「退職金運用」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月17日更新

「退職金運用」を含む検索結果一覧

8件が該当しました

利用者からのQ&A相談

退職金の受け取りについて

早期退職をすることになったのですが、退職金を一時金で受け取るか企業年金連合会に移管するかで悩んでいます。転職予定ですが、まだ就職先は決まっていません。金額は190万円です。移管した場合:(1)一時金で受け取る時に引かれる税金が18万減る。(年金で受け取るときに税金はかかると思いますが。。。)(2)年利2%くらいで運用してくれるのでお金は増える。(3)30代後半のため、今から30年後くらいに受け取る...

回答者
杉浦 詔子
ファイナンシャルプランナー、カウンセラー
杉浦 詔子

資産運用について

退職金運用について夫59.妻58退職金の運用について専門家より毎月分配型の投資信託の加入を提示されました。(年金は60歳からの為、毎月の定期的な収入が必要とのこと)日興・AMPグローバルREITフアンド(へッジなし)500万日興・高金利通貨ファンド500万日興・グローバルリブゾンオープン1000万日興・CS世界高配当株式フアンド500万東京海上日動ファイナンシャル生命1000万毎月分配金が約20万...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

資産運用をはじめて行うポイント

退職金を用いて、初めて資産運用にトライしたいと思っています。初めてでも安心して行える資産運用のポイント、注意点、初心者にふさわしい商品など教えてください※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

回答者
ファイナンシャルプランナー

専門家が投稿したコラム

退職金運用7割近くは評価損

フィデリティ退職投資教育研究所によれば、退職金の運用している人の7割近くは損をしているようです。 確かに弊社に相談に来られる退職者で既に退職金の運用をしている人で利益を得ている人というのは少ない。それらをよくよく検証してみると、金融機関などで言われるままに投資信託などを購入しているからです。そのほとんどが手数料の高いものであったり明らかにリスクが高いものであったりするのです。例えば手数料が3%...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

退職金運用7割近くは評価損

  フィデリティ退職投資教育研究所によれば、退職金の運用している人の7割近くは損をしているようです。 確かに弊社に相談に来られる退職者で既に退職金の運用をしている人で利益を得ている人というのは少ない。それらをよくよく検証してみると、金融機関などで言われるままに投資信託などを購入しているからです。そのほとんどが手数料の高いものであったり明らかにリスクが高いものであったりするのです。例えば手数料が3...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

「資産運用でリスクを上手にコントロールする3つの方法」

新年を迎えて、新しいチャレンジとして資産運用に取り組んでみようと考えられている方は多いと思います。 12月の政権交代以降、株高・円安の流れで進んでいるので、雰囲気的にはスタートには良さそうな時期でもあります。 しかし、その一方で「リスク」を過度に恐れて、二の足を踏んでしまう方もいると思います。 そのような方に向けて、「リスク」について改めて確認することと、上手にリスクをコントロールするための基本...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「日本株インデックスファンドの選び方」

クリスマスも終わり、いよいよ年越しが近づいてきましたね。 一年の節目を迎えて、「来年こそは貯金をするぞ!!」「資産運用でも始めてみよう」などと意気込んでいる方も多いと思います。 そのような方に向けたコラムを、BIGLOBE週刊マネー講座に書きました。 興味のある方は読んでみてください。 「日本株インデックスファンドの選び方」 http://loan.news.biglobe.ne.jp/col...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「住宅ローン金利、最低水準」

最近、銀行など金融機関の営業担当者の方の、弊社への来社頻度が高くなっています。 低金利の長期化を受け、各金融機関は住宅ローン金利の引き下げを加速して、過去最低水準へと下げている関係で、住宅ローン利用者獲得に力を入れているためです。 三井住友銀行によれば、『平成24年7月の金利が、同行にて超長期固定金利プランを開始した平成15年3月以降、最も低い水準の金利の「20年超35年以内2.51%」になり...

後藤 一仁
執筆者
後藤 一仁
公認不動産コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「退職金運用」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (3件)

  • コラム

    (5件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索