「給与制度」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「給与制度」を含む検索結果一覧

12件が該当しました

利用者からのQ&A相談

住宅ローンについて

中古マンションの購入を検討中です。ご教示いただければ幸いです。年齢 45歳勤務先 中小企業(従業員約50名)就業形態 正社員(管理職)勤続年数 13 年年収 500万円(昨年度は450万円)家族 無(婚約者あり 1年以内に結婚予定)物件価格 1750万円建齢 15年頭金 0円諸費用 0円現在債務 2件 車ローン 68万(月2万・ボーナス時5万加算) 銀行カード...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

給与体系の改定について

設立して2年ほど、社員8名の小さな会社です。今までは何となくという感じでやってきましたが、専門職の社員について、今後はきちんとした評価制度を導入しようと考えております。現状では、最初の雇用契約時の固定給(かなり高め)で給与が支払われているのですが、個人個人であまりにも努力の差や能力の優劣がはっきりしてしまっているため、これを大幅に見直し、個人の能力や業績に応じて変動させることができる給与体系にした...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

一社に二つの就業規則は、可能ですか?

現行の制度に加えて、新しく業務専門職の採用を行うことを考えております。現行の正社員とは異なり、異動のない専門職として採用し、定年は現行社員と同様、60歳とします。ただ、給与制度は、異なったものとし、退職金、退職年金等も異なったものを考えています。この場合、就業規則も、現行のものとは別の、業務専門職就業規則といったものを作成することは可能なのでしょうか?現行のものをそのまま適用してしまった場合では、...

回答者
本田 和盛
経営コンサルタント
本田 和盛

賃金変更に同意しないと自己都合退職?

はじめまして。昨年会社が合併し、今年より給与制度・人事制度を統一すると言うことでまず月例賃金の変更の説明を受けました。実質の手取り額は、減少するのでまだ同意書には署名・押印していません。5月27日に1回目の面談、6月2日に2回目の面談がありましたが、2回目の面談までの会社の説明では、既に従業員の8割近くの同意は得ているので同意しなくても6月25日支給の給料からは新賃金規定が反映されると説明を受けて...

回答者
本田 和盛
経営コンサルタント
本田 和盛

管理職に引き受けたらよいか、迷っています。

ベンチャー企業に勤める34歳女性です。5月半ばに育児休暇明けで仕事に復帰しました。復帰前の仕事は営業後方支援業務ですが、人があまっているということで、異動しての復帰でした。現在の職場で、先々、来年あたり、管理職としてやってもらいたいと会社から言われていますが、前向きにうけてよいか、迷っています。仕事内容は24hコールセンター業務(施設メンテナンス)です。人員構成は、お客様の出向者6名(10歳から1...

回答者
藤崎 葉子
キャリアカウンセラー
藤崎 葉子

専門家が投稿したコラム

とりあえず起業 by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは、 投資スクールブルーストーンアカデミーの 青柳仁子です。 先日、私の離婚の話を書きました。 夏休み中だし、 読んでる人も少ないだろうな~ と思って書いていたのですが、 嬉しいことにたくさんの方が読んでくださっていて、 励ましの言葉や感想をいただきました。 ありがとうございます。 多かった感想は、 「青柳さんは挫折したことが無い人だと思っていました。」 というもの。 ...

青柳 仁子
執筆者
青柳 仁子
ファイナンシャルプランナー

年に2回の一時金より、毎月の利益連動給与の方が社員のやる気に結びつく。

今朝の新聞で、セブン&アイや自動車各社が、ベースアップや年間一時金を上げる、というニュースを見た。 アベノミクスによる株高、円安で、業績が上方修正になっていることに加え、これまで先行き不安によって将来のために溜め込んでいる利益を、従業員に還元することにしたのだろう。 しかし、一歩立ち止まって考えてみたい。 一時金とは何か、一般に呼ばれるボーナス(賞与)のことである。 そもそも海...

下村 豊
執筆者
下村 豊
経営コンサルタント

生涯賃金5000万円減少!? 家計はどう対応する?

長引く不況や会社の給与制度の変化によって、 夫だけの給料だけでは家計のやりくりが厳しくなっている昨今。 皆さんのご家庭は、いかがでしょうか? 普段、収入ややりくりについてお話ができる相手は 限られていると思いますが、過去16年間で、 生涯賃金が5000万円下がったというデータもあります。 その時、家計はどのように対応したでしょうか? All Aboutマネー「ふたりで学ぶマネー術」 『生...

平野 直子
執筆者
平野 直子
ファイナンシャルプランナー

日経記事;"ヨーカ堂、正社員を半減 パート9割に"に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 9月8日付の日経新聞に、『ヨーカ堂、正社員を半減 パート9割に 15年度メド、人件費100億円削減』のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。   『セブン&アイ・ホールディングスは傘下のスーパー、イトーヨーカ堂の運営をパート中心に...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

社会人の資格勉強 -資格をとって独立するとは-

最近社会人の資格勉強が流行っているようです。 ①起業のため 独立してやってみたい事業があるとか、市場で自分の価値を試したいといった自立心の強い方で資格の勉強をしている方です。 私もこのタイプでした。 ②将来の不安から 先行きの見えない中で、漠然とした不安や将来の転職に役に立ちそうといったことから勉強をしている方は多いようです。 ③専門的な知識を生かしたい 独立開業はしないけど、法律事務所など...

渋田 貴正
執筆者
渋田 貴正
組織コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「給与制度」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (5件)

  • コラム

    (7件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索