「現物給付」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

岡田 ひろふみ
岡田 ひろふみ
(恋愛アドバイザー)

女性の為の新しい復縁方法

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

閲覧数順 2017年08月17日更新

「現物給付」を含む検索結果一覧

20件が該当しました

利用者からのQ&A相談

介護保険と障害年金

障害年金の受給者が介護保険のサービスを受けることはできますか?受け取れる場合、介護保険2号被保険者と1号被保険者で違いはありますか?受け取れない場合、どちらかを選択するのでしょうか?

回答者
新谷 義雄
行政書士
新谷 義雄

高額療養制度について

はじめてご相談させていただきます。よろしくお願いいたします。娘が部活中に靭帯損傷し、手術をしました。手術費用は45万ほどで、そのほか通院した際の医療費が数万かかりました。学校で傷害保険に入っているので治療費は後から戻ってきます。また、個人で生命保険の特約もかけていますので、こちらからも少し返ってきます。この場合高額療養制度を利用できるのでしょうか。また医療控除では、受け取った保険金の額を差し引いた...

回答者

労災について

労災保険についてお聞きします。正社員として働いております。仕事中に火傷をしてしまいました。現在治療中で通院中です。会社では「労災しましょう」とお話はあったようですが、まだ自宅治療中です。もし、労災で処理するとなると、どのようになるのでしょう?治療費、仕事の休んでしまった期間は?などなど、教えていただきたいと思います。もし、労災で無かった場合は?教えてください宜しくお願いします。

回答者

保険について

こんにちは。夫の海外赴任(夫は既に渡航中)に帯同するため、4月末で退職したばかりです。3月に結婚し、それまで家計についてあまり話していなかったこともあり、保険も何も入っていません。一応海外駐在員保険?みたいなものは加入したのですが、それとは別で日本に非居住の間も何か、がん保険や医療保険に加入しておいた方がいいのでしょうか。年齢は夫婦ともに30前後で、これまで個人的に入った保険はありません。今後のことを考えると必要かと思うのですが、何から手をつけたらいいのやら…よろしくお願い致します。

回答者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー
吉野 充巨

高額療養費の申請の時期

お世話になります。来年5月に子宮筋腫の手術を予定しております。高額療養費補助制度の申請をしようと思っております。今年4月からこれらの申請が事前にできることになり、病院の窓口ですでに控除された額を払える(現物支給)と聞きました。私は個人で健康保険に2つは入っており、入院後、これらも申請する予定です。病院で支払い証明書を発行してもらい、各保険会社に出す事になるかと思いますが、この場合、この高額控除制度...

回答者
ファイナンシャルプランナー

専門家が投稿したコラム

子どもが独立したとき

子どもが独立すると、必要保障額は一気に少なくなります。残された子どもへの生活費と教育費の確保が不要になるからです。多額の死亡保障から生きるための保障である医療保障、介護保障、老後保障の経済的リスクに備えることが大切です。受給できる年金や退職金の額などを把握し、運用方法とともに、財産の次世代への引き継ぎとして贈与や相続のことも考えて見直しをしましょう。 残された家族の不足する生活費を用意する場合の...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

介護保障は必要?

介護保障は、寝たきりや認知症により介護が必要になった時の経済的リスクを補う保障です。主なニーズとして、 ▲病気やケガなどで高度障害になった場合の保障を準備したい。 ▲寝たきりや認知症で介護が必要になったときの保障がほしい。 があります。 民間の介護保険で介護保障を用意した方がよいかを考える上では、公的介護保険の自己負担のしくみを知ることが大切です。医療保障の延長上に位置しているのが、介護保...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

公的介護保険制度について

平成12(2000)年4月にスタートした制度で、原則として40歳以上の国民全員が公的介護保険制度に加入しています。介護が必要と認定された場合に、費用の一部を支払って介護サービスを受けることができます。つまり、サービスの提供という“現物支給”が原則であり、現金で受け取ることはできません。65歳以上の人を第1号被保険者、40歳以上65歳未満の人を第2号被保険者といい、保障される範囲や保険料等が異なりま...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

公的医療保険制度について

昭和36(1961)年に「国民皆保険」の体制が整い、生まれたときから全員が何らかの公的医療保険制度に加入しています。病気やケガをして病院に行ったとき、保険証1枚で一定の自己負担により必要な医療サービスを受けることができます。また、フリーアクセスであり、受診する医療機関を自由に選ぶことができます。医療保険制度は、職業や年齢によって加入する制度は異なりますが、75歳未満の人は健康保険などの被用者医療保...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

介護保険

(主契約は「介護保険」、「介護保障保険」、特約は「介護特約」、「介護保障特約」)  保障ニーズ : 死亡|医療|介護|老後|その他 介護保険は、寝たきりや認知症により介護が必要な状態が一定の期間(180日など)継続したときに、一時金や年金が受け取れる保険です。保険料免除特約を付加すると、一時金もしくは年金を受け取ることになった場合、保険料が免除されます。 公的介護保険は、要介護認定を...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「現物給付」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (5件)

  • コラム

    (15件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索