「法定減額」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「法定減額」を含む検索結果一覧

8件が該当しました

利用者からのQ&A相談

パートの掛け持ちで扶養から外れる場合

現在週二回で月6万ほど働いています。今回掛け持ちで別に週三回の仕事に出ることにしました。こちらは10万前後になる予定です。掛け持ちのため、国民年金と健康保険に入らなければならないと思います。夫の会社からは家族手当として15000円が支給されていました。年間で収入は190万円ほどになると計算していますが、自分で国保、健保を支払うのは損という話を聞いて悩んでいます。様々な事情で掛け持ちという形しか取れない状態ですが今までの倍以上働いて世帯年収として損になってしまうならば考え直したいと思っています。

回答者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー
杉浦 恵祐

国民健康保険料と世帯主分離に付いて

2年前にサラリーマンを退職し、昨年6月から配偶者と共に国民健康保険に加入しています。又、同居している息子がおりますが、勤務先での健康保険加入が無いため、個人で国民健康保険に加入しています。現在、私とも夫婦は年金暮らしですが、保険料は世帯総収入を基準として算出され、世帯主宛に送られる仕組みだと聞きました。そこで質問なのですが 1.息子の収入が増えてくると、私共の保険料まで増えるのでしょうか? ...

回答者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー
杉浦 恵祐

投資信託の特別分配金は国民健康保険に影響しますか?

投資信託の特定口座で源泉徴収されていますが、確定申告した場合、特別分配金を市役所に報告され、国民健康保険の所得となるかどうかを、教えてください。特定口座年間取引報告書には、配当等の額が約16万円、特別分配金の額が約16万円、譲渡所得等の金額が約2万5千円(差引金額)となっていて、税額を合計すると約1万8千円です。投資信託は毎月分配型で、譲渡所得等は評価額が上がったので一部解約した差引金額(約16万...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

国民健康保険について

はじめまして。全くの無知なので教えてくださいm(__)m現在無職のため、国民健康保険に加入しています。前年は働いていました。父(世帯主)は年金生活です。今までは、父と私は保険証を別にしそれぞれで保険料を支払い、確定申告もそれぞれでしていました。しかし、別々ではなく一つの保険証にした方がいいのかと思い、今年からそのように申請しました。ここでお尋ねします。私が加入する前についてですが、父の収入はないた...

回答者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー
杉浦 恵祐

国民健康保険料

40歳の独身男性です。今年度末で会社を依願退職します。春以降失業状態になりますが、国民健康保険料を納めることに不安を感じています。任意継続制度を選択せずに国保の加入を選んだ場合の減額方法を教えて下さい。また、昨年度の源泉徴収票の支払金額は610万円です。国民健康保険料はどれ位になるのでしょうか?

回答者
山宮 達也
ファイナンシャルプランナー
山宮 達也

専門家が投稿したコラム

今年も国民健康保険料の減額対象となる所得の範囲が広がります(27年度税制改正)

 前のコラムで取り上げましたが、平成27年度も国民健康保険料の上限金額が引き上げられますが、一方、国民健康保険料の均等割や平等割が軽減される対象が広がります。 これにより、比較的所得の高い世帯は負担増となり、一方、軽減対象となる低所得世帯の範囲が広がります。  「国民健康保険税の減額の対象となる所得の基準について、次のとおりとする。 ① 5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において被...

杉浦 恵祐
執筆者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

一方、低所得者の来年の国民健康保険料は下がります。その2

 「国民健康保険税の軽減措置について、5割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定における被保険者の数に世帯主を含め、2割軽減の対象となる世帯の軽減判定所得の算定において被保険者の数に乗ずべき金額を45万円(現行35万円)に引き上げる。(平成26年税制改正大綱より)」  その1では上限の引き上げという比較的所得の高い世帯の負担増をとりあげましたが、今回は軽減対象となる低所得世帯の範囲が広がるとい...

杉浦 恵祐
執筆者
杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「法定減額」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (6件)

  • コラム

    (2件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索