「瓦」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「瓦」を含む検索結果一覧

333件が該当しました

専門家をご紹介

佐藤 真弘

エクステリアコーディネーター

「雨漏り」に特化した技術力で高性能で長く住める安心をご提供

瓦店から事業をスタート。「屋根のスペシャリスト」として、雨漏りの大きな原因となる屋根材の特性や老朽化、その原因や対策について深い知識を持っています。この知…

佐藤 真弘

玉利 恭美

建築家

密なコミュニケーションから「かたち」を

事務所を開いて25年、多くの住宅、・共同住宅・事務所ビル・商業ビルの新築・リフォームや店舗内装に関わってまいりました。より満足を得られるものを造っていくため…

玉利 恭美

利用者からのQ&A相談

困った屋根構造について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。これまでの切妻の瓦屋根と低い天井からガルバ鋼板屋根と天井なしの吹き抜け勾配天井へ改造しました。窓については、ペアーガラスの外窓と内窓にしました。リフォームトラブルに巻き込まれないように、評判の良い善良な工務店さんを選びました。しかし、雨音と暑さに悩まされております。具体的には、雨が降り出すと、天井からパタパタという雨音が発生し、豪...

回答者
深澤 熙之
建築プロデューサー
深澤 熙之

リノベーション後、ガルバ屋根の断熱の解決策について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。2階部屋は、これまでの瓦屋根と低い天井からガルバ屋根と天井なしの吹き抜け勾配天井としました。使用したマテリアルは、NISC 遮熱対摩カラーGLにてガルバ鋼板縦ハゼ葺き、ネオマフォーム t45(厚45)、構造用合板(厚9)による切妻屋根構造です。改築後、約2年を経過しましたが、7〜8月の日中時間は、京都の暑さのため、2階での生活は苦...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

リノベーション後の断熱と雨音遮断の解決策について

京都市の築50年の木造家屋2階建てを2年前にリノバーションしました。2階部屋は、これまでの瓦屋根と低い天井からガルバ屋根と天井なしの吹き抜け構造にしました。NISC 遮熱対摩カラーGL、ネオマフォーム t45を使用した切妻構造の屋根です。入居後、雨音に悩まされています。部屋に居ますと小雨がパラパラと降り出す音がすぐに分かります。本降りになるとテレビ音声をイヤホンに切り替えます。工務店さんは、雨音に...

回答者
吉田 武志
建築家
吉田 武志

屋根の構造について

築30年、2階プラス屋根裏部屋、S型瓦?の切妻屋根です。 S型瓦のようなすきまの大きい瓦でも、軒先面戸が入っていないこともあるのですか? そばに大きい木がある場合、面戸が破損することもありますか? 10年ほど前から、屋根裏部屋の天井からねずみの足音が聞こえていたのですが、去年から、壁の中や屋根裏部屋の床下、2階の天井裏からも聞こえるようになりました。 ねずみは1センチほどのすきまも通れるそうです。...

回答者
斉藤 進一
建築家
斉藤 進一

木造住宅の屋根のリフォームについて

築35年の木造戸建てに住んでいます。最近屋根裏にシミができたので2つの業者に見てもらったところ、屋根のカラーベストにヒビがあるのが確認されました。また、下地のシートが痛んでいるのだろうと言われました。改善案は業者Aはカラーベストの葺き替え業者Bはガリバリウムで今の屋根を覆うというものでした。調べてみるとガリバリウムは持ちがいいということのようなので、業者Aにもガリバリウムの見積もりを出してもらいま...

回答者
吉田 武志
建築家
吉田 武志

専門家が投稿したコラム

【韓国ソウルグルメ】大きい瓦の家で食べる「カンジャンケジャン」に舌鼓!

絶品!カンジャンケジャンの有名店韓国で行われたカイロプラクティックの国際会議。仕事が終われば、日本ではなかなか確保できない貴重なプライベート時間です。 せっかく韓国まで来たのですから美味しい料理が食べたい!前回初めて食べたカンジャンケジャンにとても幸せを感じた私(笑)今回もぜひ食べたいと思い、新たな有名なお店でケジャン料理を食してきました。それがこちら!『クンキワチッ』です。外観はこのような感じで...

井元 雄一
執筆者
井元 雄一
カイロプラクター 博士(健康科学)

5月27日 広島の自然の中に招かれて

5月27日 安芸高田へ 今年2月頃でしたかご案内をいただいたイベント ちょうど広島カンナ・プロジェクトの頃でしたので お受けすることにいたしました 東京から見えるお二方と広島空港で合流して 一路安芸高田へ いつも活動する市内とは違い 原風景とでもいう美しい景色の中を走りました 新緑の美しい時期でもあり本当にこころ洗われるドライブでした この地域は赤い土の産地なのでしょう 屋根瓦の赤が緑...

橘 凛保
執筆者
橘 凛保
マナー講師

銅先物、緑青の揺らぎ

銅の錆びの一種である緑青(ろくしょう)。 冤罪であった事は既に厚生省(現厚生労働省)の時代に認められていますが、その妖艶さからか、現在も一部で誤解が残っています。 現代の銅も、外部環境の変化により荒波にもまれています。 指標となるロンドン金属取引所(LME)・3カ月先物価格推移は以下の通りです。 ■ロンドン 銅・3カ月先物価格推移(ドル/トン) 2016-01 4,463 2016-02 4,...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

日曜日、左手のピアニストのコンサートへ

  休日、日曜日は、智内威雄さんのピアノコンサートへ。 智内さんは、職業性の局所性ジストニアという病気で右手が使えない、左手だけで弾くピアニストです。 片手なのにそれを感じさせない演奏。 かぶりつき席で、迫力ある演奏を堪能致しました。 いろいろな活動を積極的になさっているようでした。 トークもあり、とても素敵な方でしたよ。 元気ももらいました。 15年以上前に、お住まいのリフォ...

野瀬 有紀子
執筆者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター

耐震改修工事(屋根の軽量化)

耐震診断からのお付き合いで、耐震改修工事を承るケースが多いです。 高齢者のお住まいにおいては、建物全体の壁や基礎などの耐震化になると「引越し」が必要になり、身体的にも金銭的にも大変ですよね。 最近は自治体の耐震改修工事補助制度においても・倒壊しても安全な空間が確保できる耐震シェルターを内部に設置するもの・屋根の葺き替えを行い、屋根の軽量化が図られるもの・倒壊しても安全な空間の確保が見込める寝室等の...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

専門家が投稿した写真・作品

空中テラスのある家

2014/12/28 20:00
十文字 洋一
(建築家)

光庭と茶室の家

2014/12/28 19:00
十文字 洋一
(建築家)

鴻巣の曲り家

2014/06/21 20:23
中山 秀樹
(建築家)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「瓦」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (125件)

  • コラム

    (192件)

  • 写真

    (14件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (2人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索