「歯みがき」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)

感情を否定せず、まず寄り添うこと、を理念としています。

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)
西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

閲覧数順 2017年08月21日更新

「歯みがき」を含む検索結果一覧

57件が該当しました

利用者からのQ&A相談

神経を抜くと歯は腐る?

よろしくお願い致します主人は以前から歯並びが悪く、子供の頃から虫歯に悩まされていました昨年末、健康を考えて虫歯治療と歯列矯正の為、矯正歯科に通い始めたのですが思った以上に深刻な状態らしく全ての歯を抜いて入れ歯にするよう勧められたそうですまだ、42ですからかなりショックだったらしくなんとか出来ないものかと悩んでいます出来るとこまで自分の歯で生活したい、年をとって入れ歯ににするのは納得できる、今は生活...

回答者
飯田  裕
歯科医師/医学博士
飯田  裕

親知らずにつきまして

お世話になります。半年くらい前に右の上下の親知らずを抜きました。その際に左は生えてきても問題ないと言われ放置していましたが最近また生えてきた模様です。このまま生えたままでも痛くなければ放置していても大丈夫でしょうか?

回答者
河合 毅師
歯科医師
河合 毅師

右下顎の水平埋伏智歯の抜歯について

初めて質問させて頂きます。左右の下顎に水平埋伏智歯がありまして、右側の智歯が少し萌出しており、今抜こうかどうか悩んでおります。因みにもう蝕はありませんし、他の歯もう蝕も今まで一度もありません。また、上顎の智歯は正しい方向に生えてきているのですが、左右とも歯肉に覆われた状態です。そこで、質問なのですが対の歯となる上顎の智歯も抜くべきか、それとも将来的に抜くことになるのでしょうか。下顎の智歯を抜くこと...

回答者
堀内 晃
歯科医師
堀内 晃

小学五年の子ですが

お世話になります五年男子です 学校行くにも 「行きたくない」と近所の塀を蹴ったあと道に寝転んで駄々をこねたり 通学班にも迷惑かけたりしてます塾にも 妹といってますが やだーとじゃり道でしゃがみこんで拒否したり 学校でも寝てしまったり 学校のテストも自分の名前を書かず ガーとエンピツでグシャグシャにテスト用紙に書いてみたり 精神疾患が潜んでいるのか分からないじょうたいです ただ、ゲームには夢中になっ...

回答者
長江 信和
心理カウンセラー
長江 信和

奥歯2本の抜歯

先日、右の奥歯を2本抜歯しました。抜歯後の治療として、半年間ほど様子を見ると言われたのですが、その間上の奥歯がない状態で噛み合わせなどの問題は無いのでしょうか?予想では2,3ヶ月程度かと思っていました。また、その後の治療として部分入れ歯やインプラントになるかと思いますが、インプラントの場合2本入れるのではなく、6番目のみを入れるなどは問題ないでしょうか?

回答者
袋 晃子
歯科医師
袋 晃子

専門家が投稿したコラム

歯の密度

骨には密度があることは広く知られていますが、歯にも同様に密度があります。 歯を覆っているエナメル質は半透明の組織で、内部の密度によって輝きやツヤが異なって見えてしまいます。口の中に存在するむし歯の原因菌(ミュータンス菌)が作る酸が歯のカルシウムを溶かし、エナメル質の表層が低密度化します。 健康的で白く美しい歯は、表面がなめらかで、エナメル質内部の密度も高いため、ツヤがあり輝いて見えます。...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

L8020菌

こんにちは。 最近、テレビでも取り上げられて話題になっている、歯の健康を保つ乳酸菌 L8020菌についてです。 L8020菌の正式名称はラクトバチルス・ラムノーザスKO3 広島大学歯学部の教授で歯学博士の二川浩樹先生によって発見された菌です 8020という菌の名称は、80歳になっても自分の健康な歯を20本残そうという願いからつけられたそうです。 L8020菌の主な効果 虫歯菌(ミュータ...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

う蝕リスクの捉え方はまだまだ始まったばかりで苦戦中です

[虎ノ門] ブログ村キーワード 片平歯科医院虎ノ門”インプラント・矯正センターの片平です。 毎日多くの患者さんにお越し頂きありがとうございます。 そしてクリックありがとうございます) 2016年度に入り1月もあっという間に終わりすでに2月ですが、2月は普段より日数が短いのでこれまたあっという間に過ぎていきそうです。 本年度から開始いたしましたむし歯のリスクを知る「唾液検査」で...

片平 信弘
執筆者
片平 信弘
歯科医師

インプラント治療 成功のポイント⑥ ~インプラントを長く快適に使うために知っておきたいポイント~

デンタルケア・アドバイザーの石井です。 インプラントの埋め入れ手術が成功し最終的な人工の歯がセットされると、治療は終了となりますが、長く快適にインプラントを使い続けるために患者さまに知っていただきたいポイントがあります。 今回はインプラント治療後のケアについて解説します。 ◆ ケアが十分に出来ていないと、どんなことが起きる? インプラント治療後に気を付けたいのがインプラント周囲炎です。 お口...

石井 貴久
執筆者
石井 貴久
デンタルケア・アドバイザー

磨きグセ

こんにちは 今日は歯みがきについて 毎日のケアとして当たり前のように行っている歯磨き。 次はここを磨こう。など意識せず無意識で磨いている人は要注意です 自分では磨けた気になっていてもきちんと磨けているとは限りません 何も考えずに歯磨きを続けていると、次第に磨きグセが出てしまいます。 いつも同じところが磨けていない状態でプラーク(歯垢)が増える原因となります。 よく見られる磨きグセを紹介...

赤岩 経大
執筆者
赤岩 経大
歯科医師

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「歯みがき」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (14件)

  • コラム

    (43件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索