「海外法人」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

高橋 昌宏
高橋 昌宏
(建築家)
白尾 由喜子
白尾 由喜子
(英語発音スペシャリスト/英語プレゼン講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

「海外法人」を含む検索結果一覧

12件が該当しました

利用者からのQ&A相談

資本金送金に対する外為法上の報告義務について

日本法人が海外に新しく合弁会社(持株比率50%)を設立する場合の資本金送金に対する外為法上の報告義務について教えて下さい。仮に資本金として2億円送金する場合は、外為法上の報告が必要でしょうか?その場合「資本取引」か「対外直接投資」のどちらでしょうか?日銀HPの「外為法Q&A」を読んでも、判断がつきませんでした。ご存知の方がおられましたらご教示いただけると幸いです。

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

海外法人に請求したが、その日本支社からの支払いを希望された

はじめまして、私は日本国内の法人で経理を担当しています。この度、弊社から中国の法人(○○○有限公司という商号)へ商品を輸出することになりました。弊社としてはその法人からの入金を確認し次第、商品を直送したいのですが、先方が急いでいるとのことで、海外送金では時間がかかるから今回は料金を日本支社から現金書留で送りたいと言われました。このように海外の法人からの支払いを、その日本支社から受けるのは大丈夫なの...

回答者
榎並 慶浩
税理士
榎並 慶浩

海外取引について

輸出免税についてはこちら(http://profile.allabout.co.jp/ask/q-70330)で理解しました。今回の私のケースは、請求は国内弊社から外国法人に請求、外国法人は別の国内法人に請求するケースです。しかし、物品は国内弊社から直接国内法人に納品して欲しいとの要望がありました。この場合私は消費税を含めて海外法人に請求すべきでしょうか?お金の流れを見ると輸出免税でいいのではと思...

回答者
小松 和弘
経営コンサルタント
小松 和弘

海外事業主との取引に消費税は発生するのか?

個人事業主として、フリーのWebデザイナーをしています。今回、海外(米国)に本店がある(日本国内にも支店がある)企業から、Webサイト制作を依頼されました。請求書を出す際に、「海外法人なので、消費税が発生しないので、消費税をつけないようにしてほしい」と言われたのですが、本当にこれでいいのでしょうか?日ごろお世話になっている税理士に相談したところ、海外にある企業との取引でも、消費税は当然発生するので...

回答者

離職中 経理 就職先選びについて

2月に前職(正社員)を退職、就職活動中の28歳(女)です。休み&考える時間をとり、実際に本格的活動を開始したのが一ヶ月前になります。全くの未経験・資格なしから経理の道を進み始め、やっと仕事をある程度“選べる”レベルまで来ました。しかし、段階を踏んで(派遣社員を経て)経験を積んできた為、また今回の計画外の転職の為、これまでの会社で二年以上勤めたことがありません。短い期間しか会社にいないため、会社につ...

回答者
葉玉 義則
キャリアカウンセラー
葉玉 義則

専門家が投稿したコラム

リーディングカンパニー?

弊社は永年、業界のリーディングカンパニーとしての役割を担ってまいりました。或いは、「○×△のリーディングカンパニー」などといった表現をよく見かけます。 ホームページやパンフレットなどに使う表現としてはなんら問題はないと思いますが、メディア対応時に使う表現としては適切ではありません。 誰しも知る業界トップの企業が使用する場合はそのまま読み流せますが、そうでない企業の場合、逆にマイナス...

中村 英俊
執筆者
中村 英俊
広報コンサルタント

外国人を何のために雇用するのか目的を明確にする

外国人雇用は、会社の理念を実現するための手段  近年、日々の暮らし、職場等で外国人労働者に接する機会が増えており、テレビ、新聞等のメディアでも、企業が国際競争力を維持し、発展していくためには、外国人雇用が必要不可欠であるなどと論評されているのをよく耳にします。  しかしながら、このような世間の風潮を何となく鵜呑みにし、外国人雇用の目的が明確に定まらないまま、採用を始めてはいけません。  あく...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

日経記事;海外収益は成長の礎マネー還流国内の支え に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 11月3日付の日経新聞に、『海外収益は成長の礎 マネー還流、国内の支えに ニッポンの企業力 第1部 空洞化ドミノ(2)』のタイトルで記事が掲載されました。 本日はこの記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『神奈川県平塚市など国内に8カ所あるコマツの建機開発拠点。過去10年で従業員...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

湧き出る泉を掘り当てろ

  3月9日の日経新聞1面に「電機大手アフリカ開拓」とありました。      今、大手企業は中国への工場進出と販売進出を終え、   ロシアへの販路拡大も終わり、   インドに販路を広げようとしてカーストに阻まれ苦戦し、   そうして、とうとうアフリカ市場を開拓し始めました。   大手工場は、中国・ロシア・インド・アフリカの国と移動していたので、   いつか工場だけ...

鈴木 栄美子
執筆者
鈴木 栄美子
ビジネススキル講師

SFCGの資産隠しにNO(その3)

SFCG経営破綻に伴う資産隠し問題は元社長の破産という形で幕を引く ことになりそうだ。 5日0時10分asahi.com記事はこう報じた。 破産手続き中の商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド)の創業者 である大島健伸元社長(61)に対し、東京地裁は4日、破産手続きの 開始を決定した。 破産管財人にはSFCGの管財人をしている瀬戸英雄弁護士が就いたが、 元社長...

平 仁
執筆者
平 仁
税理士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「海外法人」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (7件)

  • コラム

    (5件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索