「経過措置」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「経過措置」を含む検索結果一覧

91件が該当しました

利用者からのQ&A相談

働くべきか、否か

現在53歳。一昨年4月から市の非常勤職員として学校図書館で週23時間15分 月額報酬91,700円で働いています。学校のため、8月は勤務がなく、無給です。年収としては11ヶ月分なので100万円なのですが、月額賃金は超えてしまうので、平成28年10月からの社会保険の短時間労働者への適用拡大の対象者になるそうです。経過措置として平成28年度は週21時間月額報酬84,700円となるようですが、29年度は...

回答者
矢崎 雅之
ファイナンシャルプランナー
矢崎 雅之

永住申請について

初めましてこの度日本の永住を申請しようと考えている中国人です。永住申請の必要条件の就労5年間、3年ビザー、継続10年間などの条件は全てクリアしているとおもいますが現在中国に駐在している。来年任期終え(合計1年4ヶ月間中国駐在)日本に帰った直ぐ永住を申請したいですが大丈夫でしょうか?(就職以来、ずっと同じ会社に勤めている、出向中も日本で税金を納入している、出向と帰国辞令があり)

回答者
田島 充
行政書士
田島 充

解体工事について

新築建てかえ工事を行うにあたり、既存の建物を解体しました。その際土の中から瓦が発掘され処分費用として追加費用を請求されました。処分費用に対して消費税が8%で請求されていたのていたのですが、消費税が上がるまえに8%の消費税で請求されてしまうのでしょうか?追記解体工事を含む工事請負契約は昨年9月末までに締結しています。解体工事は既に終了しています。

回答者
吉田 武志
建築家
吉田 武志

住宅ローン控除について

H26年1月に新築物件が完成します。 共働きなので夫婦それぞれで住宅ローンを組みますが、消費税導入後のほうが住宅ローン控除が拡充されそうなので、収入の高い「夫のみ」4/1以降に転居したいと思っております。(控除の適用は、新居完成日ではなく、あくまで居住開始日だと理解しております。) 一方、「妻と子」は、4月より新居の市区町村で保育園に入りたいため、4/1より前に住民票を移す必要があり、そのようにし...

回答者
前野 稔
ファイナンシャルプランナー
前野 稔

消費税増税の経過措置について

消費税増税に伴う経過措置の関係でわからないことがあるので、お教えください。平成25年9月30日までに住宅新築工事の契約をしたのですが客様の都合で急きょ、2世帯住宅に変更する話が出てきました。打ち合わせの状況からプランがまとまるのが10月以降になり、諸々の手続きの関係で来年4月以降の完成となります。当初の計画から、建物の規模が大幅に変更となりますが、消費税増税の関係で再契約にすべきか、追加工事で対応...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

専門家が投稿したコラム

住宅省エネルギー技術講習会へ

(専門家プロファイルからはこちらから←) 埼玉建築士会で設計者向け「住宅省エネルギー技術講習会」を受講してまいりましたv 2017年 大規模建築物の省エネ適合義務化2020年 全ての住宅の省エネ適合義務化に向け、対応できるよう体制を整えるためです。  省エネといえば先日、既に「CASBEE戸建て評価員」を更新登録したばかりです。 今回、受講したのは「平成25年省エネ基準」が平成29年4/1で経...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

今押さえておきたい、3つの税制改正トレンド(1)

 平成28年度税制改正が去る3月29日に成立しました。  消費税ばかり注目を集めていますが(増税先送り論が浮上していまだ流動的な状況にあります)、「税率10%」のインパクトはやはり大きいです。諸外国の影響も受け国内景気が揺らぐ中、この増税が景気に甚大な悪影響を与えないことを祈るばかりです。  では、かつて消費税が8%に引き上げられたとき、不動産市場では何が起きたでしょうか? 今回も前回の増税時...

高原 誠
執筆者
高原 誠
税理士

ライフプラン作成で考える住宅購入[インタビューコラム]

住宅ローンを持つというリスク、高齢者の相談が急増 ―――〝夢のマイホーム〟、やはり手に入れたいです! 「10%への消費税増税と経過措置、景気回復の見通しが立ってきたことなど、2016年に入り、マイホーム購入を検討している方はソワソワしているかもしれませんね。私のところにも、お客さまから日々相談が寄せられます。 全力で夢の実現をサポートしますが、現実的には、マイホーム購入は全員にすすめられ...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

お盆は平常通り営業致します

2015年のお盆は平常通り、営業致します。 お電話によるお問い合わせは、出られない場合がございますので、留守録に入れて頂くかこちらのメールフォームよりお知らせ頂ければ幸いです。 やすらぎ介護福祉設計 メールフォームはこちら← 2017年4月より10%増税の施行を考えますと、新築住宅建築をお考えの場合 ・2016年9月末まで「工事請負契約」できれば、2017年4月以降の工事も8%が適用...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

10%増税への駆け込み需要

昨年の4/1は、消費税増税で8%が始まった日でしたね。 2015年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げは、1年半先送りし2017年4月決定のようで、前回のように半年前からまた「経過措置」がとられるとすると、来年は9月までの駆け込み需要がまた始まると予想できます。 一方で、8%増税による建設業界の景気冷え込みに対応すべく、省エネ住宅ポイント制度が2015年3月10日から受付を開...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「経過措置」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (23件)

  • コラム

    (68件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索