「為替リスク」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

中村 はるみ
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)

家庭と社会に"幸せの魔法”をかける夫婦円満コンサルタント

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大野 萌子
大野 萌子
(心理カウンセラー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月22日更新

「為替リスク」を含む検索結果一覧

358件が該当しました

利用者からのQ&A相談

個人年金

37歳 女性です。個人年金についての質問です。先日FPさんに勧められてマニュライフ生命のこだわり個人年金にに加入しました。色々な情報があり本当にこの商品はいいものなのかわからない状態です。FPさんによると確定拠出年金より良いものだと言われました。色々な意見をお聞きしたく質問させていただきました。よろしくお願いいたします。

回答者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー
釜口 博

終身保険と定期保険、養老保険について

初めまして。子供が生まれ、夫婦共何も保険に入っていないこと、また子供のために貯蓄を兼ね、保険を考え始めました。情報: 主人 32歳 年収 1030万(去年の確定分) 妻  32歳 年収 800万(去年の確定分※今年は、産休中のため、減額) 子供 0歳(将来もう1人を予定) ●ローン 5300万(購入して3年 毎月31万返済) ●貯蓄  銀行口座:600万      財形・持ち株:300万     ...

回答者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー
岩川 昌樹

安定的運用

手元に1.5億程度の時価の有価証券や現金の金融資産があります。これを基にして、なるべく安定的に、2%-4%で運用しながら、生活資金を得たいと思っていますが、どういったポートフォリオのイメージになるでしょうか?投資信託は一つあると思いますが、運用コストがバカにならず、ヘッジファンドに預ける、という選択肢もあるのかなと。よろしくお願いします。

回答者
田中 佑輝
ファイナンシャルプランナー
田中 佑輝

お金と資産運用・投資

現在37歳 独身女性です。将来老後の為の貯金と毎年行く旅行資金・車買換え資金などのお金を増やす・貯める方法に悩んでおります。アドバイスをお願いいたします。月収手取り13万円生命保険・医療保険・がん保険に毎月6000円現在実家暮らししており毎月3万円の定期貯金をしております。来年の春には一人暮らし予定です。(家賃4万円ぐらい)以前FPに相談したところアクサ生命のユニットリンクを進められましたがネット...

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

融資

海外からプラント発注がありました。決済方法はスタンドバイLCとの事でした。スタンバイLCを担保として輸出資金は調達できるのでしょうか?もし、調達が可能の時は各銀行によって違うと思うのですが、どのような作業(工程)になるのでしょうか?

回答者
渕本 吉貴
起業・資金調達・事業再生コンサルタント
渕本 吉貴

専門家が投稿したコラム

今から始める老後資金づくり

老後資金をいくらためたらいい? 老後資金はいくら貯めたらいいのだろうか。よく言われるのは60歳までに3000万円。85歳まで生きたとしたら25年間毎年120万円(利息は考慮しないとすると)使えることになります。年金が毎年夫婦で280万円もらえるとすると400万円の収入になります。月約33万円です。今の生活と比べてどうですか。ご自身が老後にやりたいと思っていることはできそうですか。人生を満足して終...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

外貨保険販売でトラブル

銀行で外貨保険販売が広がっているようです。 国内の低金利状態で国内生保の商品に人気がないために、米ドルや豪ドルなどの高利回りの「外貨建て保険商品」がよく売れているそうです。この外貨建て商品の販売手数料は5~8%と高く銀行も必死に販売していますね。 その一方で、「こんなはずではなかった」「そんな話は事前に聞いていなかった」という苦情の類が増えています。とくに、商品を購入した高齢者の親族からのクレ...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

平成27年事務年度版金融レポートに見る、個人投資家に適さない金融商品

9月に、金融庁から平成27年事業年度版の金融レポートが発表されました。 http://www.fsa.go.jp/news/28/20160915-4/01.pdf 同レポートは日銀の金融政策や銀行等金融機関の経営についての見解を述べるなどに多くを割いていますが、森信親氏が長官に就任されてから、金融庁の立ち位置を顧客(≒個人投資家、生活者)寄りに修正されたことから、我々個人投資家にとって、極めて有...

吉野 充巨
執筆者
吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

30代、老後資金準備とインフレリスク

  マイナス金利の今、長期金利が低下していますね。老後資金の準備をどうしたらいいのでしょうか。今の低金利で金利を長期で固定するとインフレリスクを抱えることになります。30代、どのように老後資金を貯めたらいいのでしょうか。30代はまだ老後まで時間があります。時間を味方につけることです。また、時間があるため失敗しても取り返すことができます。今のような低金利時代には、価格変動リスクのある商品や為替リスク...

辻畑 憲男
執筆者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

【金融庁も手数料稼ぎに目を付けている!】円高でも外貨建て保険には入ってはいけない

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。今は世界的に低金利なので、このタイミングでは外貨建て保険には加入してはいけないことを今年3月に書きました。 2016年3月25日 『今は外貨建て保険に加入するべきタイミングではない』  http://profile.ne.jp/pf/itsuro-kubo/c/c-169362/ また、外貨建て保険はコストが高いから、円高メリットを活かすにしても外...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「為替リスク」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (286件)

  • コラム

    (72件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索