「盛土 沈下」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「盛土 沈下」を含む検索結果一覧

32件が該当しました

利用者からのQ&A相談

土地購入について

現在、土地の購入を考えています。現在候補として、135坪の台形のような形です650万円です。他の土地としてかなり格安となっており立地条件も申し分なく、とても魅力的なのですが、不安なところがあります。まず現在は農地として登録されており、購入時には水道管引き込み、地盤が下がっていることから盛土をしなければいけないとのことです。その費用が114万円かかります。その費用を足しても値段的にはかなり魅力的です...

回答者
稲垣 史朗
リフォームコーディネーター
稲垣 史朗

地盤と擁壁について

新築のため、建築条件付きの土地の購入を迷っております。地盤や擁壁に対する漠然とした不安があり、専門家の方のご意見を伺いたく質問させていただきます。まったくの素人のため、分からないことばかりです。よろしくお願いいたします。土地について 平成20年にURが造成しています。 造成前は畑として使っており、2mほど盛土しているようです。 南側に高さ2.62mの擁壁があり、擁壁の下は明治時代からの田んぼで...

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

道路との境目に擁壁がある土地

千葉県で南に開けているひな段の土地の購入を考えています。南側は下に195cm下がっていて平屋が建っています。北側は195cm上がっていて、市道(自転車と人が良く通る2m程の道路)です。旗竿状の土地で、入口(3m幅)は東側にあります。こちらからノアプローチは平坦です。擁壁は売り出し前に不動産屋が作っています。所有は土地の所有者になります。もし、将来擁壁にひびなど不都合が出た場合、修繕の費用の負担はや...

回答者
中舎 重之
建築家
中舎 重之

ご近所とのトラブル

2年ほど前に家を中古で購入しました。家の建っている土地以外に、山林名目ですが70坪ほどの土地があり、今回そちらにもう一軒家を建てることにしました。この土地は、傾斜がありますが、70センチほど掘ると固い層になっており、地盤調査をかけた結果、その盛土分を削って家を建てることにしています。傾斜は30度以下なので、急傾斜地の指定はありません。また、木も生えているのですが、その木は切断することにしています。...

回答者
佐山慎英
建築家
佐山慎英

擁壁の上の一戸建ての地盤改良について

初めてメールさせていただきます。小生素人の質問で申し訳ございません。以下の点ご教授いただければ幸いです。■土地建物概要・北側に3mのL字型擁壁がある北斜面の建物です。・土地が100m2程度あり、北側擁壁から約50cmのからに2階建ての建物が建っています。・盛り土が2m程度実施されている。・L字型の底板は北擁壁から4m程度である。・表層2mまで地盤改良のための処置がされている模様(N値5程度)・表層...

回答者
森岡 篤
建築家
森岡 篤

専門家が投稿したコラム

強い家造り  6

   杭の話の続きです。杭に似ていて非なる物があります。 水道管(42.7径)の細い管を多数使用する工法です。此は杭工法とは云わず地盤改良の工法として扱われます。此は建物の重量は支えますが、地震時の水平力に対しては、まったくの無力で何ら抵抗もしません。 使用を控えるのが賢明です。   擁壁と敷地の話です。 人工的に地形を作り出すのに、土地の造成があります。 擁壁が必然的に築造されます。 擁壁の...

中舎 重之
執筆者
中舎 重之
建築家

地震に負けない家をつくる!03

03 地盤の性質を知る。 一般的に敷地の地盤は大きく4種類に分類される。 ◎ Ⅰa種(山岳地)・・・・岩盤・硬質土で、地耐力が100tf/㎡を超える地盤。 ◎ Ⅰb種(台地・丘陵地)   ・・・・関東ローム層・シラス層などの洪積層、扇状地および段丘の堆積物、風化土など      地耐力が10~100tf/㎡の地盤 ○ Ⅱ種(平野・盆地)・・・・一般の沖積層 × Ⅲ種(平野・海浜・人工造成地) ...

青沼 理
執筆者
青沼 理
建築家

地盤沈下と不同沈下

地盤沈下と不同沈下 一見、同じものを指しているように思いますが全然別物です。   地盤沈下    ・比較的広範囲に地盤が沈む現象です。    ・1か所の敷地や建物が沈下するものではなく、周辺地域一体道路も含めての沈下が発生します。    ・災害や地下水のくみ上げすぎなどの原因によるものが多いので一般的に言われる欠陥住宅とは違うものです。    ・上記によって、保険金の支払い対象外とな...

田中 伸裕
執筆者
田中 伸裕
建築家

東京都品川区某地域の軟弱地盤対策の実例

東京都品川区某地域の軟弱地盤対策の実例 建替えなので、建主様から、地盤状態を把握する貴重なお話を聞く事が出来ました。 それによると、敷地及び敷地の前面道路は川の埋立て地という事です。建主さんは不同沈下も経験したとも言っておられました。 更に、建主さんは役所に地盤のことを調べに行ったとの事。 その結果、役所の液状化マップによれば、液状化のおそれ若干ありという事なので、心配であるということでし...

安藤 美樹
執筆者
安藤 美樹
建築家

木造2階建てを建てる場合の地盤調査について

2009/10/1より 特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保などに関する法律(略して、瑕疵担保履行法)が始まっています。 現在、工事中に木造2階建ては、この法律に基ずく必要があります。 木造2階建ての場合、まず、地盤に関してのチェックシート(=保険会社提供で、現場調査チェックシートと言います。) を記入します。 たまたま、今工事中に家は、大変地盤の良い...

安藤 美樹
執筆者
安藤 美樹
建築家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「盛土 沈下」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (25件)

  • コラム

    (7件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索