「遺留分」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「遺留分」を含む検索結果一覧

400件が該当しました

専門家をご紹介

大塚 嘉一

弁護士

依頼人の法的権利を実現する─それが私どもの願いです

全国各地の相続、不動産、同族会社の案件を中心に幅広く、新都心さいたま市を拠点として、永年にわたり多数手懸け解決しています。企業法務や病院・医院、寺社の法務…

大塚 嘉一

高林 良男

弁護士

簡単に専門家の助けを借りられるようにしたい。

理不尽な事を主張する相手を正したい、という想いがあっても、どうしたらいいかわからず諦めてしまう方がたくさんいらっしゃいます。本当は法律で解決できるのに、不…

高林 良男

利用者からのQ&A相談

養子縁組離縁について

私が幼い頃実母が再婚し養父が私と養子縁組をしてくれました。その後実母と養父の間に子どもができ私に弟が出来ました。それから10年後実母が失踪し、離婚に至りました。それから養父の元で弟、祖母と共に生活してきました。私が結婚する事になり自分の戸籍をとった時初めて自分が養女という事実を知りましたが、私の父に変わりはないと思い誰にもきく事なく、聞かされることもなく過ごしてきました。養父が末期ガンになった時、...

回答者
小林 政浩
行政書士
小林 政浩

離婚した父の遺産相続について

27年前両親が離婚し15年前父が亡くなりました。私は2つ下の妹がおり2人とも母に引き取られましたが親権は父にありました。父は離婚したすぐ後に再婚しており、後妻と娘がいます。つまり戸籍上は妹です。父は体調が良くなかったので入退院を繰り返していて私はお見舞いに行ったりしたこともあります。亡くなったときには知らせも来て病院にもいきました。葬儀にも出席。まだ20歳になったばかりで何も分からなかった私は遺産...

回答者
小林 政浩
行政書士
小林 政浩

社長を引き継ぐ為の手続き?

現在、両親(父・母)と共に自営業(有限会社)を営んでいる者です。この度、父(76才)が社長を退き私が社長を引き継ぐこととなり、私の扶養に入る事となりました。この段階では、特別な手続き等は行っていません。もし、社長(代表取締役)が変わる場合、どの様な手続きが必要になってくるのでしょうか?私共は、物品販売を行っているのですが、その在庫商品等も贈与の対称になってくるのでしょうか?今まで、事務・経理には携...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

継母の名義になっていた、亡父の遺産を相続できないか

父が亡くなり、遺産の整理をしていると、ほとんどの資産が継母の名義になっていることが判明しました。(自宅の土地・家屋を除き、銀行口座のほとんどは、継母のものとなっていました。)父は、この5年、要介護の状況で、私とほぼ同年代の継母が、病院への付添いや銀行関係の処理を行っていました。その結果、上記のようなことになっていました。因みに、父と継母が再婚した時点で、父の実子である私は既に結婚しており、父=継母...

回答者
神尾 尊礼
弁護士
神尾 尊礼

前妻との子に遺産を残したくないのだが・・・。

私は初婚、夫はバツ一で、3歳の子がいて、元妻が育てているとの事でしたその子の養育費を毎月2万円、20歳まで支払うとの事で、私も納得して結婚しました。〈当時、夫の給料は手取りで13万円ほどでした)それからしばらくして、元妻が養育費を倍額してほしいとの事で 裁判所に夫が出向きうちも子どもが二人になり、とても支払えない・・・と言ったらしいのですが結局3万円に上がってしまいました。夫は長男で、年老いた両親...

回答者
向井 啓和
不動産業
向井 啓和

専門家が投稿したコラム

遺留分とは。

こんばんは。雪が融けたら走るひとになる予定の、行政書士の小林です。本日の研修会は、無事に終えることが出来ました。良かったです。 今日は、珍しく、相続関連のお話し、遺留分について書いてみたいと思います。 『遺留分』………。皆さんは、この制度・名称をご存知でしたでしょうか? 『遺留分』とは被相続人(亡くなった方)の財産の中で法律上その取得が一定相続人に留保されていて、被相続人による自由な処分に制限...

小林 政浩
執筆者
小林 政浩
行政書士

相続人はだれか

相続人の範囲は意外と難しいときがあります。 特に配偶者や子供がいないケース。 通常は子供と配偶者ですが、第二順位として直系尊属、つまり、亡くなった人のお父さんお母さんです。 さらに直系尊属がいないときは、亡くなった人の兄弟になります。 さらにその兄弟が亡くなっていると、その子供 甥っ子姪っ子になります。 甥っ子、姪っ子まで相続人になるケースはまれですが、あまり交流がないと連絡をとるの...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

民法、相続ルールの大規模改正へ(4)

遺留分をめぐる問題は? 4回にわたって取り上げてきた民法(相続法)改正も最終回です。   ④遺留分制度の見直し  「遺留分」とは、一定の相続人が最低限主張できる相続財産の割合を指します。相続人が配偶者と子2人の例では、配偶者の遺留分は4分の1、子1人の遺留分は8分の1です。  遺留分については、次のような問題が指摘されています。「遺留分減殺請求では寄与分を考慮できないこと」、「相続による法...

高原 誠
執筆者
高原 誠
税理士

民法、相続ルールの大規模改正へ(1)

民法(相続法)の改正検討項目  婚外子の法定相続分について民法が改正されたのは記憶に新しいところです。旧態依然としていた民法にメスが入ったのに伴い、現在、民法上の相続ルールの見直し作業が法務省により進められています。   改正が検討されている主な項目として、下記の5点が挙げられます。 ① 配偶者の居住権保護 ② 配偶者の本来の貢献に応じた遺産分割の実現 ③ 寄与分制度の見直し ④ 遺留分制度...

高原 誠
執筆者
高原 誠
税理士

遺言は書いてもらった者勝ち

相続が起こったときに、 遺言があった場合は、 基本的には遺言書どおりとなります。 遺言がないとどうなるかというと、 法律で定められた相続人が、 法律で定められた相続分のとおりに相続することとなります。 例えば、配偶者と子供2人が相続人の場合は、 配偶者2分の1、子供が4分の1ずつとなります。 子供のみ3人が相続人の場合は、3分の1ずつとなります。 相続人が子供3人(長男、次男、三男)のケースで...

高島 秀行
執筆者
高島 秀行
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「遺留分」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (182件)

  • コラム

    (216件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (2人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索