「終身雇用」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「終身雇用」を含む検索結果一覧

123件が該当しました

利用者からのQ&A相談

住宅ローン控除を受けるにはどうすればいいでしょうか。

今月、6000万の中古マンションを購入することにしました。8月8日に契約し、これから住宅ローンの申し込みや比較している段階です。主人が務めた会社を退職したため(9月まで在籍するが、有給消化中で出社していません)、私(外国籍だが65歳定年の終身雇用)の名義で住宅ローンを組むことにしました。頭金は主人の両親から援助をもらいました。不動産仲介業者さんから紹介された都市銀行Mから、夫が連帯保証人になる条件...

回答者
野口 豊一
不動産コンサルタント、FP
野口 豊一

下位地方国立大学院→中小企業は大都会での結婚は不可?

私は同じ大学の院に進学予定の地元の地方国立大学生(大学のレベルは明治、青山学院、立教、中央、法政クラスより下)で、就活について考えています。そして、最近の就活は大企業のみならず、中小企業にも目を向けるべきと言われています。だから私は、零細企業でなければ、理系の中小企業メーカーでしっかり収入を得るのもありと考えました。 ところが、私は東京や大阪といった大都市に就職するつもりですが、こういった大都市で...

回答者
植草 美幸
婚活アドバイザー
植草 美幸

帰国転職、現地転職、留学あるいは現状維持か

はじめまして。お世話になります。大変散漫な話となりますが、お付き合いいただければ幸いです。大手日系メーカの海外支社でプロダクトマーケティング系の仕事をして3年以上になります。日本ではそれ以前に3年以上のメーカでの就業経験があります。年齢も30歳を過ぎ、今後の方向性を検討しておりますが回答に至りません。現在の勤務先は現在のところまだ安定していますが、なだらかな右肩下がりで定年まで安泰とは考えられませ...

回答者
上田 信一郎
キャリアカウンセラー
上田 信一郎

転職か否か

タイトル通り悩んでおります。アドバイスを頂ければ幸いです。現在一部上場の一般事業会社で経理サブマネージャーを勤めております。大学卒業後新卒で入社以来10年間経理・財務・管理畑を歩んでおります。海外駐在も2カ国(米国・欧州)計6年間経験しました。保有資格はUSCPA、TOEIC800点、簿記2級です。現在は簿記1級を勉強中です。現在の収入は700万円前後です。このままだと、間違いなく管理畑でのスペシ...

回答者
市村 光之
キャリアカウンセラー
市村 光之

米芸術系院卒(女)、26歳で就職活動

はじめまして。今現在アメリカの某大学で芸術系の院に在籍しています。卒業まで後1年半あるのですが、卒業後の進路をいろいろと考えておかなければと思い質問させて頂きます。2013年の5月にMaster of Fine Artsをもらって卒業する予定です。そのままアメリカにアーティストビザで残り、大学教授になるという手もあるのですが、日本での就職も視野に入れています。学部はBSスポーツ学部コーチング科とB...

回答者
市村 光之
キャリアカウンセラー
市村 光之

専門家が投稿したコラム

72の法則

今日は「72の法則」について少しお話します。 知ってる人は知ってますし、知らない人はまったく知らないですね。当たり前か(笑)   これは元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための複利の法則です。   assets72 この法則にしたがって計算すると、金利7%の時代であれば元本は約10年で倍になります。 実は高度成長期後の1970年〜1980年代に日本でもこのよ...

川口 幸子
執筆者
川口 幸子
ファイナンシャルプランナー国際認定コーチ

会社があおる「危機感」と社員が求める「安定感」のずれ

 少し前のことですが、「黒字なのに2割クビは納得できるか」というウェブ記事を見ました。  日本の大手企業のリストラがじわじわ増えており、しかもそれが好業績の企業であっても、利益が出ているうちに不採算部門を整理するなど、リストラに躊躇しなくなっているのだそうです。  最近は全体的な人手不足傾向から、リストラの話題が前面に出ることは少ないですが、水面下ではこういう動きが続いていることを耳にします。...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

新人トレーナーが提供出来る価値とは?

 こんにちわ 卒業のシーズンということもあり 先日、若いトレーナーの方から 「新入社員の価値とは何か?」 といった主旨の質問を頂きましたが   個人的には『「積極的&愚直な行動」を通して 「チームの士気を高めること」& 「チームに新たな視点や観点をもたらすこと」& 「既存社員に教える機会&学びの機会を提供すること」』ではないでしょうか?   我々トレーナー業界の場合 教育機関などの問題でもあり...

Style Reformer 小林俊夫
執筆者
Style Reformer 小林俊夫
ピラティスインストラクター

今後益々広がるトレーナーの現場と学校の差!?

  こんばんわ 今年も残す所、あと10日ですね!   今日からPRIの ポスチュアル レスピレーション に参加をしています      ここ数年 欧米からの情報の流入も早く トレーナー業界の専門化が益々進んでいる といった事は以前も書きました   業界全体の 専門力は間違いなく 右肩上がりになっていると思います    全部が全部 そうではないと思いますし 先生方のご苦労はお察し致しますので 批難...

Style Reformer 小林俊夫
執筆者
Style Reformer 小林俊夫
ピラティスインストラクター

「適材適所」と「個人のキャリア」を合わせる難しさと大切さ

 今ごろの時期は、年度末の人事異動がそろそろ落ち着いてきたか、中にはこれから新たな部署で本格的な始動という人もいるのかもしれません。    この人事異動の際によく言われるのは、「適材適所」ということです。言葉の意味を調べると、「その人の適性や能力に応じて、それに ふさわしい地位・仕事に就かせること」とあります。組織の機能化、効率化を進める上で、「適材適所」というのは重要な要素だということでしょ...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

サービス

簡易ライフプランシミュレーション

あなたのライフプラン(人生設計)は明確ですか?

カテゴリ:住宅資金・住宅ローン全般

料金:無料

場所:東京都渋谷区

藤森 哲也

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「終身雇用」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (13件)

  • コラム

    (109件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (1件)

  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索