「薬物」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「薬物」を含む検索結果一覧

435件が該当しました

専門家をご紹介

茅野 分

精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

東京・銀座の心療内科・精神科、夜間・土曜も診療しております。

東京・銀座の心療内科・精神科です。夜間・土曜も診療しております。都会で毎日、忙しく過ごされている方々へ、心身の健康をサポートいたします。不眠、不安、うつ病…

茅野 分

田尻 健二

心理カウンセラー

お望みの人生の変化への効果的なお手伝いが私の仕事です

お客様のお悩みの解決や心理的な苦痛の解消・軽減のお手伝いだけでなく、お客様が望まれる人生の変化への効果的なお手伝いができたり希望を持っていただけるようなカ…

田尻 健二

利用者からのQ&A相談

日中の眠気について

ネットで色々調べましたが該当するものが見つけられず投稿します。仕事中眠くて仕方ありません。睡眠時間は25:00〜26:00就寝し、7:30頃目覚めます。夜中はさほど眠くならないのですが、日中の勤務時間中である10:00〜12:00、15:00〜17:00位の時間に眠くなりウトウトしだします。睡眠時間が足りないからかと思い24:00に寝るのをしばらく続けましたが逆効果でいつもより眠気が強くて大変でし...

回答者
吉野 真人
医師
吉野 真人

気分障害

初めまして26才男です。派遣で仕事をしています。今の一番の悩みはカウンセリングを受けるかどうかです。何とか仕事、生活はできていますが辛いときもあるので何とかしたい思いもあります。同じく心の病になっている彼女もいましたが友達になるという形で別れました。カウンセリングに関して生まれて今までこの感じなので自分の性格が悪いと思っていましたがいろいろ自己分析した結果気分変調症かなと思っています。具体的には自...

回答者
田尻 健二
心理カウンセラー
田尻 健二

子宮内膜症の手術を受けるべきか悩んでいます

お世話になります。去年の秋頃に子宮内膜症、チョコレート囊胞、筋腫と診断されルナベルを服用してきました。薬物療法開始後は生理痛も軽くなり調子が良かったのですが、今年の2月から生活スタイルが変化し生理期間以外にも下腹部痛や卵巣の辺りが突っ張るのうな違和感、肛門奥の痛みをまた感じるようになりました。先生の話だと寝不足や疲れで症状が出ている可能性もあるが、癒着が進んでいる可能性もあるため剥がす手術をした方...

回答者
佐藤大樹
引越しカウンセラー
佐藤大樹

足の痺れと痛みと様々な症状

52才の主婦です。昨年5月辺りからふわふわ眩暈がしています。以前もありましたがメイラックスで治りましたが、今は効きません。また、今年の1月から両足の甲から下が痺れて痛みがあり、動いてないのに動いてる感じします。その動きと眩暈が連動している感じです。頭の中でリズムを感じていて、テレビやスマホを観てる時や人と話してる時以外は常にあります。文章を読むのもリズムに合わせて読むので読みづらいです。内科、整形...

回答者
吉野 真人
医師
吉野 真人

自律神経失調症の体質改善について

以前から自律神経失調気味で、脳貧血(ひどいと完全に意識を失います。小学生の頃からです)、立ちくらみ、だるさ、冷え、のぼせ、イライラ、動悸(電車内でなることもあるので軽いパニック障害なのかなと思っています)等の症状が出ます。大学病院で精密検査をしましたが特に異常はありませんでした(てんかん等もなし)特に夏がひどく、炎天下にいると貧血のような熱中症のような症状が出て気持ち悪くなりひどいときは倒れてしま...

回答者
川井 太郎
整体師/あん摩マッサージ指圧師
川井 太郎

専門家が投稿したコラム

★バッチフラワーエッセンス12の叡智④アグリモニー~SNSハマりすぎてない??

いつもメルマガ・ブログを ご愛読いただいてありがとうございます。 さて、昨日まで3日間にわたって 「フラワーエッセンス12の叡智」題して 「インパチェンス~寛容」 「ミムラス~ポジティブ思考」 「クレマチス~グランディング」 の3つついてお伝えしてきましたが 何人かのお客様から学術的なものよりも 一般人にもう少しわかりやすく 臨床例で説明していただけませんか? というご意見をいただ...

TO-RU
執筆者
TO-RU
恋愛アドバイザー

癌 ステージ4からの復帰方法とは

不安な事があったり、 思い悩んだり、 時間がなかったり、 お金がなかったり、 愛されなかったり。。。 上手くいかないこと、たくさんあるよね。 そんな時僕たちはとても 心を傷つけているんだ。 わかりやすく言うと「ストレス」がたまっている状態。 ストレスがいかに身体に悪影響か みんなは知っているかな? まず、ストレスが強いと、 太りやすくなる。 もちろん...

本山nackeyナオト
執筆者
本山nackeyナオト
音楽講師 音楽プロデューサー トレーナー

表面だけを見ていては、トランプ大統領が本当にやろうと思っている事は見えて来ない ①

トランプ新アメリカ大統領に付いて、巷では未だに激しく賛否両論ある様ですね~。 そんな中、日本の報道機関では絶対に報じない、非常に興味深い記事をいくつか見つけましたので、シリーズで転載させて頂きます。 (^^✿   それではまずは、「マドモアゼル愛」さんのブログから♫ (※今回の記事は、トランプ氏が大統領に就任した日のものになります) ☆_(_☆_)_☆     マドモアゼル・愛...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

覚醒剤精神病 ASKAさんのご病状疑い

覚醒剤とはアンフェタミンとメタアンフェタミン(薬品名:ヒロポン)をさし、1880年代に発見され、当初は治療薬として合成されました。わが国では後者が第二次大戦時に軍事目的で用いられ、特攻隊員が搭乗前に服用させられたり、軍需工場で工員が服用されられたりしたことで有名です。戦後は一般にも流出し、深刻な乱用問題になりました。脳内でドパミンとノルアドレナリンを賦活し、高揚感、過度の覚醒、食欲の減退などを生じ...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

反復性うつ病の患者さんへの行動記録による再発予防の試み

京都大学医学部 古川壽亮教授 を主任研究者とした「反復性うつ病の患者さんへの行動記録(iPhoneのくらしアプリとウェアラブル・デバイスを用いる)による再発予防の試み」という臨床研究に協力することになりました。 これは古川教授によるこれまでの臨床研究の歴史の流れに沿うことなります。2009年、「MANGA 研究」 という世界中の精神科医を驚かせた臨床研究に端を発します。これはいくつものSSRIや...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

専門家が投稿した写真・作品

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「薬物」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (257件)

  • コラム

    (172件)

  • 写真

    (4件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (2人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索