「法令違反」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「法令違反」を含む検索結果一覧

82件が該当しました

利用者からのQ&A相談

新築マンション投資の勧誘に乗せられましたが危険でしょうか。

自宅にとある業者がきてマンション投資の勧誘を受けました。最初は断ったのですが、押し切られて話をお聞きした。よくある「節税、老後の資金繰り」という謳い文句に乗せられてしまい、契約する方向に進んでおります。リスクの説明もして頂き、納得したつもりですが、自分の年収、貯金から2000万円以上のローンを背負うのは、正気沙汰じゃない気がします。やはり断るべきでしょうか。アドバイスをください。職業 1部上場メー...

回答者
森 一夫
建築家、ファイナンシャルプランナー
森 一夫

労務管理

中小企業人事です。弊社はIT開発でサービス残業が当たり前の会社風土です。残業なしでワークライフバランスを充実させたい社員がいる一方で、やる気がありサービス残業も厭わない社員もおります。働き方はそれぞれに任せておりましたが、前者のような社員がいると後者は不満を感じ、後者のような社員がいると残業をしなければならない風潮ができてしまい、代表以下の上下関係もない組織なので人事である自分が労務管理を行わねばとは思っているのですが、どのような対策が考えられるでしょうか。

回答者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント
小笠原 隆夫

建築士との契約解除に伴う損害

建築士との業務委託について教えてください。別カテゴリーでも質問いたしましたところ法律関係での見解も教えていただきたく再質問させていただきました。ご了承ください。建築士との信頼関係が下記により信頼関係が失われたので契約解除しました。今回はオープンシステムで建築士と契約を交わしました。基本設計では当方の間取りへの要望やこだわりと建築士の計画したい住宅との温度差があり、当初は全く当方の要望には応えてくれ...

回答者
木本 寛
弁護士
木本 寛

設計料金について

初めてこの度、新築住宅を作ることにしました。工務店?さんと話をしてとても気持ちのよい社長さんだったため、設計から施工までお願いする事にしました。しかしいざ、設計段階に入ってもなかなか連絡がこなくて、こちらから連絡をとりやっと設計図面のやりとりをメールで何度か行いました。しかしまた見積りの段階に入った時、坪50万くらいで考えてくれていたらいいと最初におっしゃっていたのですが、これだと2000万はかか...

回答者
細谷 健一
建築家
細谷 健一

居室が実は納戸だった

建売住宅ですが、ほぼ引渡し前の内覧会時に居室と思っていた部屋の一つが納戸であることが分かりました。戸建のため売買契約書には4LDKなどの表記はありませんが、購入検討や契約の際にもらっていた販売用広告や平面図のほか設備打合せで使用していた図面などにも洋室と明記されていました。ただ唯一契約の際に渡された施工図面の中のひとつに納戸表記がありましたが、説明もなくまったく気づきませんでした。基本その部屋は窓...

回答者
岩間 隆司
建築家
岩間 隆司

専門家が投稿したコラム

技能実習計画の認定は?

技能実習法(外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律)は、平成28年11月18日に成立し、同月28日に公布されました。 技能実習法は、技能実習に関し、技能実習計画の認定及び監理団体の許可の制度を設け、これらに関する事務を行う外国人技能実習機構を設けること等により、技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護を図るものです。 技能実習法では、技能実習に関する認定制の仕組みが規定さ...

中西 優一郎
執筆者
中西 優一郎
弁護士

不祥事 「再発を防ぐマネジメント」ですべきこと

それは何か? 不祥事を経験した企業は、事故がまた起こらないように 会社をマネジメントしなければなりません。 そう。 不祥事を起こした企業には、  「再発を防ぐマネジメント」が必要なのです。 さて、 この「再発を防ぐマネジメント」。 一体、どんなことをしたらいいでしょう? いろいろありますが、その1つがこれ  「自分の身の丈を自覚する」です。 なぜか?  身の丈を自覚できないとこうなる...

中沢 努
執筆者
中沢 努
コンサルタント・研修講師・講演講師

「やるに値する」 社長・役員・取締役向けコンプライアンス研修

それは何か 社長や役員のコンプライアンス研修を「やるに値する」ものにしたい。 どうしたらいいでしょうか。 答えは  「ごもっともな正論、その通りですな」 にしない です。 *******************************************  経営陣が密接に関わることで起こった法令違反。  繰り返しますが「専門家や偉い人の話し」で防げると思いますか?  防げません。  ...

中沢 努
執筆者
中沢 努
コンサルタント・研修講師・講演講師

ゴールデンウィーク 無理な横断 事故のもと

開発の進む、自動ブレーキや衝突回避などの先進運転支援システム。 本格普及にはもう少し時間がかかり、また最終的には個々のドライバーに委ねられるため、歩行者も引き続き自衛が必要です。 統計によると、交通事故の状態別死者数は以下の通りです。 ■交通事故の状態別死者数 ・歩行中    1,534人 ・自動車乗車中 1,322人 ・二輪車乗車中  677人 ・自転車乗用中  572人 ・その他      ...

堀池 泰
執筆者
堀池 泰
保険アドバイザー

コンプライアンス対策の方法

仕組みだけでは防げない コンプライアンス対策として仕組みは必要です。 でも、それだけで不正は防げません。 仕組みの他に絶対に必要なもの。 それは「人間」と「倫理」です。 ********************************************** 私はコンプライアンス違反を起こし世界で報道された企業の再生を支援したり、 その他法令違反企業の実態を見てきました。 そして、この...

中沢 努
執筆者
中沢 努
コンサルタント・研修講師・講演講師

「知的財産権」に関するまとめ

  • 知的財産権って何?基本事項や疑問について専門家が解説します

    皆さんは「IP」という略称を耳にすることはありませんか。近年様々な言葉の略称として用いられていますが、そのうちの1つに知的財産権(Intellectual Property)があります。
    知的財産権とは商標権や特許権など無形財産に関する権利の総称で、五輪のロゴ問題を始め話題にならない日はありません。ここでは知的財産権についての基本的なことや疑問の解消に役立つ専門家の解説をまとめました。

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「法令違反」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (12件)

  • コラム

    (70件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索