「経済見通し」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「経済見通し」を含む検索結果一覧

37件が該当しました

利用者からのQ&A相談

投資用ワンルームマンションの今後について

神奈川県在住の35歳男性です。平成19年に東京都墨田区に2件の新築ワンルームマンションを購入致しました。不動産投資は知識もなく、「節税、年金対策にもなり、絶対損はしません」という営業担当者の営業トークに載せられ購入してしまいました。購入した会社が倒産し、無駄に金を払ったり、すでに購入時より家賃が下がり孫子化しておりません(月5万のマイナスです)。正直なところ今後の見通しが良くわかっておらず、今回の...

回答者
野口 豊一
不動産コンサルタント、FP
野口 豊一

外国債券の金利と景気についてお願いします。

はじめまして現在銀行に外貨預金が10万ドルほどございます。昨今の円高でだいぶ為替損益が膨らんでおります。為替損益が同じならこのお金で外債(ドル建て公社債)を買おうかと思います。金利や受け取りもそのまま外貨?fで運用して、円安を見計らって売るつもりです。 そこで質問です。現在金利が安いですが、アメリカの景気がよくなり、金利が上がると償還前に売ろうと思っても売れなくなるのでしょうか?友人は金利が低い時...

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

初めての資産運用

現在32才の専業主婦です。子供の教育資金と老後資金を用意するために、投資をはじめたいと思っています。国内・海外ETFを使って、長期運用を考えているのですが、配分がよくわかりません。よいアドバイスをお願いします。・夫33才会社員、子供3人(4才1才0才)の5人家族です。・マンション購入済みで、ローンはありません。・現在の全預貯金は2100万です(10年以上使う予定ありません)。・他に4才の子供用に1...

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

投資信託投資方法見直しについて

大和世界債権毎月分配型を300万円、日本高配当100万円を購入していますが、最近、資産形成には、向かない事を知りました。つきましては、この400万円を投資信託の分散投資として、インデックス日本株、海外株、日本債権、海外債権にわけて投資していきたくおもいますが、現在の物の解約時期、あらたな物の購入方法時期、400万円の一括、分散投資の方法を教えてください。

回答者
吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー
吉野 裕一

専門家が投稿したコラム

IMFの世界経済見通しから、潮目の変化を見つける

老後のお金の不安解消アドバイザーの久保逸郎です。皆様、お盆休みをどのようにお過ごしでしょうか?私は11日(金)から13日(日)まで2泊3日で佐賀市三瀬村の北山キャンプ場まで、息子(中1)とキャンプに行ってきました。毎年息子の友達などを数人引き連れて行っていたので、二人でキャンプに行くのはおそらく7~8年振りになるでしょうか。自宅を出た時点よりも9℃も涼しい環境で、キャッチボールをしたり、お酒を飲み...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「いつも広い視野で話が聞けるのでおもしろい」「老後の資産作りの参考にしたい」

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。先週4日(土)に「2017年世界経済見通しと、NISAやイデコを使った老後資金準備」というテーマで、今年の第1回目の勉強会を行いました。今回は冒頭で動画を組み込むなど、これまでと違う取り組みも行ってみました。 参加者の声 その勉強会の参加者の声をまとめましたので、一部をご紹介します。「経済情勢やタイムリーなテーマの解説とても勉強になります」(福...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

【2月4日天神:勉強会】2017年世界経済の見通しと、NISAやイデコを使った老後資金準備

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。2月4日(土)に天神で下記の自主開催勉強会を行います。今回は前半部分でトランプ政権後の世界経済の見通しや、欧州でのポピュリズム拡大、中国をはじめとする新興国経済の状況や見通しなどについて、IMF(国際通貨基金)が発表する最新の世界経済見通しや、欧州の金融機関などから集めた最新情報を用いて解説を行います。また、後半は今年から公務員や専業主婦などまで対...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

IMFが世界経済見通しを発表~英国のEU離脱の影響は~

ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。7月19日に国際通貨基金(IMF)が最新の世界経済見通しを発表しました。IMFは四半期ごとに世界経済見通しを発表していますが、今回はとくに6月23日に行われた英国のEU離脱の国民投票の結果を受けての発表なので注目していました。私自身は複数の国内大手運用会社の業務に関わって金融機関での講演などをしてきた経験がありますが、その中で感じてきたことは証券系...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

「世界経済の成長率 3.2%に減速」

こんにちは! さて、IMF(国際通貨基金)が、最新の世界経済見通しを発表しました。 それによると、2016年の世界全体の経済見通しは、 前回の1月の予測から0.2%下方修正し、“3.2%”としました。   昨年10月時点は3.6%、そして今年1月は3.4%でしたので、 経済の“減速度合”が高まってきているようです。 要因としては、エネルギー価格の低迷などによって、 新興国の景気減速...

荒川 雄一
執筆者
荒川 雄一
投資アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「経済見通し」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (4件)

  • コラム

    (33件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索