「残業時間」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月19日更新

「残業時間」を含む検索結果一覧

112件が該当しました

利用者からのQ&A相談

残業時間の設定について

会社は、午後5時から時間外となります。始まりの1時間は、午後6時を過ぎないと、時間外として扱われない決まりです(6時以降は、30分毎で2時間毎に15分の休憩)私の部署は、申請しないと時間外となりません残業申請しても、定時内で作業してくださいと言われ、5時50分くらいにまで作業して帰宅するようにしています毎日0.75時間作業していますので、1ヶ月22日の労働日数とした時に、16.5時間となります時間外の設定は、会社任せになり上記のような事は、法律上特に問題なしとなるのでしょうか?

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

106万の壁 扶養内にとどまるべきか迷っています。

はじめまして、よろしくお願いいたします。現在53歳。今の会社は勤続14年、契約社員という形で週28時間勤務の契約をしておりますが、毎月調整をしながら扶養の枠を超えない範囲ぎりぎりに抑えて働いています。主人は57歳、来年専門学校を卒業する子供一人と独立した子供が二人おります。今回106万の壁ということで契約を結びなおすことになりました。主人の年収は800万以上、老後の為の貯えも少しはありますが今現在...

回答者
平松 徹
社会保険労務士
平松 徹

高卒の転職について

私は3年前に工業高校卒業後、そこそこ規模があって60年歴史がある会社に入社しました。しかし、夜勤で身体を壊し、先月に業務縮小という形で会社を今月に退職させられます。転職エージェント使って転職活動をしてきましたが、将来のない特定派遣やブラックな飲食系ばかり薦められてなかなかきまりません。愛知県で「年間休日118日以上、初年度年収最低300万円、夜勤なし」で工場の求人は正直言って高望みですかね・・・?...

回答者
西田 正晴
転職コンサルタント
西田 正晴

現在の会社を続けるか、公務員へ転職か

初めて質問を投稿させて頂きます。大手メーカーで機械設計をしている5年目の29歳男性です。現在、会社に留まるべきか、公務員への転職を目指すべきか悩んでいます。<現在の会社について>・残業が多く帰りが遅い、休日出勤しなければ終わらない仕事量なのに、残業時間を適正に付けられない。・上司に信頼できる人がいない。・設計という仕事はやりがいがある。<公務員に転職したい理由>現在の会社では機械設備の制御に関係す...

回答者
笹木 正明
キャリアカウンセラー
笹木 正明

転職回数につきまして

お世話になっております。今まで4社経験しており現在、転職活動をしております。やはり転職回数が多いと書類選考、面接の際に不利になりますでしょうか。16年間 ルート営業をしており同じ業界にて従事しております。・1社目 8年6か月退職理由:年間休日90日 月残業時間100時間程度で結婚を考え始め自分の時間を少し持ちたいと思いました。取引先:量販店・2社目 6年8か月退職理由:結婚後、マンション購入に伴い...

回答者
西澤 靖夫
転職PRの専門家&キャリアカウンセラー
西澤 靖夫

専門家が投稿したコラム

人手不足の今だからこそできる「働き方改革」

 このところ、主に「長時間労働」に関する労働時間の話題が増えています。過度な長時間労働が心身の健康を害することは間違いなく、その解消は絶対に必要なことです。    ただ、「仕事が好きで」「自分がやりたくて」「納得して」、そうやって働いている結果、長時間労働になっているという人もいて、そんな人たちの中には「労働時間だけが問題ではない」「働き方の質の問題」という人がいます。  経営側からの要望が...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

立場が違うとどうにもかみ合わない「残業代」に関する議論

 少し前のことになりますが、「残業代を求める若者は社会をなめているのか?」というウェブ記事を見ました。    日本生産性本部ほかの団体が、新社会人を対象に実施した「働くことの意識」調査で、「残業についてどう思うか」という質問に対して、「手当がもらえるならやってもよい」と答えた若者が約7割と過去最高だったということです。  一方で「手当にかかわらず仕事だからやる」は下降線をたどっていて今回は2...

小笠原 隆夫
執筆者
小笠原 隆夫
経営コンサルタント

神対応ではなく紙対応

建築業界は他の業界より、色々な面で体質が古いと常に感じています。世の中、残業時間について議論されてますが、建築業界は残業どころか「土曜日や祭日などが休み」と言う観念がないと思います。(雇用形態に左右されます)最近は現場の職人さんと図面のやりとりをIPADなどで行うケースも耳にしますがご年配の職人さんには「紙ベース」で見せたほうが確実です。建築確認も構造計算が絡むと意匠図と合わせて、紙対応の場合はこ...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

残業上限『100時間未満』

皆さんこんにちは、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺です。 日本経済新聞の記事によると、日経の世論調査で、政府が年内提出を目指している労働基準法改正案で、残業時間の上限を繁忙期は『100時間未満』とする方針について、『妥当』が43%で最も多かった。『もっと短い方が良い』は37%、『もっと長い方が良い』は11%だった。 男性は『妥当』が48%と『もっと短く』の33%を上回...

渡辺 行雄
執筆者
渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

日経記事;『社長100人アンケート生産性向上に投資8割「働き方改革」実現へ意欲 AIやIoT活用』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 3月9日付の日経新聞に、『社長100人アンケート生産性向上に投資8割「働き方改革」実現へ意欲 AIやIoT活用』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は、以下の通りです。 『政府が旗振り役となっている「働き方改革」の実現に向けて、企業にとっても生産性の向上...

山本 雅暁
執筆者
山本 雅暁
経営コンサルタント

専門家が投稿した写真・作品

残業時の業務分析

2012/04/11 13:58
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「残業時間」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (59件)

  • コラム

    (52件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索