「都市計画法」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「都市計画法」を含む検索結果一覧

132件が該当しました

利用者からのQ&A相談

電柱設置&移設のトラブル

とある建設会社が宅地開発した土地の一区画を契約しました。全部で11区画あり、仲介人を通して購入しました。角地のため、土地の前面には止まれの標識がありました。数日後、造設具合を見に寄ると、契約した土地には止まれの標識があるにも関わらず、電柱までもが立てられていました。標識と電柱の間が狭く、車の出し入れに邪魔です。そこで仲介人に問い合わせたところ、仲介人もご存知ではありませんでした。以下、建設会社と仲...

回答者
大沼 徹
建築家
大沼 徹

市街化調整区域の土地建物購入について

現在、市街化調整区域の土地の不動産売買契約及びハウスメーカーさんと工事請負契約を結んでいます。市街化調整区域の土地に関しましては都市計画法34条12号の要件を満たしており、開発許可待ちとなっています。ローンはフラット35と信用金庫さんの2箇所で事前審査中ですが、現在の自分の就労状況や、過去、国民健康保険や市民税等滞納もあり(現在は完済)ローンが通るか心配になってきました。不動産会社に手付金30万、...

回答者
山田 大史
代表サポーター
山田 大史

中古物件購入を考えておりますが。

現在中古物件の購入を考えています。築30数年あまりの木造住宅なのですが家主さんが相当こだわって作られたようで当時には珍しいデザイン性にこだわりとしっかりとしたつくりで今までいくつも中古物件を見てきましたが比較にならないしろものでした。とは言いましてもやはり30数年たっているので当然水回りや細かい個所、諸々リフォームするつもりで建築家の方に一度見てもらおうとは考えているのですが一つ問題が。。地目が山...

回答者
坪山 利明
ハウスリフォームアドバイザー
坪山 利明

隣地に建築予定の住宅への要望出しについて

お世話になります。現在住んでおります持ち家の東側隣接地に住宅を建築するという知らせが届き、境界におけるプライバシーやセキュリティの配慮について確認するために、先方施工会社、建築士とお会いし質問を申し上げ回答をいただきました。その中で、こちら側住宅と建築予定の建物の壁の距離が、当方⇔境界線約50cm、境界線⇔先方も50cmということで、当方⇔先方が約1mということ、先方壁が当方2Fよりも高いレベルの...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

農地の分筆について

現在180坪程度の地目畑の母親所有の土地がありその一角に、母親が農地転用もしないまま、無許可で居酒屋を建ててしまっています。2~3年後に、その土地の一部を分筆して家を建てる予定なのですがその現在建っている居酒屋は、違法建築物として取り壊しが求められると思います。しかし、居酒屋を借りてくれている人がいるので、取り壊すわけにもいかず困っています。そこで、素人考えですが今の時点で農地のまま、居酒屋側を1...

回答者
坪山 利明
ハウスリフォームアドバイザー
坪山 利明

専門家が投稿したコラム

これから注目される新エネルギーの風力発電の手引き

新エネルギーとは再生可能エネルギーのことで、代表的なものに太陽光発電と風力発電があります。 風力発電は大規模なものから、20kW程度の小型風力発電などがあり、1kWあたりの単価55円というFITが利用できるので、採算性が年に6%以上の利回りの投資対象になります。 なお、FITは20年間ですが、風力発電の元手を回収できるとされる17年を過ぎれば、利回りはぐんと向上します。 ただし風力発電にはさ...

石橋 大右
執筆者
石橋 大右
住宅設備コーディネーター

中古マンション購入時の注意点

中古マンションは、『低層マンション』『高層マンション』『タワーマンション』『リノベーションマンション』『ヴィンテージマンション』など様々な呼び方をされていますが、低価格なマンションでも高価格なタワーマンションでも法律的には、『区分所有建物』という同じ分類となります。 区分所有建物は、一つの建物を複数の所有者が共有する為、様々な規制や制限があります。 ここでは、住宅情報誌や営業マンが教えてくれな...

田中 勲
執筆者
田中 勲
住宅Gメン

土砂災害警戒区域

今回の広島の土砂災害は最悪のものとなってしまいました。 これまでも地形的に多くの土砂災害はあったようですが、 今回は規模が違ったようです。 私も毎日テレビを見ていますが、とても胸が痛いです。   今回はこの警戒区域についてのお話です。 不動産の契約前の重要事項説明では、「都市計画法・建築基準法以外の 法令に基づく制限の概要」というところで、今回の件に関するような説明の 箇所がありま...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

建築・不動産行政法規研究会『建築基準法の基本と仕組みがよくわかる本』秀和システム

建築・不動産行政法規研究会『建築基準法の基本と仕組みがよくわかる本』秀和システム 2012年、本文255頁。 上記書籍のうち、以下の部分を読みました。 第1章 建築基準法の用語の定義 第2章 建築物の一般構造 第3章 構造強度 張り間、けた行の意味が分からなかったので、『イラストでわかる二級建築士用語集』(学芸出版社、2006年)で確認しま...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

『よくわかる土地区画整理法』ぎょうせい

よくわかる土地区画整理法 第二次改訂版/ぎょうせい ¥2,365 Amazon.co.jp 『よくわかる土地区画整理法』ぎょうせい 平成25年、本文164頁。付録64頁 上記書籍のうち、以下の部分を読みました。 一 土地区画整理事業の特徴  都市計画区域内で、公共施設(交通、道路、公園、上下水道、ガス等)と宅地の形態等を面的に造成や換地等して整理し、公共施設の費用負担と...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「都市計画法」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (36件)

  • コラム

    (96件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索