「薬物依存」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「薬物依存」を含む検索結果一覧

35件が該当しました

利用者からのQ&A相談

不眠症改善後の団信加入について。

以前、寝付けないことがあり、睡眠導入剤を処方してもらっていました。最終投薬日が平成24年8月17日で、同年9月半ばを最後に服用していません。ローンの借り換えを検討していますが、最終投薬日もしくは最終服用日から3年を過ぎれば、団信告知書の2.過去3年以内に下記の病気で、手術を受けたことまたは2週間以上にわたり医師の治療(指示・指導を含みます。)・投薬を受けたことがありますか。・精神病、うつ病、神経症...

回答者
大泉 稔
研究員
大泉 稔

適応障害と病院選びに関して

はじめまして。昨夏からの業務多忙により、過呼吸、不眠、精神不安定に悩んでいます。症状としては、酷い時は薬を飲んでも30分程の発作が3時間ほど続くため、意識朦朧、手脚の痺れ、貧血が起こります。医師には過換気症候群、適応障害と診断されています。3月から現在まで2回の休職と復帰、現在また休職中です。退社も検討しておりますが、まずは過呼吸発作を治したいと思っています。現在通っている病院(a)では症状改善が...

回答者
国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー
国府谷 明彦

心療内科では何をする?

31歳 女性 独身です。接客業です昨年の5月に結婚を約束していた人を突然の事故で亡くしました。2週間仕事を休み、パートから社員に昇進したばかりだったので、このままではいけないと思い復帰して、ひたすら頑張ってきました。立場も変わり仕事も責任ある内容になり慣れず毎日指摘を受け続け、自分ばかりを責めてきて1年半、日中疲れやすくなり、夢ばかり見て熟睡出来ず、休みの日は外に出る気持ちになれません。人付き...

回答者

薬について

昨日よりジアゼパム2mg一日三回になり、本日になって身体の気持ち悪さや吐き気が出まして夜より中止しましたが、この症状はいつまで続きますか?

回答者

女性の性欲について

現在、夫とセックスレスです。私は29歳で夫とは同い年。結婚4年で2歳の子どもがいます。今年の夏までは普通に普通生活があったのですが、秋くらいからレスになりました。原因は話を聞いても話したがらなくてわからないのですが、私が職場の男性と仕事の用で電話をして、つい楽しくて長電話になってしまい、それからのような気がします。今は、夫から冷めてる、私に対して関心が持てない、女として見れないと言われて、ショック...

回答者
岩崎 治之
柔道整復師
岩崎 治之

専門家が投稿したコラム

覚醒剤精神病 ASKAさんのご病状疑い

覚醒剤とはアンフェタミンとメタアンフェタミン(薬品名:ヒロポン)をさし、1880年代に発見され、当初は治療薬として合成されました。わが国では後者が第二次大戦時に軍事目的で用いられ、特攻隊員が搭乗前に服用させられたり、軍需工場で工員が服用されられたりしたことで有名です。戦後は一般にも流出し、深刻な乱用問題になりました。脳内でドパミンとノルアドレナリンを賦活し、高揚感、過度の覚醒、食欲の減退などを生じ...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

本当の夏バテ対策

今月に入り、暑い日が続いておりますね~~~。 「私は暑さに弱い」という方も多いのではないでしょうか? (^^;   そこで今回は、私の経験上から、夏バテの最大原因の一つと思われる「甘いもの(砂糖)」に付いて書かれた転載記事がございましたので、ご紹介致します。 ☆_(_☆_)_☆   (※以下「女性の美学」より転載)     美容ブログ [女性の美学]     疲労感や...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

「クリーンにしらふで生きるために」アマゾンからkindle版で発売!

(1087円)アディクション治療で著名なミラー博士夫妻による依存症、発達障害、うつ、不安、メンタルヘルスのための自然で効果的な療法についての書。アルコール依存症には回復への道があります! 何度も離脱を試みて失敗している人たちの脳内では、神経伝達物質が欠乏しており、その苦しみから逃れようと薬物依存に戻ってしまうのです。アミノ酸栄養療法やその他の補完医療で神経伝達物質のバランスを整えることで、薬物依存...

遠藤 光政
執筆者
遠藤 光政
カイロプラクター

薬物依存症の治療共同体「ダルク」とは

2016年2月3日、清原和博さんが覚せい剤取締法違反で逮捕されました。2014年に週刊誌で使用疑惑が報じられましたが、本人は頑なに否認し、代わりにお遍路をしたりテレビ番組で潔白を主張したりしていたところでしたから、世間は騒然としました。そして、マスコミは連日連夜、清原和博さんの言動や人格を問題視しました。覚醒剤の所持は反社会的勢力の資金源となるため、厳しく取り締まらなくてはなりません。しかし、本人...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

12月利上げ確率70%。出口のイネーブリング

薬物には習慣性がありますが、それは身体依存と精神依存に大別されます。 摂取をやめると体に禁断症状が現れるのが身体依存、薬物が無いことにより精神不安に陥るのが精神依存です。 身体依存の解消により根治できそうですが、身体依存は禁断症状を鎮めるために薬物摂取する大義名分を与える程度で、薬物依存の本質は精神依存です。 6日、米労働省は10月の雇用統計を発表。 景気動向を反映する非農業部門の就業者数は27...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「薬物依存」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (9件)

  • コラム

    (25件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索