「胴縁」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

本田 和盛
本田 和盛
(経営コンサルタント)

労働法と組織心理学に精通した「凄腕社労士」

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)
滝山 博行
滝山 博行
(鍼灸師)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「胴縁」を含む検索結果一覧

120件が該当しました

利用者からのQ&A相談

外壁の順番

準防火地域で新築工事が進んでおり、胴縁まで終わった所です。金属系防火サイディングを予定してますが、石膏ボードを使用するのに不安があります。水に弱いと思うからです。短計図では室内側から、透湿防水シート→胴縁→石膏ボード→ガルバなのですが、水に弱いのなら、透湿防水シート→胴縁→石膏ボード→透湿防水シート→ガルバというように透湿防水シートを2枚張りする施工順はありでしょうか?

回答者
小木野 貴光
建築家
小木野 貴光

困った屋根構造について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。これまでの切妻の瓦屋根と低い天井からガルバ鋼板屋根と天井なしの吹き抜け勾配天井へ改造しました。窓については、ペアーガラスの外窓と内窓にしました。リフォームトラブルに巻き込まれないように、評判の良い善良な工務店さんを選びました。しかし、雨音と暑さに悩まされております。具体的には、雨が降り出すと、天井からパタパタという雨音が発生し、豪...

回答者
深澤 熙之
建築プロデューサー
深澤 熙之

コンクリート外壁に多数のビスを打つ弊害

二階建てコンクリート外壁 コンクリートは工場生産のPC 水セメント比45% 軽量骨材使用 内部に微小な独立気泡が有りますがALCではありません  壁の厚さ120M位 かぶり30M位 にサイディングを 取り付ける為 厚さ15M位の胴縁を400M位の間隔で ビスを下穴を開けてから壁から深さ30M位迄まで 無数に打つ予定ですが コンクリートに与える影響が心配です 鉄骨等は無く壁工法の二階建てです 将来壁の強度に悪影響が有るでしょうか ビスはステンレスをつかいます

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

外壁サイディング通気工法胴縁取付について

外壁下地として9mm構造用合板を前面に張り、この上に通気シートタテ胴縁を取り付けるのですが タテ胴縁と間柱は同じ位置でなければだめでしょうか 間柱から外れて9mm合板下地のみの所にタテ胴縁を取り付けても大丈夫でしょうかカタログ施工方法を見てもタテ胴縁の所に間柱があるものですから気になりまして初歩的な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします

回答者
大沼 徹
建築家
大沼 徹

外壁カバー工法について

外壁カバー工法でリフォームしてしばらくしてから気が付いたのですが、建物の基礎周囲のカバーの一番下に当たる部分が空いている状態になっていました。下から覗けばカバー部分と元の壁の間上まで見通せるという状態です。勝手な思い込みかもですが、当然カバー部分の下部も(水の逃げ道くらいはあるかと思いますが)ふたのような部材を付けているのだと思っていたのですが、これが普通でしょうか?最近、家の中に入ってくる虫の侵入経路になっているのではないかと疑ってもいます。

回答者
吉田 武志
建築家
吉田 武志

専門家が投稿したコラム

早いもので。

先日お客さんと電気関係の打ち合わせを行いました。 気が付くともうこういう時期なんですね。少し余裕があるようなので、コンセント位置の案を出して照明の検討を翌週出してもらうことにしました。 現場は屋根工事がそろそろ終わる感じで、その後水切りの工事になります。大工さんもその間胴縁を打って、それらが終了すれば外壁工事に入ることができます。 見た目はそれほどの変化は感じないのですが、これから最終決定して頂い...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

昭和アルミSOIV工法

アルミサイディングを使用しての昭和アルミ独自工法【SOIV工法】による外断熱通気工法外壁リフォームです。(下記 ↓ 断面図イメージイラスト) 上記の図の黒色のアルミ合金芯材入りの下地樹脂胴縁(縦方向に設置)の胴縁と胴縁の間に特許技術の水蒸気を通す防蟻断熱材を設置する事により、元の既存外壁の温度を外気に影響されないように、住宅内の湿気を既存外壁を通しやすくして、住宅内部の湿気を外へ排出しやす...

深澤 熙之
執筆者
深澤 熙之
建築プロデューサー

どうしましょうか。。。

他現場の進捗を見ながら色々進めています。 一つの現場の動きが良く見えません。   杭さえ入ればこちらの仕事は進むのですが・・・ そんな感じでそちらに手を付けられないうちに、こちらの工事は どんどん進んでいきます。   先日も建具の枠が違うサイズのものが入ってしまったため工事がちょっと 中断したということがありました。 胴縁でも打ってればいいのにな・・・と思ったら、まだ入ってなかっ...

信戸 昌宏
執筆者
信戸 昌宏
建築家

透湿防水シートと胴縁

世田谷区で進行中の「ミニミニハウス」。 外壁の下地工事が進行中です。 写真で見える白いシート状のものが透湿防水シート。 言葉通り、湿気を透し、水を防ぐシート。 室内で発生した水蒸気(湿気)が、壁の中に侵入してしまった場合このシートから水蒸気を逃がす働きがあり、逆に外壁の仕上げ材から雨が侵入してしまった場合に、このシートで防ぐ、木造住宅にとって大事なシート。 そのシートと外壁の...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

外壁リフォーム工事後のカビ・結露の苦情相談が数多いです。

日々、住宅の悩みである、結露やカビ・雨漏りなどの苦情相談のお問合せ内容を見ていますと、 飛び込みで訪問してきて、良い話だと思ってアルミサイディングやガルバリウム鋼板金属サイディングの工事終了後から不具合が出て、営業と実際は全くちがって、逆に住宅の腐食を早めるような工事をされてしまったという・・・苦情相談は相変わらず多いのですが、 最近になって悪質高額販売が外壁リフォーム業者と違って、ご近所で有...

深澤 熙之
執筆者
深澤 熙之
建築プロデューサー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「胴縁」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (55件)

  • コラム

    (65件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索