「証券化」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「証券化」を含む検索結果一覧

123件が該当しました

利用者からのQ&A相談

投信エネレボの今後の見通し

1年前に始めた投資信託が現在-40%以上に減ってしまいました。アメリカのエネルギー革命に関する2023年9月までの商品なのですが最近は原油価格が暴落したりでどんどん基準価格も下がってきている感じがします。原油価格の暴落や基準価格の半減は一時的なものとみて信託期間まで長い目でみてこのまま持ち続けた方がいいのか、潔く手放した方がいいのか迷っています。今後のアメリカのパイプラインの業種は将来性があるので...

回答者
荒川 雄一
投資アドバイザー
荒川 雄一

MRI 投資について

MRI INCという会社が盛んにネットで宣伝を入れていますが、この会社(投資商品)信用出来ますでしょうか。なにせ外国の会社ですし、セキュリテイも万全と謳っていますが、外国の事。いざとなれば英語も通じずチンプンカンプン・・・。東京に事務所があるといってもほんの数人の貸事務所。それと会社の財務諸表(といっても私はこれを見ても理解できませんので要するに、どのぐらいの損益で推移しているのかが分かる書類の事...

回答者
小林 治行
ファイナンシャルプランナー
小林 治行

投資信託を始めようと思っています

25歳会社員です。現在定期預金で300万ほどあります。最近になって投資に興味を持ち始めようかと思っています。ネットや本で投資について勉強し以下のように購入しようと思っています。・国内株式、国内債券、外国株式、外国債券の4つを基本とし 新興国株式なども5%~10%ほど購入 国内外・株式債券にリスクを分散させるためと長期的な運用を予定しているので 新興国も含めています。・販売手数料無料(ノーロード)の...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

著作権信託のしくみとは?

「著作権信託会社」のしくみについてニュースで見たのですが、どうもよくわかりません。このしくみを利用することで、どういうメリットがあるのでしょうか?

回答者
河野 英仁
弁理士
河野 英仁

なぜ円高なのですか?

世界通貨安の状況の中で、なぜ円だけが値上がりしているのか教えてください。

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

専門家が投稿したコラム

アパートローンバブルはもうすぐ崩壊??

忍び寄るアパートローン破産!? 金融機関による昨年の不動産向け融資は12兆円超となり、過去最高を記録したのは新聞などの報道でご承知の通りだろう。 特に、2015年の税制改正で相続税の課税強化にともない、がぜん賃貸住宅需要が増加した。 加えて、マイナス金利政策で貸出先を模索する銀行などはこうした融資に動いた結果だ。 しかしながら、賃貸住宅の増加は人口減少社会には似つかわしくない状況で空き家対...

寺岡 孝
執筆者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

忍び寄るアパートローン破産!?

忍び寄るアパートローン破産!? 金融機関による昨年の不動産向け融資は12兆円超となり、過去最高を記録したのは新聞などの報道でご承知の通りだろう。 特に、2015年の税制改正で相続税の課税強化にともない、がぜん賃貸住宅需要が増加した。 加えて、マイナス金利政策で貸出先を模索する銀行などはこうした融資に動いた結果だ。 しかしながら、賃貸住宅の増加は人口減少社会には似つかわしくない状況で空き家対...

寺岡 孝
執筆者
寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

紙を支配したジェノヴァ人

太陽の沈まぬ国と称されたスペイン絶頂期における、絶対主義の代表君主であった、かのフェリペ2世。 1556年に即位し、翌年に最初のバンカロータ(破産宣告)を行いました。 21日、金融緩和策を総括的に検証しその結果を発表した日銀。 金融緩和強化のための新しい枠組み「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」が導入されることになりました。 昨年までの主な長短金利推移は以下の通りです。 ■国債金利・年平均推...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

何故、フラット35からフラット35への借り換えができるのか

 最近の借り換えブームで、よく質問されるのがフラット35からフラット35への借り換えの可否です。通常の借り換えは他行への借り換えであり、そう考えるとフラット35も無理な気がしますが、証券化という仕組みを使っているため可能なのです。 証券化というのは、住宅ローン債権を生命保険会社などの機関投資家に転売し、フラット35を扱っている住宅金融支援機構は債務者(借入者)からの回収に責任を負い、機関投資家は一...

沼田 順
執筆者
沼田 順
ファイナンシャルプランナー

「レセプト債券 またもや破たん!」

こんにちは! さて、この度「レセプト債」を発行していた3社と運営会社が、 破たんしたという報道がありました。 「レセプト債」とは、医療機関の診療報酬の請求権を買い取って、 社債などに証券化された金融商品のことです。   医療機関の診療報酬という“裏付け”をもとに、ファンド化し、 資金を集める商品ですが、今回、発行会社の資産の合計額が、 明らかに債券の発行残高に比べ少ないことが判明し...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「証券化」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (14件)

  • コラム

    (109件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索