「落下防止」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「落下防止」を含む検索結果一覧

20件が該当しました

利用者からのQ&A相談

横木へのL字金具取り付けについて

すみません、先日もこちらでL字金具による家具固定方法について相談した者です。前回いただいたご意見をもとに、壁に横木を取り付けて、横木に家具を固定しようと思うのですが、一点分からないことがあります。横木に家具を固定する際に、ビスは横木を突き抜けない方が強度としては安定するのでしょうか。よろしくお願いいたします。

回答者
松島 康生
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント
松島 康生

L字金具(下向き取り付けについて)

地震による家具転倒防止対策として、L字金具による固定(下向き取付)を考えています。ネットで色々と調べてみたのですが、いまいち取りつけ方が分からず困っています。手順としては、以下のとおりで合っているでしょうか。1.壁に横木を渡して補強2.横木にL字金具を下向きにビス留め3.L字金具と家具の天板をビス留めよろしくお願いいたします。

回答者
松島 康生
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント
松島 康生

瓦屋根の隙間

屋根瓦の下の空間に、ねずみが侵入して困っています。おそらく軒面戸がかじられて穴が開いてるのだと思うので、ふさいでもらおうかと思っています。ですが、軒先以外にも、瓦下につながる1センチ以上の隙間があると、軒先をふさいでも意味がなくなってしまいます。 そこで質問なのですが、瓦屋根というのは、特に瓦がずれたりしておらず、補修が必要ないような状態でも、1センチくらいの隙間はあるものですか?ちなみに、神奈川...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

リビング階段への建具取付

リビング階段への建具取付について、施工依頼も視野に入れて、以下伺いたく存じます。ご専門の方、宜しくお願い致します。【要望】・リビング階段のリビング部分に建具(腰の高さ程度で、ロック機能付き。可能であれば木製引き戸)を取付けたいと考えています。【目的】・乳児がおり、ハイハイや掴まり立ち時の階段落下防止のため・エアコンの冷暖房効率化のため【質問】(1)取付費用見積り(何にいくらかかるかまでご教示頂けま...

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

部分吹き抜けについて

8,000mm×12,000mmの部屋について、1階天井・2階床の一部分を吹き抜けにしたいと考えています。その際、2階床の抜けたところに落下防止の手すりをつけたいと思います。1平米あたりの施工費はおいくら位になるでしょうか。 なお、1階天井・2階床の中には、6つのブレースが入っております。そこはいじらずに、残す状態で(むき出しになってしまいますが)お願いします。

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

専門家が投稿したコラム

スチールフラットバーの手摺

台東区で進行中の「御徒町テナントビル」。 階段の手摺が取り付きました。 スチールのフラットバーを溶接で組んだ手摺。 設置するにあたり、よりシンプルに見せる為に手摺の固定方法にも拘りました。 留め金やベース、ボルト等が表しにならない様、すべて現場溶接で固定。 32×16ミリのフラットバーを使用し、握りやすさにも拘りました。 落下防止の為、細かなピッチでの縦格子状の...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

回遊性とコントラストの狭小住宅 浦安H邸の取材撮影

6月は取材撮影からスタート。 日曜日にお時間を頂戴して 『回遊性とコントラストの狭小住宅 浦安H邸』を訪問しました。 取材・撮影の5人と私たち家族4人の総勢9人でお邪魔しました。 とっても奇麗にセンス良くお住まいです。 例えば紐を編み込んだようなオリジナルの落下防止用ネット。 そしてFRPグレーチングのバルコニーの使い方 =マットを出してお子様の遊び場、お昼寝に活用などな...

中辻 正明
執筆者
中辻 正明
建築家

室内の地震対策は「3ないチェック」で!(画像事例集)

「災害リスクのホームドック」 災害リスクアドバイザーの松島康生です。 東日本大震災や阪神・淡路大震災など過去の地震において、家具類が倒れて大ケガをしたり、家具の下敷きになり身動きが取れなくなるケースが多数ありました。今回は家の中で簡単にできる地震対策を、我が家を事例に具体的な画像でご紹介いたします。     まずはじめに家の中のチェックをしましょう!各部屋や玄関・廊下に倒れてくる家具類...

松島 康生
執筆者
松島 康生
危機管理/BCP/防災計画コンサルタント

街の中の防災

笹子トンネル事故を思う度に人間は、先を見通す力がなんと無いものか、と感じてしまいます。 後で思えば当然なのに、起ってしまうまで誰も何も言わない。犠牲者が出て初めて対応に乗り出すのは、仕方のない事なのでしょうか。 阪神大震災では建物だけでなく交通網も大きな影響を受けました。写真のように高架は道路や線路部分が一体になって繋がっている訳ではありません。夏と冬の温度差で、橋げたは膨張収縮を繰り返してい...

福味 健治
執筆者
福味 健治
建築家

スチールの手摺

大田区で進行中の「ヨロイ」。 階段吹抜け部分の手摺が取り付きました。 スチールのフラットバーと丸パイプの組み合わせ。 お子様がまだ小さい為、落下防止ネットが取り付けやすい形状としました。 黒く塗装して仕上げる予定です。

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

専門家が投稿した写真・作品

10坪ハウス

2014/06/07 20:43
橋本 健
(建築家)

「経堂の家」階段室

2011/05/17 11:09
奥山 裕生
(建築家)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「落下防止」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (8件)

  • コラム

    (10件)

  • 写真

    (2件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索