「消費者被害」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

奥村 徹
奥村 徹
(弁護士(大阪弁護士会))

性犯罪・福祉犯の刑事弁護人です

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)
堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月23日更新

「消費者被害」を含む検索結果一覧

16件が該当しました

専門家をご紹介

神尾 尊礼

弁護士

円満解決が第一。親身になって対応します。

家事事件から刑事事件、企業法務まで、幅広く扱ってきました。特に、裁判所等から後見等を頼まれることもあります。現在は、初回相談無料としています。敷居は低く満…

神尾 尊礼

利用者からのQ&A相談

返金を求めるのは可能でしょうか?

はじめまして。先日、ダウンロード版のマニュアルを購入しました。(配信されたメルマガを読んで知りました)そのマニュアルの紹介文に興味を持ちましたが、実際に購入して内容読んだところ、内容が最初の紹介とあまりにも違いがありました。またその内容が「独自の情報」として販売価格を高額に設定されていました。実際購入後、マニュアルを読んで愕然として、高額な代金に値しない情報だったので(独自の情報と思われる箇所はな...

回答者
若山 和由
行政書士
若山 和由

着工前の契約解除について

土地購入と一緒に工務店と建築契約を結びました。工務店A社から、土地を紹介され、土地売買契約は、地主から不動産会社を通じて購入し、住宅ローンを借りるため、「仮」と言うことで、同時にその工務店と契約しました。(簡単な平面図と一式契約で、2000万円)その後、設計打合せを2カ月ほど進めたのですが、信頼できないことが多く、その工務店との契約を解除したいと申し出たのところ、1、「建築条件付き」だから、当社と...

回答者
小松原 敬
建築家
小松原 敬

勧誘について

先日、ある業者から在宅ワークの仕事の勧誘として電話がありました。その電話の中で「やる」と言って契約をしてしまったんです。その内容は、月1回500枚の広告をポスティングなりで配り買った人がいればその金額の何割かが私の元へ入ってくるというものなんですが、登録料に49万円支払わないといけないんです。その登録料を支払うのに信販会社のクレジットを使うということなんですが身分証が必要なので送れと言われ、また登...

回答者
三森 敏明
弁護士
三森 敏明

専門家が投稿したコラム

消費生活センターの上手な利用方法1 消費生活センターってどんな所?

こんにちは。消費者考動研究所代表 消費者教育コンサルタント/消費生活アドバイザーの池見です。いきなり質問ですが、皆さんは消費生活センターが行っている相談や事業について、詳しくご存じでしょうか? 「名前と悪質商法の相談をやっているのは知っているけれど、他はよく知らない…」という方が多いのではないでしょうか。 とても役立つのにあまり知られていないこの施設。そこで、実務経験を基に、上手な利用方法をシリー...

池見 浩
執筆者
池見 浩
消費者教育コンサルタント

特定商取引法の改正についての検討(平成27年時点)

特定商取引法の改正履歴 行政規制と民事ルールの制定によって消費者保護を図る特定商取引法は、移り変わる消費者取引の実態に対応して改正を繰り返しています。 最近では平成24年改正(平成25年2月施行)で、訪問購入が新たに指定役務として追加されました。 平成20年の改正時に同法の付則では、 「特定商取引法改正法の施行後5年を経過した場合において、改正後の特商法の規定の施行の状況について検討を加え、...

遠山 桂
執筆者
遠山 桂
行政書士

企業には脅威! 消費者には安心!「消費者裁判手続特例法」(3/3)

訴訟回避に最も必要な対策は「品質管理」と「表示管理」。   前回は「少額で多数の消費者に被害を与える事案」がKey Wordであることをお伝え致しましたが、 今回は「消費者裁判手続特例法」及び 「集団的消費者被害回復の訴訟制度」に対し必要な対策につい てお伝えします。 対策を考えるには、この“集団的消費者被害回復の訴訟制度” がどのような事案に対し適用されているか 「過去の事例や判例」を基に考...

西野 泰広
執筆者
西野 泰広
経営コンサルタント

企業には脅威! 消費者には安心!「消費者裁判手続特例法」(2/3)

「少額で多数の消費者に被害を与える事案」がKey Word。  この「消費者裁判手続特例法」及び 「集団的消費者被害回復の訴訟制度」に対するには、どのような事案 が対象になるのかを知る必要があります。 一般的には過去の事例や判例を参考にして対策を考えること になりますが、残念ながらまだ施行されていないため正確には分からないのが現状です。     ※現時点で正確に分かっているのは“施行後の事案が対...

西野 泰広
執筆者
西野 泰広
経営コンサルタント

企業には脅威! 消費者には安心!「消費者裁判手続特例法」(1/3)

今後の消費者行政が大きく変わる法令 “3年以内に施行” 。   消費者裁判手続特例法は『集団的消費者被害回復の訴訟制度』の実効性を担保するために制定された 特別法で、被害を受けた消費者にかわり 「特定適格消費者団体」 が当該事業者を提訴(訴訟)するこ とが出来るようになります。    ※ 「集団的消費者被害回復の訴訟制度」については下記のコラムをご覧ください。       ・被害者への救いの手...

西野 泰広
執筆者
西野 泰広
経営コンサルタント

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「消費者被害」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (3件)

  • コラム

    (12件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (1人)

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索