「連帯保証人」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

国府谷 明彦
国府谷 明彦
(厚生労働省認定 産業カウンセラー)

うつや不安・ストレス・悩みの改善に認知行動療法をお勧めします

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

真山 英二
真山 英二
(不動産コンサルタント)

正しい知識で安心して人生最大のワクワクを楽しんでもらいたい!

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

閲覧数順 2017年06月23日更新

「連帯保証人」を含む検索結果一覧

812件が該当しました

利用者からのQ&A相談

個人事業開業の際の名義について

約4年前に任意整理を終了したものです今回、個人で独立をしようと思い公的なところに行き話を聞いてきましたが 自己判断ですが(ブラックリストに載っているのは確認済み)借りれないのではないかと思いました。現在は1社携帯会社のクレジットカードのみを利用しております。申し込みの名前を親の名義にして実際の経営は私がすることは可能でしょうか。可能であれば、その際の注意点や今後の対応策を教えてください。希望としては開業後に名義を私の名前に変更したいです。申し込み金額は150万円です。宜しくお願い致します。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

リフォームローンについて

はじめまして。妻が2年前に自己破産しました。今回リフォームをする事になりリフォームローン(夫の名義)を利用しようと思ってます。5年前にもリフォームをしてその時もリフォームローン(夫の名義)を利用して、つい数日前に残債一括返済(60万以上)をしました。今回も、同じ会社のリフォームローンを申し込む予定(夫の名義)ですが、審査の際に妻の自己破産が影響してきますか?

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

合意ではなく連帯保証人になっているのですが

母親の連帯保証人となっているのですが、保証会社から家賃滞納についての電話が掛かってきます。元々、「印鑑と印鑑証明貸して」と言われ貸しただけで、契約書に記入も何もせず連帯保証人にさせられているのですが、連帯保証人の解除はできないのでしょうか?こちらにも生活があるので支払いする余裕などありません。

回答者
山田 大史
代表サポーター
山田 大史

父親と母親を離婚させるには

私21母51パート父51 派遣妹19私は母親と父親を離婚させたいです。理由は父親の経済的DVと母親への言葉の暴力です。父親は公務員を5.6年前に退職させられてから(経緯は不明)徐々にローンや光熱費、自分の年金、保険代ですら払わなくなりました。そして、自分の娯楽費やお酒、食費に費やすようになっていき、母親が母方の祖父の財産とパートで働いて稼いだお金で父親分のを払うはめになり生活もどんどん苦しくなって...

回答者
置塩 正剛
弁護士
置塩  正剛

離婚に伴う名義変更

離婚をする事になり、ローン残1600万円夫名義の家を46歳保険業入社一年目のわたしが引き続き払い名義を変更すると言う話になりました。銀行の審査が通るのか?もし通らなかった場合はどうしたら良いのかアドバイスをお願い致します。

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

専門家が投稿したコラム

民法改正の概要は?~消費者保護に重点

債権関係規定(債権法)に関する改正民法が2017年5月に成立し、2020年を目途に施行されることとなりました。その特徴は、インターネット取引の普及などの時代の変化に対応し、消費者保護に重点を置いていることです。 ◎ 主な改正点 ・ 飲食代などお金を請求できる期間を5年に統一 ・ 連帯保証人に公証人による意思確認を義務づけ ・ 約款の有効性と内容を変更できるルールを明文化 ・ 法定利率を年...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

ムリと言われた場合、連帯保証人をつけることを諦めるしかないのですか?

不倫慰謝料請求について。 分割で払わせる場合、連帯保証人をつけることを求めれるのですか? ムリと言われた場合、連帯保証人をつけることを諦めるしかないのですか? お互い弁護士をたてていたら可能なのでしょうか。 また、示談書を作成するのは どっちが作成するものですか?請求者側?請求された側? 芭蕉先生より ◆分割で払わせる場合、連帯保証人をつけることを求めれるのですか? ...

芭蕉先生
執筆者
芭蕉先生
男女問題カウンセラー

任意売却ができないケース

 任意売却は債務者、債権者をはじめすべての関係者の合意の上に成り立つ債務整理法です。成立させるためにはいくつかの条件があります。次のようなケースでは任意売却ができない可能性が高いです。ご注意ください。 ■債務者本人、共有者全員の許可が得られない。 ■保証人、連帯保証人、連帯債務者の承諾が得られない。 ■内覧、内見希望者が出ても、お部屋の中を見せない等、販売活動に協力してくれない。 ■税金な...

山田 大史
執筆者
山田 大史
代表サポーター

遺産相続で最初に確認すべきポイント

1.期限のあるものに注意 遺産相続において期限があるものは下記のとおりです。 (1)相続の放棄又は限定承認・・・相続開始から3か月以内 (2)所得税の準確定申告・・・相続開始から4か月以内 (3)相続税の申告・・・相続開始から10か月以内 2.相続の放棄又は限定承認 相続の放棄又は限定承認は相続開始から3か月以内のため、早めに財産と債務の確認をします。 特に債務がある場合や連帯保証人になっ...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

公正証書を作る意味

公正証書を作る意味 「公正証書を作りたい」という問い合わせをよく受けます。 「作った方が良いと友達に言われたから」ともよく言われます。 ただお話を聞くと、公正証書にしなくてもいいものもたくさんあります。 公正証書を作る一番の意義は「債務名義」を作るためです。 これは、 1、一定額の金銭の支払いを目的とする約束について。 2、債務者(お金を支払う方)より債務を履行しないときは直ちに強制...

小林 政浩
執筆者
小林 政浩
行政書士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「連帯保証人」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (649件)

  • コラム

    (163件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索