_cid=nbpitp_mled_sec&rt=nocnt 今年は個人情報保護法関連の話題が増...

長谷川 進
執筆者
長谷川 進
経営コンサルタント

太陽光発電のチェックツールにドローンが活躍中

ドローンは2015年4月22日に、東京都千代田区の総理大臣官邸屋上に落下したことで、俄かに注目されました。 なお、この時のドローンは実際にはラジコンのヘリコプターだったとのことですが、表現の便宜上ドローンということになっています。 その後2015年7月にドローンに対応する改正航空法が閣議決定されましたが、それとは別にこれを太陽光発電関連で利用する動きが見られます。 エネルギーベンチャーのエナジー...

石橋 大右
執筆者
石橋 大右
住宅設備コーディネーター

年金受給資格期間が25年から10年に短縮

先日、無年金者対策として年金受給資格期間を現状の25年から10年に短縮する法案が閣議決定されました。今回の措置により受給資格を得る人が約64万人増える事になるそうです。 それに伴い必要な予算は約650億円。一体、何処から出すんでしょうかね? では、短縮されたからと言って10年加入で幾ら年金が支払われるのかですが、現状の年金額から試算すると40年間丸々、保険料を納めた人で年額780,100円(月...

植森 宏昌
執筆者
植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

40歳未満の中古住宅+リフォームでの取得に補助金(最大50万円)の条件

8月24日の閣議決定で中古住宅を購入する際に 必要なリフォーム工事の費用を、1件当たり最大で50万円補助する 制度を創設するようです。 何故か、40歳未満限定の模様です・・・ (個人的には年齢制限の必要性が疑問ですが・・・) 中古市場の活性化の一助に成ることは確実ですよね~ この補助制度でもインスペクションの実施と 瑕疵保険の加入を義務付ける事が条件とされています! つくづく、インスペクショ...

西澤 照彦
執筆者
西澤 照彦
1級建築士・宅地建物取引士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「閣議決定」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (6件)

  • コラム

    (128件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索