「評価制度」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「評価制度」を含む検索結果一覧

135件が該当しました

専門家をご紹介

掛川 幸子

現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト

とことん信じるということ。相手を想うということ。

私は何よりも相手を信頼すること、大切にすることをモットーとしています。自身の心のあり方もそうですが、いつも相手をとことん信頼する力は、きっと自分にとっても…

掛川 幸子

利用者からのQ&A相談

賞与

10名未満の中小IT企業総務です。弊社の賞与査定はこれまで代表の独断で行っておりました。社員から基準の不明確さへの不満の声を聞くようになり、今冬も取り急ぎなにか対策をしなければとは思うのですが、私自身経験が浅いためどのような査定基準を準備するべきか、またどのような基準ならば社員が納得するのか分かりません。一般的に同規模の企業ではどのような査定を行っているものなのでしょうか。(※今後しっかりした人事制度を構築しようとは思っております。)とても漠然とした質問ですが、宜しければご回答お願いいたします。

回答者
星 寿美
経営コンサルタント
星 寿美

会社からの評価に納得できません

中小企業の製造業で勤続10年、業務を行っている男です。現在は5名の営業所で、上司である営業部長(所長)、営業の後輩3名と働いています。入社当初は現社長の息子(営業)と2人体制でしたが、引継ぎや教育も無い中、不在時の営業代理対応も行って自力で仕事を覚え、また効率よく仕事を回す為に勉強してイラレやフォトショを覚えたりもしました。そして仕事に慣れてくると、社長の息子がしかるべき仕事をしない事で、そのフォ...

回答者
笹木 正明
キャリアカウンセラー
笹木 正明

営業力の差をなくすには?

営業マンによってスキルや業績等営業力に個人差があります。能力の差よりも意識の差が大きいように思うのですが、営業力の差をなくすための効果的な方法を教えてください。※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

回答者

特殊な土地売りについて質問です

当初、未完成の建売住宅の購入を検討していました。分譲地で建売住宅と土地売りが混在する場所で、 申し込みが早く建築確認前で、まだ間取りの変更が多少できるとのことだったので建売を検討していたのですが、仕様について長期優良住宅をとってほしいなどと私たちが色々と要望を出していたら、土地売りの場所に建売のメーカーと同じところで建てるなら同等の値段(見積もりはもらっています)で、打ち合わせを通して間取りを自由...

回答者
向井 啓和
不動産業
向井 啓和

人事評価について

私の職場では、昨年から人事評価によるボーナス・昇給等の査定が、試行期間も設けずにスタートしました。 内容は、10項目程度の評価項目の自己評価を行い、支店長に提出し。支店長との面談の後、支店長が作成した評価表を本店に提出。最終の評価が本店(役員)で決定され、支店長を通じて評価を知らされるという流れです。 流れについては特に問題は無いと思うのですが、フィードバックの内容等について疑問点(問題点)があり...

回答者
宍戸 芳雄
研修講師、医療機器開発コンサル
宍戸 芳雄

専門家が投稿したコラム

「高い自己評価」と同じく接し方が難しい「過小評価と自己犠牲の人」

 人事評価制度の中に、「自己評価」の仕組みを取り入れている会社は多いと思います。  ここで、評価者の側では感じることがあると思いますが、この「自己評価」がいつも高いという人がいます。    その理由として、単なる自信家ということもありますが、「自己評価」をアピールの場と捉えていて、実績を過剰に主張している場合もありますし、そもそも評価基準があいまいなために、「自分は頑張ったから」という感覚的...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

「善悪を見分け、行動する力」をつけるには

どうすればいい? 不祥事を起こした企業に必要なこと。 それは、 「善悪を見分け、行動する力」の強化 です。 でも、この力は ありきたりな研修をさらっとやらせても強化できません。 なぜか? 不祥事の再発防止に必要な  「善悪を見分け、行動する力」の根本は、  【ものごとの価値を判断する力】 もっと言うと、 「全人格を賭して行う『価値判断』」 にある からです。 ***********...

中沢 努
執筆者
中沢 努
コンサルタント・研修講師・講演講師

悪い評価を避けること、伝えないことで起こる不都合

 人間にはそれぞれ個性があり、同じようにそれぞれの能力には違いがあります。会社で仕事をする上で、その結果や成果やプロセスには、それぞれ違いが出てきます。    そんな中では、もちろん少ないに越したことはありませんが、仕事の結果が出ない、成果が乏しい、作業が遅い、ミスが多いなど、業務上での能力不足と評価をせざるを得ない社員がいます。こんなときの会社からの本音として、「できれば辞めてもらいたい」な...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

提案・研修で使える|組織・人材の変革のための「7S」|モノクロZUKAI

7Sとは コンサルティング会社のマッキンゼー社が考えたフレームワークで、組織変革の順序とやるべきことを、もれなくダブりなく示唆しているモデルである。 ①トップの明確な戦略、②戦略にともなう組織構造づくり、③新戦略にともなう人事システムや情報システムなどの整備を行うことにより、求められる④人材、⑤行動特性、⑥技術・スキルなどの気づきや変化を与え、⑦組織共有の価値観を除々に変革していく。①トップ...

高木 仁
執筆者
高木 仁
フランチャイズビジネスコンサルタント

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ4:その5

「成長が遅いスタッフは、ほんの少しでも成長したときにそれを自覚していないひとが多いのです」 私が、部下育成に悩んでいたときに、ある上司がこのように教えて下さいました。 人間は、ゲームの中のキャラクターではありませんから、魔物を1匹やっつけたあとに「ちゃらら~ん」と音が鳴って、レベルが上がったとか、攻撃力や守備力がアップした何てことはわからないのです。 もちろん、チェックリストや...

松下 雅憲
執筆者
松下 雅憲
店長育成・販売促進ナビゲーター

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「評価制度」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (43件)

  • コラム

    (91件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索