「通気口」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

奥村 徹
奥村 徹
(弁護士(大阪弁護士会))

性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「通気口」を含む検索結果一覧

32件が該当しました

利用者からのQ&A相談

屋根の構造について

築30年、2階プラス屋根裏部屋、S型瓦?の切妻屋根です。 S型瓦のようなすきまの大きい瓦でも、軒先面戸が入っていないこともあるのですか? そばに大きい木がある場合、面戸が破損することもありますか? 10年ほど前から、屋根裏部屋の天井からねずみの足音が聞こえていたのですが、去年から、壁の中や屋根裏部屋の床下、2階の天井裏からも聞こえるようになりました。 ねずみは1センチほどのすきまも通れるそうです。...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

外壁通気工法 換気の出口について

はじめまして。ただいま新築建築中(長期優良住宅)の者です。現在の家の仕様で変更するか否か大変迷っております。時間もないこともあり、藁にも縋る気持ちで相談いたしました。わかりにくい説明、用語などございましたら申し訳ありません。まず我が家の仕様ですが、 屋根材 片流れ(ガルバリウム鋼板)、屋根断熱、断熱材(発泡ウレタン充填)、             外壁 大壁工法? 下地サイディング(厚み14mm ...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

ウレタン吹付の小屋裏の換気

小屋裏の換気をしたいのですが、どうしたらよいかわかりません。我が家はウレタン吹付で断熱してあります。小屋裏は屋根、天井、壁面にもウレタンが吹き付けてあり、小屋裏の空気は外にも室内にも出入りがなく、孤立した密閉空間になっています。夏場は一度温度が上がるとなかなか下がらず、居住空間の方も温度が高くなりがちですし(気密性はあるので冷房はききます)、小屋裏の換気が全くされていないことが心配です。パナソニッ...

回答者
坪山 利明
ハウスリフォームアドバイザー
坪山 利明

軒天に木目調ボード

軒天に木目調ボードを貼りたいのですが、既に外側(一番端)に横一列に通気口があるボードが貼られています。しかも白です。通気口は塞ぐ事は出来ませんよね?もしボードを貼った場合外側だけ白とゆうのがどうしても納得出来ません。解消する方法があれば教えてください。宜しくお願いします。ちなみに施主に確認せず勝手に貼られました。

回答者
大沼 徹
建築家
大沼 徹

軒下 通気口について

北海道なのですが築20年の中古住宅を購入したのですが寒いです。屋根裏を確認したところ軒下に通気口ががたくさんあり外と全く同じ状態になっています。天井には10センチくらいのグラスウールが1枚づつ敷き詰められていました。グラスウールが足りないのかとも思いましたが冬だけ通気口をふさいでも家に結露などの問題がなければふさぎたいと思うですがやってもよいのでしょうか?現在は結露はほぼありません。またふさいでも...

回答者
上村 美智夫
建築家
上村 美智夫

専門家が投稿したコラム

エアコンからの異音について

皆様こんにちは。 アライバルの柳です。 今回のコラムはエアコンからの異音について書きたいと思います。 夏になるとエアコンを作動させる機会が増えると思いますが、 エアコンからポコポコという異音がする場合があります。 気密性の高いマンションで、 エアコンの使用と同時に、換気扇等を運転している時等に、 室内の気圧と室外の気圧のバランスが崩れることによって、 このポコポコという音が発生する場合があ...

柳 一幸
執筆者
柳 一幸
不動産業

「ふじようちえん」見学 その2

昨日に引き続き、「ふじようちえん」を建築士会デザイン研究会で見学したとき感じたことです。 (専門家プロファイルからご覧の方はこちらから↓) http://ameblo.jp/yasuragi-kaigo/entry-11682874372.html 屋上の回遊フロアで、もう一つ感銘を受けたのは 自然の取り込み方です もともと存在していた木々を、建物に取り込んでいるため...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

棟換気塔

世田谷で進行中の「ふたりの家」。 屋根工事もほぼ終了し、屋根の一番上に取り付けられる「棟換気塔」が取り付きました。 屋根に「棟換気塔」を設けることで、屋根の中に設けた通気口から、熱や湿気を排出し、カビや結露を防ぎ、木材の耐久性を高めます。 熱が小屋裏に伝わりにくいので、室内も熱くなりにくく、省エネにもなります。 通気工法はすっかり、定番になりつつあります。 ...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

底冷えしない基礎づくりとは?

9月の中ごろから工事を着工したシアワセユタカビトの家K邸。 基礎が完成しました。 この家は、基礎内断熱工法を採用しています。 もう少し具体的に言うと、基礎に外気を取り入れる通気口を設けず1階床に換気スリットを設けて部屋内と空気を循環させる方法です。 この工法なら真冬でも床下は寒くならないので、底冷えがしない家造りが可能です。 10月21日には上棟式を迎える予定です。...

八納 啓造
執筆者
八納 啓造
建築家

湿気を逃がす

ティンバーフレームの家が出来るまでをダイジェストで書いております。 さて、そろそろ完成に近づいてきましたが、ここで… 日本の住宅の一番の大敵は何か? それはやはり 『高温多湿』 でしょう。 夏にジメジメと湿度が高く、冬は空っ風で乾燥、実はこの気候は世界的には稀。 アメリカでもヨーロッパでも、夏はカラッと、冬は雪も降り湿度も高い、これが当たり前。 ...

鈴木 克彦
執筆者
鈴木 克彦
建築家

サービス

中古一戸建ての内覧会同行検査 インスペクション

中古住宅の健康診断は売り主・買い主にとって必要です。

カテゴリ:住宅検査・測量全般

料金:43,200(税込)

場所:出張/場所指定

堀 紳一朗

堀 紳一朗

(一級建築士)

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

カテゴリ:住宅検査・測量全般

料金:43,200(税込)

場所:出張/場所指定

堀 紳一朗

堀 紳一朗

(一級建築士)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「通気口」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (25件)

  • コラム

    (5件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (2件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索