「社内コミュニケーション」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月18日更新

「社内コミュニケーション」を含む検索結果一覧

58件が該当しました

専門家をご紹介

加藤 貴子

編集者

四半世紀の経験をもとにビジネスを“編集力”でサポートします

ケイコとマナブ、ゼクシィ、都心に住む、ほしいリゾート、All Aboutなどの編集・創刊・リニューアルと編集長経験を活かし、読み手の心と行動を喚起する雑誌・書籍・we…

加藤 貴子

利用者からのQ&A相談

社内報の効果や評価を測定するには?

こんにちは。今日は、また違った質問をさせてください。会社の中でも、現場の社員は「費用対効果」を考えながら仕事をしています。ところで、先日、上司の上司である担当役員から、「社内報の費用対効果は、どうなっている?」と聞かれ、「え?」と、何も答えることができませんでした。管理部門にいると、そのような感覚を持ったことが、あまりなく・・・読者アンケートなどで、ある程度反応は分かりますが、「効果」って、どのよ...

回答者
豊田 健一
広報コンサルタント
豊田 健一

発行責任者として

こんにちは。やや私的なことですが、ご相談させてください。このたび、管理職登用の内示を受けました。今まで何度も話は頂いていたものの、「社内報の専門職でいたいから」と断り続けていました。しかし、歳に不足もなく、社内報でも、ダイバーシティなどの企画で、「女性管理職を増やしたい」という会社の意向を汲んだ特集などもたびたび掲載してきた経緯上、「あなたがお手本にならなくて、どうするの!」と言われ、受けることに...

回答者
豊田 健一
広報コンサルタント
豊田 健一

社内コミュニケーションを研修で改善することは可能か

いわゆる報告、連絡、相談が社内で上手くできておらず、情報の共有ロスも頻発してしまっています。仕事中の会話も少なく、社内の空気があまり良くありません。原因を追及して、抜本的な改善を取る必要はあると思うのですが、即効性を期待してコミュニケーション改善研修の実施も検討しています。しかし数時間〜数日の研修で、これまで何をしても改善されなかったコミュニケーションを、良くすることができるのか不安です。コミュニ...

回答者

職場紹介の新たなコンテンツ

社内報編集者です。若い編集者さんたちの意欲的な投稿に、刺激をもらっています!当社でも4月号から、一部リニューアルを考えています。今まで、職場紹介の記事を連載し、50回を超えました。一番の人気コーナーなので、従来1ページだった枠を2ページに増やします。一人でも多くの社員に登場してもらい、社内コミュニケーション活性化を狙いとしています。現状のコンテンツは、・業務内容やサービス紹介(職場の写真つきで)・...

回答者
豊田 健一
広報コンサルタント
豊田 健一

人数の数え方

初めまして。みっきゃんさんの投稿に勇気をもらって、質問します。社内報編集者の卵です。高卒で入社しましたが、入社試験の作文を気に入ってもらい、社内報担当になりました。文章を書くのは好きですが、文章力以前に知識や社会経験が少なく、編集は、それだけではアカンのや!としょっちゅう思います。社内報の原稿を、社内のいろんな部署からもらうと、人数の数え方が「○○人」だったり「○○名」だったり、バラバラです。上司...

回答者
豊田 健一
広報コンサルタント
豊田 健一

専門家が投稿したコラム

職場の「コミュニケーション量」には物理的な環境も関係するという話

 ある会社で、現状の課題として「社内コミュニケーションの不足」という話が出てきました。どんな会社でも、何かしらの課題があることが多い部分です。    これから社員の皆さんと一緒に今後の施策を考えるということで、その認識を合わせる一環として、私も社内の様子を見学させて頂きました。    そこで見た会社の作業環境は、日本の会社にしては珍しく、一人一人の席がブースの形で囲われていました。立ち上が...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

ホウレンソウ

エアバックのタカタ、大変な事になっていますね。 「情報遅い」タカタに批判  エアバッグ欠陥で米公聴会 ホンダと共に謝罪  http://www.nikkei.com/paper/article/?b=20141121&ng=DGKKASDZ20HS5_Q4A121C1TJ2000 タカタの格付け、1段階引き下げ 日本格付研究所 http://www.nikkei.com/pape...

黒木 昭洋
執筆者
黒木 昭洋
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

8×8=64(ハッパ64)の法則

 広報の仕事といえば、報道対応を主とした対外コミュニケーションを真っ先に思い浮かべます。しかし、忘れてはならないのが社内広報です。ビジネスパーソンを対象にした、ある調査によると、仕事の生産性は社内コミュニケーションによって左右されると考える人は9割に上ると言います。つまり、社内のコミュニケーションを活性化しない限り、真に信頼される企業とはなりえないと言っても過言ではありません。 私が社会...

中村 英俊
執筆者
中村 英俊
広報コンサルタント

担当者様の気持ちは必ず伝わる

「もっと会社の経営方針を伝えたい」「業績や主力商品を知らない社員が多すぎる」「元気のある社員を紹介したい」「みんな自分の仕事以外無関心。もっと会社全体を知ってほしい」「会社への帰属意識を高めたいんです」…。 ある会社の社内報ご担当者様から社内報リニューアルのご相談を受けた時に伺った言葉です。この方は広報部門にいらっしゃったので、営業や生産部門とは違った目線で会社の現状を見ていたのだと思います。た...

松本 美和子
執筆者
松本 美和子
クリエイティブディレクター

記事の執筆;若手社員とのホウレンソウを活発にするシンプル思考!

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 2012年11月22日に経営者、CIO、ビジネスリーダー、経営に携わる方々にむけた情報提供サイトである、「Bizコンパス」のWebサイト欄:仕事術 に『若手社員とのホウレンソウを活発にするシンプル思考!部下に教えたい社内コミュニケーション10のポイント』のタイトルで私が書いた記事が掲載されました。 URLは以下...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

専門家が投稿した写真・作品

第二回社内コミュニケーション・シンポジウム

2012/02/24 14:14
豊田 健一
(広報コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「社内コミュニケーション」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (9件)

  • コラム

    (47件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索