「歯周病予防」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

27年の経験を活かし、不動産を通じてあなたを幸せにします。

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
小田 都呼
小田 都呼
(恋愛・婚活アドバイザー)

閲覧数順 2017年08月16日更新

「歯周病予防」を含む検索結果一覧

22件が該当しました

利用者からのQ&A相談

歯肉炎について

前回、ご回答ありがとうございました!私は軽度の歯肉炎だと歯科で言われたので、日頃の歯ブラシ等のケアを丁寧にと意識しながらしてます。質問1 歯肉炎とは歯周病の段階の一種でしょうか?質問2 歯と歯茎の境目の歯周ポケットに歯垢が溜まりやすいところだから磨くようにとご指導いただきました。歯茎から出血しても磨くべきですか?それとも歯周ポケットを磨く際もなるべく出血させないように磨く方がいいですか?最近...

回答者
永山 幸
歯科医師
永山 幸

高校1年生 反対咬合について

自分で調べたり、こちらで質問させていただいたりして反対咬合の治療にはかなりのお金がかかるということがよくわかりました。もし手術をするとして保険が適用されたとしても、それでも高校生にとってはかなりの額になると思います。なので反対咬合の治療をするのは大人になってお金を貯めてから、と考えたのですがやはり心配です。今回教えていただきたいのは、1、高校生の時と20歳以上の時では、お金はもちろんかかる時間は変...

回答者
堀内 晃
歯科医師
堀内 晃

歯茎からの出血、歯医者選び

歯科について質問です。ちなみに24歳の女性です。最近、歯茎からの出血が気になっています。もともと歯を磨くときに出血しやすくはあったのですが、最近では何もしなくても血が出ていたり、朝に目が覚めると歯茎から出血のあとがあったりします。突然口の中が血だらけ、という状態になり、気持ち悪いのです。歯並びが悪いのも原因かとは思うのですが、心室中隔欠損症という心臓病のためか矯正しないできました。何度か歯医者に行...

回答者
倉田 友宏
歯科医師
倉田 友宏

前歯のすきっ歯を自分で治したい

糸で前歯2本のすきっ歯を縛れば自分で治せると思ます。何回かやってみたんですが....一晩、歯を縛った糸を外すと、しばらくはすきっ歯が治りますこれを続けてたら、すきっ歯を自分で治せる可能性がある思いますが、専門家の方々の考えをお聞きできれば幸いです

回答者
小谷田 仁
歯科医師
小谷田 仁

差し歯

前歯上部4本を1本の差し歯にして15年経過します。だんだん差し歯と歯茎の間に隙間が出来て、貧乏っぽい表情になってきました。空間が大きいらしく、セメントで埋めてもらってもすぐとれてしまいます。一度この差し歯を外して、強力なセメントで歯ぐきとのすき間をきっちり埋めてから、もう一度口の中にセットすることは可能でしょうか?担当の先生には無理だと言われました。高い費用で作った差し歯なのでもう少し使いたいのですが・・・・

回答者
金田 竜典
歯科医師
金田 竜典

専門家が投稿したコラム

原因追究と依頼者の関係性

半年に一度、歯科検診に行ってますが、ここ数か月 奥歯が熱い食べ物に沁みるようになったので先日診てもらいました。 歯科医の原因追究手順として 1.熱いものは沁みるが冷たい食べ物は沁みない(知覚過敏ではない) 2.痛みが続かず、不定期に訪れる (虫歯ではない) 3.むず痒い痛みではない (親不知が動いたわけではない) 4.歯茎の炎症 あごの異常 (歯周病) 5.疲れやストレス時に起きる...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

歯科定期健診

半年に一度は歯科へ定期健診に行ってます。 半年毎ですので小さい虫歯が見つかっても、その日で治療が簡単に済みますし、歯石もとってもらうとスッキリしますね。 8020運動として上15本・下14本が現役ですが、今後何本朽ちてくるかは日ごろのメンテ次第だと感じます。 ネット画像より 歯周病予防も含め、口腔内清潔は高齢者になってからの誤嚥性肺炎や認知症も予防できますので、悪くなってからの...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

コンクール

今回は『コンクールF』といううがい薬についてお話します。 このうがい薬には、グルコンサンクロルヘキシジンという殺菌作用、歯垢抑制作用のある成分が含まれています。そのため、虫歯予防、歯周病予防、口臭予防ができます。 また、お口の中のネバツキも抑えられます。また歯周病が強い方や、口腔内の外科処置をして、歯ブラシが十分にできない方には、コンクールFをお勧めします(^∇^) 使い方は、歯磨...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

食後すぐに歯を磨くな?

こんにちは♪今回は「歯みがき」のお話です。何回かに分けて書いていこうと思います。   ブログやメール、知恵袋などのネット上であったり、患者さんから直接であったりといろいろなところでよく聞かれるのが     食後すぐに歯を磨いちゃいけないって本当ですか?     という質問です。         以前は『食後すぐに歯を磨きなさい!』なんて言われていました。 ...

倉田 友宏
執筆者
倉田 友宏
歯科医師

お口の健康を保つ正しい歯磨きの仕方

【お口の健康を保つ正しい歯磨きの仕方】   むし歯や歯周病予防のために欠かせないのが毎日の歯磨きです。食べカスや歯垢などの汚れを落とし、口腔内の健康を保ってくれる歯磨きですが、間違った磨き方をしていると汚れを落とせないばかりか、歯や歯肉を傷つけてしまいます。汚れを落とすことに必死になり力いっぱいゴシゴシ磨いていませんか?歯磨き粉をたくさん付けてお口の中を泡だらけにして磨いていませんか?歯ブラシ...

井川 征博
執筆者
井川 征博
歯科医師

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「歯周病予防」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (10件)

  • コラム

    (12件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索