「貯蓄性」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「貯蓄性」を含む検索結果一覧

524件が該当しました

専門家をご紹介

後藤 吉尚

ファイナンシャルプランナー

一生付き合う保険には、一生付き合えるアドバイザーが必要です

生命保険は一生を通じて付き合っていく商品です。現在30代の私は、年齢的にも保険に入ったばかりの20代の方から、小さいお子さんを抱えた30代、ある程度家計にゆとり…

後藤 吉尚

利用者からのQ&A相談

ユニットリンクを加入1年で払済にしてもいいのか迷っています

35才の男です。家族は34才の妻、6歳、1歳の子供です。(来年もう1人生まれるかもしれません。)1年前に子供が新たに生まれたこともあり、すべての保険をお任せしている営業の方に生命保険の相談をしました。その際「貯蓄が1000万円強あることもあって、貯蓄は運用したほうがいいし、何かあれば10年以降なら解約しても損しないし、途中で支払い金額も減らせる」とのことで、ユニットリンクを進められ、月々支払いが私...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

個人年金、ユニット・リンク等についてご相談です。

家計のやりくりのため、及び保険内容が安心できるものに見直そうと、保険見直しを数ヶ月前からFPの方と相談しています。(FPとの相談は保険マ**スで申し込みをしました。FPとの相談は何度でも無料となっています。)現在、夫と私の2人暮らし。子どもを持つ予定もありますが、すぐではありません。妻の私は現在専業主婦ですが、そろそろパート等をする予定です。今回の相談は主人の保険についてです。内容は、ア*サのユニ...

回答者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー
岡崎 謙二

老後資金と家計診断

初めまして。よろしくお願いします。 妻が今後同じ年収のままでも老後にゆとりある生活(月30万程度)ができるか教えていただきたいです。夫42歳 会社員 税込年収670万 退職65歳予定 妻39歳 パート 税込年収120万 退職55歳予定子供4歳 2歳子供はともに大学まで行く予定。奨学金は借りません。毎月の支出食費50000円日用品30000円 オムツなど含む光熱費25000円ガソリン15000円 2...

回答者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー
渡辺 行雄

保険の解約について

先日知り合いに勧められて生命保険に加入しました。しかし後日、身内が別の生命保険に加入させていたことが判明しました。内容としては身内が加入させていた保険のほうが保障が良く、知り合いからの勧めで加入した保険を解約したいと思っております。返金額などは特に気にしていないのですが、すぐに解約してしまうと担当者にペナルティーがいってしまうとちらほら見かけました。担当者が知り合いなだけにもし何かペナルティーがいってしまうと思うと、解約を言い出しづらい状況です。どうすればよろしいでしょうか?

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

定年間近の保険の見直しについてアドバイスをお願いします

現在、主人が加入している保険が更新型で終身保険が120万円入院給付金が1万円定期部分が1700万円その他の特約が付いて、月額29000円ほど払っております。2年前に更新したのですが、終身部分があまりにも少なくて、保険料も高いので見直したいと思ってます。年齢が65才なので、どうしたらよいかアドバイスをお願いします。(できたら終身を400万円~500万円にしたいのですが)宜しくお願いします。

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

専門家が投稿したコラム

値上げの春

今年に入り円安や資源高の影響で原材料のコストが増えており 物の価格が上昇しています。 例えば、オリーブオイルは4月から約10%上がりますし、 サラダ油も値上がりします。家庭用ののりにおいては平均15%値上げ また5月からですが、ティッシュ・トイレットペーパーなどの家庭用紙製品も 10%以上値上げされます。これらは円安や資源高だけでなく、物流費高騰も あるからのようです。電気料金も10社...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

標準利率改定でも慌てて保険に入らないほうがよい

来月(2017年4月)から生命保険の標準利率が現在の1%から0.25%に引き下げられる影響で、多くの生命保険商品で保険料が値上がりするため、保険の提案を受ける方が増えているようです。私のところにもお客様からの問い合わせが増えています。貯蓄性のある生命保険の中には2割以上の大幅な値上げとなるケースもあるため、なんとか今月中に加入をしておきたいという気持ちはわかります。 超低金利ですでに魅力のある貯...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

運用利回り低下により、貯蓄型保険の優位性はなくなる

1.標準利率の引き下げにより、生保の予定利率も引き下げらる 本年4月より金融庁が定めている標準利率が1.00%⇒0.25%により、生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)が引き下げらる。 標準利率は金融庁が国債利回りをもとに決めているもので、生命保険会社は契約者から預かった保険料を主に日本国債で運用している。 現状は、日銀のマイナス金利政策による国債利回りの低下で生...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

生命保険のラストチャンス

マイナス金利の影響で、昨年から、「貯蓄性の高い生命保険」が販売停止になったり、保険料が値上げしたり、という傾向に続いています。特に、この3月までが「ラストチャンス」…? ところで、「ラストチャンス」を狙うだけなのでしょうか? もし、既に、「貯蓄性の高い生命保険」の契約がお有りなのでしたら。ラストチャンスを狙って、新たな契約を追加する、という選択肢の他に、「契約済みの生命保険」の保険料を一部前納...

大泉 稔
執筆者
大泉 稔
研究員

保険商品を使った貯蓄は良いのか?悪いのか?

先日、とある保険会社の社員に電話してみると、 「来年に、貯蓄性保険の利回りが下がるかもしれない。」 といった話をお聞きしました。まだ不確実な話ですが、マイナス金利が保険会社の経営に大きな影響を与えていることが伝わりました。 保険商品では貯蓄ができないと、私がCFP(R)を取得した2000年頃には一部の方がすでに言われていました。貯蓄性商品の年換算利回りも2%を下まわっており、私も保険商品で貯...

上津原 章
執筆者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー

サービス

実務家FPによる生命保険の見直し相談(電話相談)

割安なのに安心できる生命保険・医療保険プラン作り

カテゴリ:保険設計・保険見直し全般

料金:3,240(税込)

場所:---

平野 雅章

平野 雅章

(ファイナンシャルプランナー)

実務家FPによる生命保険の見直し相談

割安なのに安心できる生命保険・医療保険プラン作り

カテゴリ:保険設計・保険見直し全般

料金:3,240(税込)

場所:神奈川県横浜市神奈川区

平野 雅章

平野 雅章

(ファイナンシャルプランナー)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「貯蓄性」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (396件)

  • コラム

    (125件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (2件)

  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索