「誤嚥」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「誤嚥」を含む検索結果一覧

35件が該当しました

利用者からのQ&A相談

猫の体調が悪いです

2歳の雌猫です。3日前から食欲がなくグッタリとしていて、今日の夕方病院に連れていきました。体温は40℃で、触診では特に異常はなく消化管運動機能改善剤というお薬をもらい、抵抗するのを無理矢理飲ませました。そのあと少しして胃液だけ吐いてしまって、呼吸が早く苦しそうにしています。口から涎を垂らしたりもしています。今日は、水は飲みましたが何も食べていません。今は風通しの良いところで横になっています。どうしたらいいのでしょうか。回答をお願い致します。

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

生後3か月の子猫の努力性呼吸について

よろしくお願いいたします。我が家に、保護時の状況から、母猫に生み落された生後3か月半の子猫がいます。保護当時、体重約90gでへその緒をつけたままでした。その仔猫が生後2か月のときに肺炎を患い、一時は開口呼吸になりましたが、自宅で酸素ハウス療養と毎日の輸液点滴と抗生剤でどうにか命は助かりました。が、そのあとの努力性呼吸が治まりません。元気はあります。ご飯はロイヤルカナンの退院サポートとベビー用(ウェ...

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

猫の肺炎による酸素吸入について

我が家には16歳になる猫がいます。約2年前に糖尿病を発症、昨年11月に腎不全を発症しました。糖尿病については1日2回のインスリン投与、腎不全は経鼻チューブによるリーナルケアを注入しています。そして7月末には肺炎に罹ってしまいまた。レントゲンで見ると片肺は真っ白で先生が言うには「肺機能が戻ることはないでしょう」との事。「呼吸も大きく早い、自然に見守ってあげては…」と言われましたがリーナルケアを吐き戻...

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

犬生後8ヶ月 食欲不振と便が緩い

我が家の犬はミニピン♂8ヶ月で体重3キロ強です。いつもはガツガツ食べていたのにここ数日食欲がなく便も緩い状態です。餌の匂いを嗅いで数粒食べ~ひとり遊びをして食事に対して興味をしめしません。手で与えると食べます。思い当たる節としては1~2週間かけて餌をヒューマングレードのモノに変えたくらいです。数ヶ月前に咳を良くしていて病院にかかり、誤嚥性肺炎と診断され薬を処方してもらいました。その後は症状もないのですがそれが影響していることはありますでしょうか?

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

咳 むせる 吐く トイプードル2才雌

小さいときから水を飲むと必ずむせています。高さや形状、思い付く方法で水をあげましたが、すべてむせてしまうのです。最近むせかたが長く切れが悪くなりました。興奮したあとも咳ばらいをするようになりました。たまにですが、半透明の液を吐くこともあります。関係あるか分かりませんが、座ってる時の姿勢も、背中を丸め頭を下げ顎をつき出すようにしています。もちろん病院いきましたが、検査はレントゲンのみ。気管が細い、肺...

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

専門家が投稿したコラム

歯周病

歯周病が及ぼす全身への影響についてです。 現在、成人の約8割が歯周病に罹患してると言われています 歯周ポケットから侵入した病原因子が全身を駆け巡ります。 歯周病の予防と治療の最大の目的は、歯が失われることを防ぎ、お口の機能を維持することです。1990年代の後半以降、歯周病が全身疾患や全身の状態に影響を及ぼすことが明らかになり、全身の健康を守るためにもお口の健康が重要であると認識されるよう...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

歯科定期健診

半年に一度は歯科へ定期健診に行ってます。 半年毎ですので小さい虫歯が見つかっても、その日で治療が簡単に済みますし、歯石もとってもらうとスッキリしますね。 8020運動として上15本・下14本が現役ですが、今後何本朽ちてくるかは日ごろのメンテ次第だと感じます。 ネット画像より 歯周病予防も含め、口腔内清潔は高齢者になってからの誤嚥性肺炎や認知症も予防できますので、悪くなってからの...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

歯周病と肺炎の関係

歯周病菌は肺炎の原因となるものが多いのです 肺や気管は咳など身体が生理的に反応すること によって守られています。 しかし生理機能が衰えると自らの唾液や食べ物が 誤って肺に入り肺炎を起こしてしまいます これを誤嚥性肺炎といい唾液中に含まれる細菌が主な原因です。 特に高齢者、認知症、脳血管障害、手術後など飲み物の飲み込 みを上手く行えない人は特に注意が必要...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患とのかかわり こんにちは 梅雨の合間の晴天が続いていますね 気温差も激しく体調を崩されている方が多いようです 体調管理にいろいろと気を使われていると思いますが 歯周病が全身疾患に及ぼす悪影響があります 1.糖尿病 2.心疾患 3.早期低体重出産 4.誤嚥性肺炎 5.骨粗鬆症 これらがどの様に関与しているか...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

口腔内清潔は健康に繋がる

歯周病や虫歯は、単に口腔内の病気に留まらず細菌が全身にまわり様々な病気を引き起こすと言われています。 特にお年寄りのかたは、誤嚥性肺炎など肺に悪影響を及ぼすので口腔内清潔は重要ですね。 「歯磨き」がポイントになるのですが、握力や腕力が低下したかたは自己ブラッシングが億劫になりがちです。 そこでオススメなのが「音波振動ハブラシ」 Panasonic 音波振動ハブラシ ドルツ シルバー調...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「誤嚥」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (22件)

  • コラム

    (13件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索