「金利上昇」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「金利上昇」を含む検索結果一覧

955件が該当しました

利用者からのQ&A相談

住宅ローンについて

住宅購入を考えています。主人40歳 年収600万妻38歳 年収400万(時短勤務を辞めると520万)今後も社員で働き続ける予定子供1人(保育園)、今後も増やす予定はありません。ローン3800万円 変動予定頭金はリフォーム300万円にあてる予定なので実質0円預金は250万程度NESA(使わずに運用予定)+250万程度です。夫婦共同名義でペアローンを組み、住宅ローン控除を10年うけた後から繰り上げ返済...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

住宅ローン借り換え時に選ぶべき金利タイプは

現在、フラット35で住宅ローンを組んでいます。45歳 残り950万円 金利2.41% あと15年5ヶ月です。借り換えを検討していますが、固定金利か(1.12%)、10年固定当初型(0.5%、10年後から店頭金利より−1.906%)か悩んでいます。繰り上げ返済は始めの10年で100万ぐらいできそうです。色々調べて、色々書いてあるので、わからなくなってしまっています。おすすめやアドバイスなど頂きたいと思っています。どうかよろしくお願い致します。

回答者
矢崎 雅之
ファイナンシャルプランナー
矢崎 雅之

住宅ローン借換

このたびはお世話になります。住宅ローンの借換を検討しております。借り入れ当初共働きでしたが、妻が退職したため、 家計におけるローン比率が高くなってしまいました。(月給与 約30万円/ローン比率 31%)仮審査は通っております。プロの目からみて、借換にメリットがあると思われますか?また、借入額は2000万円か1700万円かどちらが望ましいと思われますか?ご教示いただけると助かります。よろしくお願いい...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

住宅ローン

新築するにあたり住宅ローンの仮審査をうけています。2000万を20年で返済予定、出来れば10年で繰り上げ完済したいと思っています。A銀行より団信付きで3年固定金利0.6、保証料0.05、3年後0.7の提示を受けました。フラット35Sより明らかにこちらのほうが有利なのでしょうか?全く判断がつきません。ご教示くださいませ。

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

リスクのない資金の運用先(JA共済など)

お知恵を拝借させてください。勤務先の社内預金の今年度末での解散に伴い、資金600万円の元本保証での運用先を探しています。600万円のうち200万円は不慮の時に備えて、引き出し自由な普通預金(イオン銀行イオンカードセレクト普通預金金利上乗せ0.12%)に、残りの400万円を二人の子ども(12歳女・10歳男)の教育資金にと考えています。たまたま取引のあったJAにて教育資金の運用について相談したところ、...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

専門家が投稿したコラム

2017年8月の住宅ローン金利と今後の見通し

 まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。7月19~20日に日銀で開かれた、金融政策決定会合でも原則的な金融政策は据え置かれたため、現在は金利を引き上げる環境にはありません。 日銀は、2%の物価上昇率を達成するまでは基本的に「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する考えですが、7月20日に公表した最新の政策委員の見通しの中央値では物価上昇率を17年度は+1.1%、18年度は+1.5%...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

2017年8月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、8月は固定金利が全て上昇しました。 まず変動金利ですが、これは日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定しているため横ばいとなりました。変動金利の横ばいは、8月の他行の金利でも同様だと思います。 なお、ソニー銀行は返済額を5年間一定としその一定の金額の範囲内で、元本、利息の定...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

2017年7月のソニー銀行金利と今後の見通し

 銀行の中では数少ない、翌月の適用金利を今月に発表しているソニー銀行ですが、7月は短期固定が上昇、長期固定が低下しました。  まず変動金利ですが、これは日銀が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続していることや、日本の短期金融市場が安定しているため横ばいとなりました。変動金利の横ばいは、7月の他行の金利でも同様だと思います。 なお、ソニー銀行は返済額を5年間一定としその一定の金額の範囲内で、...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

投資マンションにカモられたサラリーマンのその後

投資マンションを勧められるがまま買ってしまう  投資物件を扱う不動産会社はとくに“買わせてなんぼ”の世界だ。したがって、セールストークも実に巧みだから注意しないといけない。 買わせる流れとしては、まず勤務先に電話をかけてくる。トークの内容はワンルームマンションのセールスの王道である「節税できる」と「生命保険の代わりになる」「将来の年金になる」が中心。   そこで“脈あり”と思われてしまうと...

寺岡 孝
執筆者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

2017年5月の住宅ローン金利と今後の見通し

 まず変動金利ですが、これは据え置きとなりました。4月26~27日に日銀で開かれた、金融政策決定会合でも原則的な金融政策は据え置かれたため、現在は金利を引き上げる環境にはありません。 日銀は、2%の物価上昇率を達成するまでは基本的に「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を継続する考えですが、4月27日に公表した最新の政策委員の見通しの中央値では物価上昇率を17年度は+1.4%、18年度は+1.7%...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

専門家が投稿した写真・作品

住宅購入でより豊かな生活を!家計のアドバイスします。

2010/10/25 10:00
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「金利上昇」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (658件)

  • コラム

    (296件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索