「瑕疵担保」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「瑕疵担保」を含む検索結果一覧

511件が該当しました

専門家をご紹介

野瀬 有紀子

一級建築士 インテリアコーディネーター

女性のための住まい相談室

住まいの建築、購入、リフォームを考えていらっしゃる女性のための相談、サポート、セカンドオピニオン専門事務所です。一生に何度も経験する訳ではないので、解りに…

野瀬 有紀子

利用者からのQ&A相談

借家買取りに際しての交渉

一戸建ての賃貸住宅に10年間住んでいます この度、家主の諸事情で売却となり、退去あるいはそのまま購入の選択で、購入を検討しています 10年間で払った家賃は約1千万円で、これを購入額に反映させてほしいと思っていますまた、建物は築30年、一般的には、資産価値はほぼ無いといわれています私は、以上の点を提示し詳細に話し合いたく、家主と直接会っての交渉を要望したのですが、管理会社は「家主は交渉には出てこない...

回答者
田中 勲
住宅Gメン
田中 勲

土地購入後のトラブルについて

平成14年に不動産会社を介さずに、知人から土地(約65坪)を購入しました。ブロック塀がありましたが、現在売主(知人)が居住中の土地の一角を購入した為、ブロック塀はそのままでの売買となりました。この時は、後ほど撤去してもらえるものと思っていました。売買契約書には特にブロック塀に関する記載はありません。「この契約地域内の樹木、庭石その他(     )はそのまま保存し所有権移転登記完了と同時に乙(私)の...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

中古住宅を購入するべきか

現在、中古の一戸建てを購入するか検討しておりますが、今後のリフォームや建替え費用を考えると新築やマンションの方が良いのかと悩んでおります。私は、29歳仙台市在住、公務員で年収450万程です。子供が2人おり、妻は4月からパートで働く予定です。今はアパートを借りておりますが、手狭で子供の足音とかも気になっています。そこで、一戸建てを購入し、子供が自由に遊べる環境にしたいと思っています。中古の一戸建ては...

回答者
山田 大史
代表サポーター
山田 大史

不動産本契約の延期につきまして

中古マンションを購入することになりました。売主の方は現在住まわれています。購入を決める前に不動産会社の営業の方と、ちらっとだけ室内を見せていただきました。購入を決め、もう一度きちんと内覧したいと申し上げても、なんだかんだと理由をつけられ、あと1週間で本契約という時期になってしまいました。突然ですが売主からOKが出たので明日見にきてくださいと、営業の方から連絡をいただきました。その際、私と第三者の不...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

中古住宅 契約後のキャンセル

中古住宅を購入しました。手付金を支払い契約も済んでいます。売主の許可をもらい住宅診断をしたところ、基礎に1点気になるところがありました。きちんと補修をすれば住むには問題ないとのことです。しかしやはり不安です。補修をしたからといって本当に安全なのか(建築士は大丈夫と言っています)この時点で解約を申し出た場合、手付金は返還してもらえますか?(手付金を支払ったのは3ヶ月以上前、残金はまだ支払っていません...

回答者
藤森 哲也
不動産コンサルタント
藤森 哲也

専門家が投稿したコラム

既存住宅状況調査技術者講習に参加して参りました

昨日は、一日、既存住宅状況調査(インスペクション)技術者講習に参加して参りました。 平成30年4月1日に施行される改正宅建業法の建物状況調査に対応する資格取得のための講習です。 資格や制度について簡単にご説明いたします。 これまで住んでいた家を売りたい売主がいて、売主が、不動産業者と仲介契約(媒介契約)を結ぶ際に、 不動産業者は、 「建物の状況調査を受けますか?そういう制度があり、調...

野瀬 有紀子
執筆者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター

建築士のチェック項目

建築士のチェック項目は、建築基準法だけに留まらずクライアントが利用する「フラット35」や工務店が加入する「住宅瑕疵担保保険」の基準もクリアしているか確認した上で、図面が確定します。・ゾーニングやデザインを創造するクリエイティブな時間・法のチェックや設備電気関係の商品選定などの作業する時間この二つを一日のどこに使い分けるかで作業効率も変わってきますね。日中は現場監理や打合せなどで、クリエイティブに脳...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

【中古住宅購入で使える補助金制度】

『マイホーム購入時の資金計画・住宅ローン借り換え相談』に強いファイナンシャルプランナーの真崎です。 空き家が社会問題化して久しいですが、某新聞社調べでは2013年の首都圏での空き家率トップは栃木県那須町の50.5%との事です。 東京都でも豊島区が15.8%で、都内でも空き家は増加傾向にあるようです。 空き家率50%って本当?と目を疑う数字ですよね。 空き家率とは、総住宅数に占める空き家の割合...

真崎 喜雄
執筆者
真崎 喜雄
ファイナンシャルプランナー

基礎の配筋検査

世田谷区で進行中の「Retro Modernな家」。 基礎の配筋が終わり、本日、住宅瑕疵担保責任保険に基づく、JIO(日本住宅保証検査機構)による、基礎配筋検査が行われました。 構造図通り配筋されているか?かぶりや定着がしっかりとれているのか?ひとつひとつ確認していきます。 特に問題なく無事終了。 週明け月曜日に耐圧盤のコンクリート打設となります。 世田谷区で進行中の「R...

松永 隆文
執筆者
松永 隆文
建築家

工事請負契約約款の改正解説講習会を受講しました。

月曜日は、注文住宅やリフォーム工事の契約の考え方の基本となる、工事請負契約約款の解説講習会を受講してきました。 日本の建築関連団体7団体の委員による発行されている、民間(旧四会)連合協定工事請負契約約款が平成28年3月付の改正されました。 平成23年5月の改正から5年ぶりに改正になり、今回はその改正ポイントについての解説講習会でした。 定員195名のところ、満席でした。民間(旧四会)連合協定...

野瀬 有紀子
執筆者
野瀬 有紀子
一級建築士 インテリアコーディネーター

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「瑕疵担保」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (284件)

  • コラム

    (226件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索