「複利」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「複利」を含む検索結果一覧

610件が該当しました

利用者からのQ&A相談

アクサ生命のユニットリンクは本当にいいの??

20代の女性です。生命保険の見直しと資産運用の興味があり、セミナーの特典として独立系のFPさんに相談しました。私の現在加入している保険・預金かんぽ生命 特別養老保険 月々5000円預金合計 115万円相談した結果、FPさんに勧められたのが、・オリックス生命 新キュア・アクサ生命 ユニットリンク保険(有期型)月々10000円ということで、設計書も作成していただき入ろうかなって考えていました。...

回答者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー
釜口 博

ユニットリンク保険への切り替えについて

はじめまして。どうぞ、よろしくお願いいたします。現在35歳で年収540万、貯金は400万です。婚約中の30歳の彼女と今年結婚します。年末か来年早々に入居希望で住宅を建てようとハウスメーカーと打ち合わせ中ですが、ハウスメーカーよりライフプランを検討しましょうということで、アクサ生命のFPさんをご紹介いただきました。ライフプランとしてはこのような感じです。・子供は二人・住宅ローンの借入額は3,200万...

回答者
小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー
小川 正之

初めての資産運用について

資産運用についてご教示ください。36歳既婚コナシです。※子供予定無し。少々出だしは遅いですが、将来のために少しずつ資産形成をと思い始めました。現在の手取りは夫婦合わせおよそ50万/月で、約15-20万/月を預金等に回しております。今まで資産運用というものを一切しておらず(唯一社内持株程度)、またやり方もあまりわからなかったため、ただ銀行に貯金をしているだけの状態です。家計を圧迫しない程度の貯蓄50...

回答者
大山 充
シニア・エグゼクティブ・アドバイザー
大山 充

長期投資においての利益確保について

老後資金を貯めることが目的で長期間(30年間程)投資信託を毎月積み立てる場合、途中で基準価額が上がって利益が出てきても利益確保はするべきではないのでしょうか? 利益確保(一部売却)してその資金を基準価額が下がった時に再度購入するのに活用したらいいのでは?と思う反面、長期間毎月積み立てる事により複利効果があり、税金も取られないのでいいのでは?とも考えています。あくまで余剰資金で行うため途中の利益確保は必須ではありません。今まで通り基準価額の上がり下がりを気にする事なく積立を行えばいいのでしょうか?

回答者
上津原 章
ファイナンシャルプランナー
上津原 章

小規模企業共済と個人型確定拠出年金

個人事業主にて、小規模企業共済とSBIの個人型確定拠出年金に加入しようと考えています。20年間拠出することになります。小規模企業共済と個人型確定拠出年金の積み立て割合に迷いがあります。まず、従業員がいるわけではなく、フリーランスで、1年1年、企業と契約で仕事をしていますので、来年の収入の保証がありません。また、今は全く自覚症状がなく元気そのものですが、持病があるので、将来それによる仕事への影響がな...

回答者
三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー
三島木 英雄

専門家が投稿したコラム

単利と複利の違い

こんにちは川口です。   「単利」「複利」というのは利息の付き方を表す言葉で、運用の際に必ず出てくる基礎用語ですので、ぜひ覚えておいて下さい。   単利 : 当初預け入れた元本に対してのみ利息がつく計算方法です。 複利 : 運用中に発生する利息を元本に繰り入れ、それを新しい元本として再投資し利息を計算する方法です。   言葉で説明するよりも、イメージ図を見て頂いた方がわかりやすいと...

川口 幸子
執筆者
川口 幸子
ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

72の法則

今日は「72の法則」について少しお話します。 知ってる人は知ってますし、知らない人はまったく知らないですね。当たり前か(笑)   これは元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための複利の法則です。   assets72 この法則にしたがって計算すると、金利7%の時代であれば元本は約10年で倍になります。 実は高度成長期後の1970年〜1980年代に日本でもこのよ...

川口 幸子
執筆者
川口 幸子
ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

今から始める老後資金づくり

老後資金をいくらためたらいい? 老後資金はいくら貯めたらいいのだろうか。よく言われるのは60歳までに3000万円。85歳まで生きたとしたら25年間毎年120万円(利息は考慮しないとすると)使えることになります。年金が毎年夫婦で280万円もらえるとすると400万円の収入になります。月約33万円です。今の生活と比べてどうですか。ご自身が老後にやりたいと思っていることはできそうですか。人生を満足して終...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

お任せではだめ投資信託

投資信託とは 複数の投資家から集められた資金をプロが株式、債券などで運用し、得られた収益を分配する商品です。投資信託は、3つの会社が関わって市場に資金を投資します。 ◎販売会社(証券会社、銀行、郵便局など) 販売会社は投資家への相談などにのり、分配金や償還金の支払いを行います。 ◎資産管理会社(信託銀行) 投資家から集めた資金を自社の財産とは分けて分別管理をします。 ◎運用会社(投資信...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

「年金保険、入るなら今」ではない!

   4月から終身保険、年金保険の保険料がUPするようです。それに伴い駆け込みで契約する人が増えているようですが、円建ての商品はもともとが低金利です。低金利の時代に長期で金利を固定する終身保険や個人年金保険の加入はインフレリスクを抱えることになります。インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。例えば、0.5%の金利で20年固定したとしましょう。複利で考えると110%になります。10...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「複利」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (449件)

  • コラム

    (161件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索