「軽犯罪法」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

吉田 武志
吉田 武志
(建築家)

栃木県宇都宮市で注文住宅・リフォームならヨシダクラフト

マーチン
マーチン
(恋愛アドバイザー)

素直にまっすぐな気持ちで、真心をもって恋をしよう。

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

閲覧数順 2017年09月20日更新

「軽犯罪法」を含む検索結果一覧

20件が該当しました

利用者からのQ&A相談

スタンガン

私はあることがきっかけで、警察に保護されました。しかし、私はスタンガンを持っていました。保護していただいた先の警察署内でそれが見つかり、軽犯罪法違反となりました。先日、検察庁から呼び出しの通知をいただきました。こういったことは初めてなので不安です。もちろん、犯罪を犯そうとして携帯していたのではないですが、防犯にしては過ぎたものだと反省しております。検察庁では一体何をするのでしょうか。また、この件に関して有罪(という表現が正しいのでしょうか)になった場合、私はどうなる可能性があるでしょうか。

回答者
奥村 徹
弁護士(大阪弁護士会)
奥村 徹

軽犯罪法違反について

従業員の更衣室で盗撮をして警察で取り調べなどを受けました。軽犯罪法違反という罪名を言われました。この先、検察庁から呼び出しなどあるのでしょうか。その際、どのような罰が考えられるのでしょうか。また、検察庁からの呼び出しは電話でしょうか、郵送でしょうか。郵送だとしたら、普通郵便としてきますでしょうか。私は転居届を出しており、転送不要で送られたりするのではないかと不安です。

回答者
安達 浩之
弁護士
安達 浩之

軽犯罪法の警察側からの1回目の接触について

初めて書き込み質問させて頂きます。私の親族がこの度、軽犯罪法違反と言う罪状で警察の方から取調べを受けました。犯した罪は追いかけと盗撮と軽蔑に値するものですが、少し話を聞いていて疑問に思ったことがありましたのでご意見を伺いたく書き込みさせて頂きました。その親族の話では一回目の接触からいきなり会社に警察の方が5、6人が来てその内の二人が店内に入ってきて奥の部屋で店長と話し呼ばれて問い詰められ、車などを...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

侮辱罪? 虚偽告発? 泣き寝入り?

昨年、窃盗の嫌疑をかけられ、自分の所持していた現金を指紋照合のため、警察に提出し、事情聴取うけ、最終的には被害届を出した相手の指紋はでませんでした。そして、捜査打ち切りの連絡がありました。当時、相手は現金がなくなっている!犯人は○○だと思う!と公衆の面前でなんの証拠もなく名指しで自分の名をあげ、他の誰もが調べられることなく、警察に連行されました。警察とのやりとりは、捜査打ち切りで終わったのですが、...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

起訴について。

先日、新宿路上で職務質問され、鍵に付けていたツールナイフ(刃渡り4cm)が軽犯罪に当たるとして事情聴取・調書作成されました。指紋と写真もとられました。その時の警察官はとても丁寧な対応をしてくれ、全ての手続きは1時間程度で終了。調書に反省文のような内容も入れてくれました。また、「書類は検察庁に送るが軽微なので99%不起訴で終わると思う。前歴にはなるが、今後同じようなことをしなければ問題ありません」と...

回答者
大塚 隆治
弁護士
大塚 隆治

専門家が投稿したコラム

Blog201402、廃棄物処理法の最高裁判例、刑事

Blog201402、廃棄物処理法の最高裁判例、刑事 廃棄物の処理及び清掃に関する法律についての最高裁判例 最高裁平成18年1月16日・刑集60巻1号1頁 廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反被告事件 【判示事項】 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(平成15年法律第93号による改正前のもの)25条4号にいう「第12条第3項(中略)の規定に違反して,産業廃棄物の処理を他人に委託した」...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

最高裁平成18年2月20日・刑集60巻2号182頁(野積み事件)

最高裁平成18年2月20日・刑集60巻2号182頁(野積み事件) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反被告事件(不法投棄罪) 【判示事項】 工場から排出された産業廃棄物を同工場敷地内に掘られた穴に投入して埋め立てることを前提に、その穴のわきに野積みした行為(判文参照)は,廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条違反の罪に当たる。 【参照条文】 廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条 ...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

最高裁平成18年2月28日・刑集60巻2号269頁(不法投棄罪)

最高裁平成18年2月28日・刑集60巻2号269頁(不法投棄罪) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律違反被告事件 (不法投棄罪) 【判決要旨】  一般廃棄物収集運搬業の許可を受けた業者が,一般廃棄物たるし尿を含む汚泥と産業廃棄物たる汚泥を混合させた廃棄物を,一般廃棄物と装って市のし尿処理施設の受入口から投入する行為は,その混合物全量について,廃棄物の処理及び清掃に関する法律16条...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

『重要判例とともに読み解く 個別行政法』、要約など(その1)

亘理格・北村喜宣編著 『重要判例とともに読み解く 個別行政法』有斐閣(2013年4月) 各種の行政法分野の法律の概要、最高裁判例が簡便にわかる。 行政訴訟においては、原告適格、処分性、訴えの利益、損失補償の要否、国家賠償請求などが重要論点となる。 第1章 行政組織法・行政手続法 「行政手続法」 行政処分に理由付記が必要とされているのは、処分理由の合理性の担保、行政庁の恣意抑制、申請者...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

「国有財産法」

「国有財産法」 (国有財産の範囲) 国有財産とは、国の負担において国有となった財産又は法令の規定により、若しくは寄附により国有となった財産であって次に掲げるものをいう(国有財産法2条1項)。 一  不動産 二  船舶、浮標、浮桟橋、浮ドック、航空機 三  前二号に掲げる不動産・動産の従物 四  地上権、地役権、鉱業権その他これらに準ずる権利 五  特許権、著作権、商標権、実用新案権そ...

村田 英幸
執筆者
村田 英幸
弁護士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「軽犯罪法」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (13件)

  • コラム

    (7件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索